Category: アフリカの記事List (Entry順)

| | OLD ≫

『アフリカゾウ』(African Elephant )写真を9枚アップ(ケニア)

Category: ケニアkenya(02年)  06/19 /2012 (Tue)

今日は『旅ネタ』・・・その中でも『ゾウ;象』に関するアクセスが多いので

  まだこのブログに掲載してなかった写真を載せたいと思います





  アフリカの『サファリ』に行けば まず必ず観られるのが

(注;サファリといってもただ単に『観察』だけでハンティングなどという野蛮行為はしませんよ!!)


   この『ゾウ』と『キリン』『ライオン』などの大型動物





  やはり 彼らは『サファリでのメイン』の動物!! 

    いわゆる目玉でもある!!

  その中でも『アフリカゾウ』(African Elephant)は大きいだけに見応えがある!!





  普段・・・『動物園』でしか観られない動物・・・

   それも・・その中では生きてるのか死んでるのか分からない『勢いもない彼ら・・』[#IMAGE|S7#]





  異論はあるでしょうが・・・

   おれはある時から『動物園が嫌い』・・・


 だって・・・動物の刑務所なんだもん・・[#IMAGE|S7#](何も悪いことしてないのに・・・)





  もちろん 誰だって「野生の動物たちを観たいだろう〜」ことは分かってる

    そして それも「簡単にはかなわぬこと」だと・・いうことも・・・





  それでも 『敢えてこういう大胆な発言』を言うのは・・・

   やはり この野生たちの様子を『目の当たり』にしてしまうと!!


 ただただ・・・シンプルに 

  危険はあっても『野生の状態』がいいんだろうなぁ〜

     と思ってしまう・・・





  危険がいっぱいの こんな大草原でも

   子象と一緒にいる姿を観たら 心がなごむ・・・





  食物も水の確保も大変だろうけど・・・

     そこには自由がある!!





  動物園にいるよりは 寿命も短いかもしれない・・・


   でもでも!! この大草原の中・・・自由気まま動き回れたら

      その方がいいんじゃないか!! と思う・・・





  現在 アフリカゾウが生息している地域は この『緑色』のところ・・・


   そして!! 現在でもボツワナでは ハンティングの対象となっているらしい・・・[#IMAGE|S7#]


  アフリカゾウたちに『平和な日々』を送らせてあげたいといつも願ってます



   他の我がブログの『アフリカゾウ記事&写真』は以下;

      『アフリカ象』の親子 (African Elephant,Kenya)


  *この写真は2002年11月末に『ケニア・マサイマラ国立保護区』で撮ったものです



気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エジプト・カイロの安宿『SULTAN HOTEL』&今後のエジプトは?

Category: エジプトegypt(02年)  05/25 /2012 (Fri)

バンフの天気模様が 今ひとつ冴えないので 写真も撮れず・・・[#IMAGE|S8#]
   (昨日は山には雪が降った模様・・ただ・・本日曇っていて写真にならんので・・[#IMAGE|S7#])

  本日も『過去見直し旅ネタ』でいきたいと思います〜


     * * * * * * * * * * *


 昨年2011年に エジプトの『ムバラク政権崩壊』

   そして 今!!その崩壊後初の『エジプト大統領』投票!!

     もうすぐ 結果が出ますね・・・どうなるんだろう〜?





 賑やかなお土産屋さん街も・・・いま・・とってもヒマらしいです・・

  あの『ピラミッド』でさえ 観光客激減・・・大ダメージのよう・・・[#IMAGE|S2#]





 カイロの街中も デモとかで騒々しいし 

  あんなにいっぱいの観光客は 危険もあり 皆 避けてるし・・・





  やはり 旅は行ける時に行っとかないと 

   先のことなんて・・どの国も分からない 今日この頃・・・

   
   我・・・この『カイロ』には 2002年11月のムバラク政権下の時に訪れた





  こんな人々がゴチャゴチャいる 下町の中にある安宿・・・





  宿の入口の『看板』が・・・

    『SULTAN HOTEL』・・・ほとんど・・サビ付いている看板

     入口も2階も ハッキリ言って『ボロ』・・・[#IMAGE|S37#]





  このボロ建物の2階に上ると・・・

   壊れそうな建物の一箇所に『SULTAN HOTEL』のサインが・・・

    (今もあるんだろうか・・? 泊まり客なんているんだろうか・・?)[#IMAGE|S23#]





  この写真・・・ここのビルだったかどうか・・・記憶が・・・?

   だいいち・・・このビルにエレベーターみたいなものが あったっけ〜?(忘れた)





  こんな『雑貨屋』・・・今・・・商売になってるのかなぁ〜〜?


   ムバラク政権に『賛成・反対』・・という訳じゃないけど・・
       (そこまで現地事情には詳しくないし・・・)



  少なくとも!!

   安全に旅が出来る『平和なエジプト&カイロの町』になって欲しいものです

  
    新しき政権・・・お願いします〜〜〜[#IMAGE|S40#]





気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

南アフリカ『ケープタウン』(Cape Town/South Africa)という町

Category: 南アフリカsouth africa  05/06 /2012 (Sun)

今日5月5日・・・『スーパームーン』なんだけど

 ここバンフは昨日・今日と『どん曇り』・・・

  ・・・が・・・午後6時半現在・・・少し青空も見えてきた〜

    今夜 写真が撮れたら 明日アップです〜〜[#IMAGE|S6#]


  * * * * * * * * * * *


 で〜今日も『旅話』

  南アフリカ『ケープタウン』(Cape Town/South Africa)という町 です

   (*写真が過去記事と重複していたらゴメン・・ね[#IMAGE|S6#])





 ここは ほぼアフリカ最南端の『ケープタウン』の町


  スエズ運河が開通する前の1869年までは このアフリカの最南端を回って

   喜望峰などを仰いでいたんだよね〜〜

    南米のマゼラン海峡みたいなもんかなぁ〜〜





 それゆえ・・・流石にここまで旅すると・・・

   『遠い!!』 カナダ・バンクーバーから 16,912キロ もある





 ケープタウンの町中は 大きい!!

  有名な『テーブルマウンテン』も間近に『ド〜ン』と見えるし





 町中の道路も木々も青空も ほんとに綺麗だ〜[#IMAGE|S49#]





 アフリカといっても・・・とてもアフリカらしくはない・・・

  これらの写真だけ見たら・・・北米〜?ヨーロッパ〜? みたいな・・・[#IMAGE|S5#]





 ここは『ウォーターフロント』という港にある観光地

  多くの観光客が訪れる

   この中は 治安もいいのだ〜


 そうそう〜 ここケープタウンは 夜になったらガラッと変わり

  治安状況が一変する・・・そう・・・悪くなるのだ[#IMAGE|S8#]





 オレはこの写真の『キャット&ムース』(Cat & Moose)

  というバックパッカー宿に泊まったが





 この宿は『ロング・ストリート』という通りにあり

  夜は ここの1〜2ブロックのみ歩いてもよい(その間のみ安全かなぁ〜?)地区





 町中の昼間の『グリーンマーケット』の様子を見てたら

  とても『治安が悪い』なんて思わないけど・・・[#IMAGE|S39#]

   やはり 夜は気を付けなきゃなんないんだよね〜





 町の中にあるビルも こんなお洒落な絵が描いてある

  お洒落な町なのになぁ〜〜〜もう少し治安状況が改善されたらなぁ〜〜

   今は 良くなったかなぁ〜〜〜?(現在は知らず・・・)[#IMAGE|S39#]


     *写真は『2003年1〜2月』のものです〜




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村





Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ソマリアとケニアの国境に近い『ラム島』(Lamu,Kenya)

Category: ケニアkenya(02年)  11/13 /2011 (Sun)

今日は11月12日(土)

 バンフは 小雪の天気・・・

  スキー場&スキーヤー&ボーダーは喜んでいるでしょうね〜〜〜

   気温は 天気予報だと 昼+2℃だけど 風もあるんで肌寒いです〜


     * * * * * * * * * *


 今日 ネット新聞を観てたら

『ソマリア:外国人誘拐事件が続発 ケニアが進軍で緊張』 とある・・・

  ソマリア沖では海賊出没  

   ソマリア内ではテロ&誘拐事件など頻繁

    と未だに解決していない・・・


             <地図の下方に『ラム』が・・・(ケニア側)>


<毎日JPネット新聞より> 2011年11月13日記事

東アフリカ・ソマリア周辺で外国人を狙った誘拐事件が続発し、
9月以降だけでも英、仏、スペイン、デンマークなど欧州4カ国の旅行者らが相次いで誘拐された。

外国人誘拐事件は、特にケニア東部のソマリア国境付近で多発している。
9月11日には、東部ラムで英国人夫妻が襲撃され、夫の殺害後、妻はモーターボートで誘拐された。
10月1日にもラムのマンダ島沖で仏人女性が誘拐され、死亡した。

  となんとも怖い状況・・・[#IMAGE|S8#]


実は・・・

 上記の『ラム島』&『マンダ島』には 2002年12月に 我輩 訪れている





 この誰もいないビーチは『マンダ島』

   とても綺麗でのどかな島・・・





  マンダ島には 舟を借りて ラム島から出掛けた

   その島でのランチがこれ!!





  誰もいないビーチを 思いっ切り走り

   誰もいない海で 思いっ切り泳いだ





  大きな木が 海岸に立っていて

   木陰で 休んだ・・・





  『ラム島』では 入り組んだ町並みの中・・・

   一軒家を借り 数日間過ごした





  そこで 知り合った子供たち・・・





  レゲエ風の兄ちゃんとその子供・・・





  その知り合った人から ご馳走になった料理・・・





  市場で買って来た極安の『カニ』を 宿で料理もした〜


    美味しかった・・・





  宿からの『夕暮れどきの眺め』は美しかったなぁ〜


    そんないい思い出がある『ラム島』&『マンダ島』


      今では もう行けないね・・・・・[#IMAGE|S7#]


   あんなに『平和で綺麗で人々も素敵な島』なのに・・・



*我がブログの『関連記事&写真』は以下;

      ラム島というケニアの小島

     ラム島という小島その2(ケニア)






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村





Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

現地飯の『ウガリ』という食物(ケニアで)

Category: ケニアkenya(02年)  09/21 /2009 (Mon)

最近 ずっと バンフの記事だったので (まぁ〜現在バンフなんで・・)

 
  今日は毛色を変えて ケニア記事です
   (もちろんオン・タイムではありません)


  写真を整理してたら「ウガリ」の写真が・・・

ケニアでは あまり写真が多く撮れなかった・・・(治安上の理由で)

 でも・・・ウガリの貴重な写真が・・・


       <上の方の白いのが「ウガリ」 & 焼き肉>


 ケニアでは 常食の『ウガリ』 です

上の方の 四角の豆腐のような物・・・

  これが 『ウガリ』です  
  (一見 マッシュポテトという感じですね)


『ウガリ』 (ウィキペディアより)

トウモロコシの粉末やキャッサバの粉を湯で練って作った、ケニアなどアフリカ東部や南部で主食として広く食されている食べ物である。
水分を含ませる度合いによってパン状から粥状のものまでさまざまなバリエーションがある。



味は ほとんど ありません・・・

 「味がない味」といったらいいでしょうかねぇ〜

だから 塩を付けたり 肉と一緒に食べたりします


何回も食いましたが・・・決して「美味しい!」という物ではありません


これを作る時に熱湯で混ぜるんだけど 熱いうちはまあ食える・・・

  でも冷めてくると・・・まずい・・・です 


       <焼き魚 & 人参いっぱいサラダ>


残念ながら 「ウガリ写真」があまり撮っていなくて・・・


 この焼き魚は 「ラム島」で食べたもの〜
   { ラム島というケニアの小島(ラム島記事参照) } 


もちろん これは美味しかったですよ〜^^


       <ケニア人お母さんの手料理の数々>


この食事は ラム島で 泊まっていた宿のお母さんが作ってくれたもの

  バナナ 揚げ物 麺類 となかなかに凝っていました〜


 これももちろん 「手作りの良さ」があり 美味しかったですね〜^^



       ケニアの旅は 2002年11〜12月です(アフリカの旅中で)



[#PARTS|USER|14803#](ケニアの何処でもウガリはありますね)


 

*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

「ルクソール」には馬車が多い・・・?(エジプト)

Category: エジプトegypt(02年)  09/06 /2009 (Sun)

エジプトの 『ルクソール』 です

  ここも 「エジプトの遺跡」がいっぱいの町・・・


さぞかし 大きな町・・・と思いきや・・・


       <山積みの藁を運ぶ>


何故か  町中は 田舎の雰囲気〜^^

  それも 馬車が多い


       <町中風景・・・これは馬>


安宿を探して 歩いている時でも

 「おっ・・・ここにも馬車が・・・」 と・・・


       <車代わりに大活躍>


  肉屋の前を通っているのも・・・

   おや・・・? よく観ると 馬じゃなく 『ロバ』です〜

そうか・・・  馬車じゃなく 『ロバ車』だったんだ〜


        <ちょっと休憩>


このおじちゃんは 「サトウキビ」を運んでいるみたい・・・

  これは たぶん 「サトウキビ・ジュース」になるのだろうか・・・


意外に 「田舎的雰囲気」ルクソール・・・

  ロバ車 大活躍!! ということでした〜〜〜

(ただし・・・
この掲載写真は 2002年11月のことなので・・・今はどうなんだろう?)



[#PARTS|USER|14173#](アフリカ大陸の北方エジプトのナイル川沿いです)





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ケニア『サファリ』で蜂の大群が来襲・・・

Category: ケニアkenya(02年)  09/05 /2009 (Sat)

2002年 アフリカのケニアにサファリに行ったとき

  マサイの部落の裏山に 数人で登ろうということになった


   マサイ族その2(以前の記事参照)





そのとき・・・

  いや この頂上に登る前に

   蜂の大群に襲われそうになった のだ


         <この小さな黒い点々は・・・何?>


この一見 普通の青空・・・

  よ〜〜〜く 観て欲しい!!

   黒い点々が 見えるでしょう〜!! これ全部 蜂です!!


 『蜂の大群来襲』 だったのです


我々は 一時 呆然とし・・・

 その後 すぐ 地面に這いつくばった・・・という訳・・・


あのまま ボ〜〜〜としていたら

 きっと 僕の顔は 3倍の大きさになっていたでしょう


ケニアのサファリ なかなかに スリリングです〜〜!!^^;



 [#PARTS|USER|14135#](アフリカのケニアです)



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ンカタ・ベイに旅友人が旅中(ンカタ・ベイからモンキーベイへ)

Category: マラウィmalawi(02〜03年)  07/22 /2009 (Wed)

僕の親しい 旅仲間でもあり 旅友人夫婦がいる

その夫婦2人が 今 アフリカの小国 マラウィ の ンカタ.ベイ(Malawi, Nkhata Bay) にいる


  彼らは 『チャリで世界一周4年半』という これまた凄い夫婦だ〜

   *彼らのブログ ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅 (ここをクリック) に旅日記を書いているので ど〜ぞ!!^^


   そこで 僕も 思い出して その時の写真を載せます〜
   ( 小生は 2002年12月のクリスマス時期にここに旅してました〜〜)

 
       <湖の水は 綺麗・・・でも何かのヤバイ虫がいるそう・・!?>


ここは 目の前に 『マラウィ湖』が デ〜ンとあり 泳ぎも出来

  やや・・・ 保養地的感覚〜〜〜


    旅で疲れて こういうところに出会うと 

ホッとして ついつい長居をしそうになってしまう所です・・・^^;


       <安宿「Big Blue」の従業員>


  僕は 湖沿いの安宿 『Big Blue』に滞在 (1泊250クワッチャ = US$ 約3ドル)


       <小さな村々が>


  この マラウィには 小さな村々が多く こんな集落も多いようだ


       <ハシケが来ると人がいっぱい>


  マラウィ湖に走る 定期船が着くと ハシケで乗り降りするのだ


           <ハシケの舟も満載〜>


  こんなに人と荷物を持って〜〜〜


  いずれ 上記の「ようこ&ひろ」とは 旅先の何処かで ランデブーしそうだ〜〜^ー^

 

    僕は アフリカ旅中(2002年11月〜2003年2月)に マラウィに旅した




 [#PARTS|USER|12339#](マラウィはアフリカの真ん中あたりでタンザニア、ザンビア、モザンビークに囲まれています)




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

マラウィの『ムスズ』という町に着き『ンカタ・ベイ』の安宿に

Category: マラウィmalawi(02〜03年)  05/14 /2009 (Thu)

アフリカを旅したのは 2002年〜2003年にかけてだが

  僕は もう(まだ・・?)52歳になっていた・・・


団体ツアーに乗っかっての 「楽々旅行」なら 

   きっとそれ程の苦労話はないかも知れないが・・・


僕の旅はいつも「一人旅」  そんな中で 頼るのは「自分だけ」



  この時も ケニア タンザニア と陸路で南下してきて 

    マラウィの国に入った


  オンボロ・ミニバスの中での外国人は僕のみ


    そのボロバスに20人も詰め込まれ 

身動き出来ない状況では

 トイレ休憩なるものが いつあるのかさっぱり分からない・・・

  (基本的にトイレ休憩なんてないと思った方がいいが・・・)


   <ムズズでマラウィの通貨マラウィ・クワッチャに替える>


  そういう時は 朝から『一切の飲み食いはしないのだ』

その状態のまま 7時間・・・ 
   
  (結局 トイレはパンクが頻繁に起きたので脇道でしたが・・・)


午後4時頃に 国境に近い やや大きな(?)町『ムズズ』に着いた


[#PARTS|USER|8041#](左の+ーをクリックで大小)



 町の地図もない状況で まず宿探し・・・

  ホテルというのを ひとつ見つけたが US$30ドルと聞いて諦めた


また・・・歩く・・・2時間近く バス停の周りを歩き回った・・・

  腹も減り 喉も乾く・・・ 

   遠くに黒雲も現れ出した・・・ヤバイ!!夕立だ


ガソリン・スタンドの兄ちゃんに安宿を聞くと 「あっち!」とあやふやな返事

 でも躊躇している時間はない 暗くなり雷雨もくる・・・


   結局 その教えてもらった安宿に やっとたどり着き ホッと一息入れたら

    もの凄い勢いの「雷雨」 !!   ギリギリ セーフ!!


      <ンカタ・ベイの安宿小屋(1泊3ドル)Big Blue>

腹ぺこの中・・・

 この安宿で 出してくれた「スープとパン」 

  そしてジュースがなんと美味かったことか・・・

  この日 初めての「飯と飲物」だった・・・


        <小屋の中からの眺め 隙間はあるが景色よし>


  旅人は 俺達は「マゾ?」 か 「サド?」 と言う・・・

自分を過酷な状況に持ち込み喜んでいる・・・と・・・

  きっと 両方の要素をもっているのだろう・・・


かくいう この僕も そうなのかも知れない・・・

  楽な旅は もう おもしろくないのだ・・・

        <ボロ小屋の宿だが大満足!!だった>


  田舎の町『ムズズ』で泊まった安宿は 

「裸電球1個とベッドだけ」の簡素な部屋だったが(写真なし)


 その後 訪れた 『ンカタ・ベイ』のマラウィ湖沿いの宿では

  一見「オンボロ小屋」なのに とても『大満足』したのだった


     *  *  *  *  *  *

苦労して辿り着いた場所・・・ 飯・・・ 飲物・・・

  そんなことに やけに 感動してしまう・・・!!

そこで 小さな親切に出合っても 感動してしまう・・・!!


  きっと 大変なおもいをして旅した時の方が感動が大きいから

こんなことしてるんだろうなぁ〜と・・・



 注;『ムズズ』の宿は自分に余裕がなく 写真を撮っていなかった・・・ー_ー;
 

     2002年12月 アフリカの小国マラウィにて






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『ラム島』という島 その2(ケニア)

Category: ケニアkenya(02年)  04/30 /2009 (Thu)

最近  予期せぬ いろんな事が起きて来る

 『狂牛病』 『鳥インフルエンザ』 『豚インフルエンザ』 

    『テロ』 『宗教問題』 『民族闘争』 『環境問題』 ・・・


どうなっているんだろう・・・ 最近の地球は・・・ いや最近ではないのかも知れないが


             * * * * * *


今日は 前回書いた ラム島というケニアの小島 の続編です〜


      <ラム島ののんびりビーチ>


  ラム島の知識は いつもの如く ほとんどないまま島内見学〜

観光客らしき人々は あまり見当たらない

やはり 『自動小銃携帯の護送警官付きバス』 に乗ってまで来る観光客は 

                流石に少ない・・・


でも・・・ 島内は


      <島内の家の周りの小道>


  こんな風景で なんとも 平和〜〜〜!! ^ー^

  もちろん この小道 どこに抜けても 海にあたる〜〜


      <借りた一軒家の屋上>


  ここでは バックパッカー用の安宿ではなく

   2人の旅仲間(なんと!若き女性2人)と一緒だった為 

     豪華に!!  「一軒家」を借りた

宿泊代も3人で割り勘すれば 意外に安い!! 

  部屋数も 4つくらいある!!   それなのに〜〜


「夜は 星を見ながら寝たい〜」という贅沢な思いで

    『屋上にベッドを運んだ!!』  (各部屋は荷物置きになった^^)


      <屋上の僕専用のベッド>

   ここラム島は治安もいいし 屋上でもまったく問題ない〜^^


毎晩 自炊をしていたので 

  この屋上で 飯を食い ビールを飲んだ

 夕闇迫った村を見渡せば・・・

      <ラム島の夕焼けと左手に海が・・・>


   そこには こんな 夕焼け景色が広がるのだった・・・


          

           2002年12月初め ケニア・ラム島で




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

タンザニアの列車『タンザン鉄道』(タンザニア)

Category: タンザニアtanzania(02年)  04/29 /2009 (Wed)

今・・・

 僕の親しい友人夫婦「ようこ&ひろ」が 

    チャリ(自転車)で世界を回っている・・・

が・・・最近の彼らのブログ 『ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅 を見たら・・・

        (僕のブログの友人サイトにも載せてます)


   なんと!! 『盗難事件発生』 とあるではないか!!

  「え〜〜〜!!?? なに!!??」 と早々読むと

タンザニアの列車内での 盗難!! それもほとんどプロの手口!!


      タンザニアの首都ダルエスサラームの鉄道駅


   実は この僕も ここタンザニアで列車に乗っている

もちろん 過去のことだから 盗難はなかったが ・・・事件はあった・・・

   (事件については 水汲みの女たち に少し書いてある)


      タンザン鉄道


  僕の友人夫婦は 旅経験も長いし 決して初心者ではない!!

もちろん 旅中は いつも注意はしていただろう〜〜 特にアフリカでは・・・


  それでも 彼らはちょっとしたスキ・油断にやられた・・・ ー_ー;


僕も 旅中は緊張感を持っていつも注意はしている・・・特にヤバい地区では・・・


  でも・・・その緊張感も疲れて来ると フッと気を抜くときがある・・・

   もしくは なんでもない『ポカ』 をやるのだ・・・


その時と泥棒などとのタイミングが 「運悪く」かち合うと ・・・やられる・・・

  僕も過去において スリ未遂  $100ドル強奪  背中のバッグ開け  いろいろあった・・・


  この『タンザン鉄道』の時は(彼らと列車のルートは違うが) 

列車遅れのため 夜中に知らない町に着く・・・とい事態になり タンザニア人に助けてもらった



      助けてもらったタンザニア人のアルベルトと翌日カンパイ〜


彼ら「ようこ&ひろ」も

 「手助けしてくれるはずの日本大使館員」には 『ひどい目』にあったが


  現地に住んでる人たちに助けられたらしい・・・


  何処に行っても どんなときでも 誰かが手助けしてくれるのかも知れない・・・


だが・・・ 

 そんなことを いつも期待して旅してる訳ではないから

    やはり!!

   何事も自力でやるしかない のだ!!


頼るのは 自分だけ!!  その後に 誰かの手助けが付いてくるのだろう・・・たぶん・・


   僕は いつも一人旅なので やはり注意を怠ってはいけないな!!と 改めて思った


  「ようこ&ひろ」は これにもめげず また旅を再開するだろう・・・


同じ旅仲間として 彼らのことを 何処からでも いつでも 応援してるし 味方のつもりだ!!



         僕のタンザニア旅は 2002年12月のことです



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

南アフリカ『首都プレトリア』から『ケープタウン』に

Category: 南アフリカsouth africa  04/28 /2009 (Tue)

南アフリカの首都は

 ヨハネスブルグ(英語読み;ジョハネスバーグ)でも ケープタウンでもありません

     プレトリア です

        ヨハネスブルグの北  バスで約1時間の位置にあります


      プレトリアの鉄道駅


 ヨハネスブルグは 治安上 危険なので 

    旅人の多くは このプレトリアに泊まります


僕ももちろん リスクを冒してまで 

  ヨハネスブルグに泊まる理由はまったくないんで プレトリアに宿泊

    ここにも 『バックパッカー宿』はあり なかなかいい


そこから・・・

ケープタウンに移動は バスと鉄道があるが 鉄道を使ってみた


      プレトリアの鉄道駅構内で


  構内なら まぁ安全かな〜〜と思い セルフタイマーで写真を撮った
  (周りには人はいないよね〜〜・・・と確認して・・・)

       が・・・

あとで 「そんな危険なことはするな!」と言われた・・・

 カメラをサッと持って行ってしまう!ということだ・・・うん・・・それはある・・・ー_ー;


      列車内のコンパートメント

  
列車は 奮発して 初めて『4人用コンパートメント』をとった

   同じ部屋には 黒人の若者が一緒で 

    彼は南アフリカ人にもかかわらず 初めての旅行&ケープタウン訪問らしく


この僕に 「ケープタウンのことを教えてくれ〜」と不安そうに聞いてきた

  僕は「どこに行くんだ?」 「何をするんだ?」 と聞き 知っていることを教えた


      列車からの夕暮れ


  車中泊なので 夕暮れ時は綺麗だった・・・

   やはり 列車はいい 情緒がある・・・


      ワイン用のブドウ畑


  翌日 ケープタウンの町に近づいてくると

   『ブドウ畑』が延々と続く景色が 見えてきた〜〜^^

そう〜!! ここ南アフリカは ワインの一大産地なのです〜〜!!


         美味しく安い 南アフリカの赤ワイン


  午後には ケープタウンに着いて 

列車の同室だった黒人の若者に案内をしてやり

   ケープタウンの バックパッカー宿 に落ち着いた

 そして 即座に 赤ワインを買いに行き


その赤ワインを味わったのは言うまでもない!!  (*^o^*)

   

       2003年1〜2月 南アフリカで



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『ラム島』というケニアの島 その1

Category: ケニアkenya(02年)  04/21 /2009 (Tue)

     <誰もいないビーチ 凄い!>


   もうすでに 記事に書き 写真も載せたよね・・・と勝手に思っていても

      載せてない旅写真がある・・・

自分の旅したいろんな国々の写真を眺め直して

           「あれ?これ載せたっけ〜?」と・・・


             * * * * * 


   この ラム島(Lamu Island) もそうだった・・・


    ケニアの首都ナイロビに居たとき

     旅仲間から 「ラム島に行ってみない?」と誘いがあった

「ラム島? 何処?」といつもの情報なしの・・・自分・・・ ー_ー;


     <これからラム島に向かう人々>


よく聞くとなかなかに良さそ〜〜〜^ー^ ただ1つの問題以外は・・・


   そんなラム島に出発!!

まず列車で豪華にモンバサの港町に〜〜(途中 止まってしまって大変だったが)

 そして 現地バスにて マリンディに〜

  ここまでは 比較的スンナリ〜〜〜行った


     <大きな大きなバオバブの木>


  マリンディからの 現地バス・・・ラム島への渡り舟のところまで7時間らしい

           かつ!!

   なんと!! 護送警官付きバス なのだ!!


     (これは隣国ソマリアからゲリラが時々バスを襲うらしい・・・)
     (でも たった1〜2人くらいの護送警官で大人数のゲリラを防げるのか!?疑問!)

バス料金も高い上(護送警官にお金を払うため) ギュウギュウ詰め 超満員!!


     <パワーいっぱいの緑のバオバブの木>


やっとラム島の入口に着いた時は ぐったりとしていた・・・

  ほとんど 身動きが出来ないままの超満員の7時間のバス・・・


   トイレ休憩? そんなの あり得ない・・・・・

身動きできないし・・・ 身体の水分は汗と流れてカラカラでトイレの必要もなかったかも・・・


(某旅行本「地球の迷い方」に「ラム島は絶対に飛行機を使うように!バスは襲われるから」と書いてあった)


     <ラム島は最高気分〜>


   そんな苦労して辿り着いた『ラム島』は なんと綺麗な楽園!!

一緒だった旅仲間2人と 小舟を借りてすぐ隣の『マンタ島』に〜〜^^


        <小舟を借りた時の陽気な船頭3人>


  なんだなんだ〜〜〜!!

ここは 素晴らしいところじゃないか!!

  人々も 陽気だし 親切だし 観光客も少ないし ご飯も美味しい!!


  『あぁ〜あの 護送警官付きバス・・・てのさえなければなぁ〜』と思ってはみたが・・・

    ラム島に滞在中は すっかり忘れていた・・・


          ・・・が・・・

この島を出て行く時に 再び思い出すことになったのだが・・・

(ラム島からマリンディに向かうバスも もちろん護送警官付きだったが 我々は襲われなかったが〜)^ー^;



      2002年11〜12月のケニア滞在中に



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
 

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

地中海の町『アレキサンドリア』(エジプト)

Category: エジプトegypt(02年)  04/18 /2009 (Sat)

アフリカ大陸には ピラミッドで有名なエジプトがある・・・

  そのエジプトの北の町は もう『海!!』

    そう〜 地中海 なのです〜〜


        泊まった安宿の部屋からの景色


      真っ青な海は とても綺麗だ〜

ここに訪れたのは アフリカの北に行ってみよう〜〜という単純な動機だった


 シーズンオフだったのか  海が見える大きな部屋の宿がとれた

      もちろん 豪華ホテルなわけがない!

  いつもの安宿で やや 民宿に近かった


       とても陽気な宿の人と


   宿の人たちは とても陽気で 気さくだ

「一緒に写真を撮ろう〜」と言うと 

   気軽に「お〜い みんな!!」といっぱい集まってきた


       のんびりと魚釣りをやっている人も多い


  目の前の海岸を ブラブラと 散歩をしていると ・・・

    気軽に声をかけてくる人が多い〜  ^ー^


       この女性たちとしばし話をした

 
    カイロ辺りのエジプト人の顔とは違う顔がそこにはある

  この女性たちも黒人系で イスラム系とは違う

エジプトでは「中近東の国々にいるのかな?」という錯覚を起こすが

    ここアレキサンドリアでは 「ここはアフリカだ!!」と感じる ^^


       地中海の夕日


   夕方・・・日が暮れるまで ブラブラしてると

    美しい夕日が 地中海に沈みところだった・・・

 『ああ〜 あの海の向こうはヨーロッパか・・・』と思いつつも・・・


  『さぁ〜今夜は何を食うかな〜〜・・・』 と思い巡らしている自分もあった・・・ ^ー^;




         2002年11月 エジプトの旅で


 

*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

旅は『歩くことが基本』ケニアからタンザニアに〜

Category: タンザニアtanzania(02年)  04/16 /2009 (Thu)

     ケニアから やっとタンザニアに入ったとき・・・


  どこの国に旅しても

   どこの町に辿り着いても


   その国を知るには 歩く!!  ただ 歩く


  安宿探しだって  安飯探しだって  両替探しだって ・・・

       ただただ  歩く・・・  そして そこの土地勘を少しでも得る

  歩かないと  迷い  自分がどこにいるのか 分からなくなる ・・・


     タンザニアのモシの町の標識  モシはキリマンジャロ山の登山の基点の町

 
          * * * * *
      
道端の雑草に咲く 小さな花に立ち止まり・・・

  その雑草の中で一生懸命鳴いている 虫の音に耳を澄まし・・・

    時おり流れて来る 菜の花の香りに鼻をくすぐられ・・・

      空に浮かぶ 雲の流れに息をつき・・・

        太陽の 暖かさを身体に感じ・・・

    ゆっくり ゆっくりと 様子を見ながら 歩く・・・


行き先・・・? 

  『辿り着いたところが 行き先さ〜〜〜』と思いつつ・・・
 

        


*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

エジプトの庶民の食『コシャリ』『コフタ』『シュワルマ・サンド』

Category: エジプトegypt(02年)  04/04 /2009 (Sat)

 僕が思うに・・・

  エジプトの『庶民食』は やはり コシャリ かな〜




この当時(2002年) これ1杯 2エジプトポンド(約40円)

   値段からいっても 庶民食ですよね〜〜





  こんな コシャリ屋の兄ちゃんが 手付きあざやかに 

   「サササッ」と  米 マカロニ レンズ豆 など混ぜ トマトソースをかける


  ゴッタ混ぜの味・・・ トマト系の味・・・ すっごく美味い!というわけでもないけど

    簡単で 安くて 何処でも 食える!!というのがいいですね




  この コフタ  

シシカバブのような物・・・

  チャパティが一緒に出ていたんで インド系なんだろうか・・・?(でもインドは肉は食わないし)

    エジプトの南の 「アスワン」の町で食いました




  この シュワルマ・サンド

    火であぶった肉の塊を削いでパンにはさむ


   僕が1番気に入ったのは 実は ターメイヤ・サンド 
     (以前の記事で書いているんでこのオレンジの文字をクリックして下さい)


   これが とても気に入り毎日くらい食ってました〜〜〜 ^ー^;



         2002年11月 エジプトにて この後アフリカを南下・・・




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
 


 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

旅中で『ボロT-シャツ』になってきた(タンザニアで)

Category: タンザニアtanzania(02年)  09/09 /2008 (Tue)

旅をしていると  どうしても いろんな物が痛んでくる・・・

  特に 長旅になれば  荷物の重さが 肩に食い込む

   となれば  必然的に !  軽くする

    ということは  必要最低限の持物 ということにならざるを得ない!!

 この時 アフリカ ・・・ 荷物の重さは 旅の重苦しさ

   確か・・・ T シャツは 2枚だけだったかなぁ〜〜〜(これが下着でもあります)

よって!!



  こんなになるまで  酷使してしまうんだよね〜〜〜 (>o<;)

   「 T シャツよ  ご め ん !  ! 」   

     「 よくここまで 働いてくれた!!  感謝!! 」


 特に この肩近辺の 痛み方は  

    やっぱり バックパックを 背負っているからだろう・・・

それほど 重いのは担いでないけど・・ でも 酷使してたんだね

  この後 しばし このまま着てから 流石に 感謝の後 捨てました・・・



  ここで 写っている T シャツは ケニアで 仕入れた物

   「 また 酷使しそうだけど 頑張ってくれよな!! 」 と

      頼 ん で   旅 し て ま し た  ・・・   (*^o^*;)



ボロTシャツは 2002年12月16日 タンザニアのモシで撮影





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

水汲みの女たち『ムベヤ』の町中で(タンザニア)

Category: タンザニアtanzania(02年)  09/07 /2008 (Sun)

ここは  タンザニア の 田舎町ムベヤ

  この町には  タンザニアの首都ダル・エス・サラームから 列車に乗って来た

   その時 列車は途中で ストップ

     ちょっと 大変だった記事は 「タンザニアとマラウィの国境」 に少し書いた


 アフリカの知らない町に  地図もなく   

     それも 夜に着く というのは 流石に不安だった・・・


やっと  辿り着いた安宿の窓から  
 
       翌朝 見た景色

 


   女性たちは  朝から 水汲みの仕事で 始まる

    水道の順番を待ち こうして バケツを頭に乗せ何回も運ぶ


     世界の 大半の国々は  飲み水・炊事用水に困っている

         水は とっても 貴重なのだ!!




   安宿の窓からは  こんな 田舎の景色も 見える

    この辺りは  人々が住んでいる地区でも あるのだ

     のんびりとした風景  でも 生活は大変なんだろう・・・と思う




   ここは バスが集まるところ

    列車が止まって 「ヒッチのバス」 で町に入り  

     真っ暗な中 ここで 降ろされた  あせった・・・


  昼間に 再度 来てみたら  こんな風だった ・・・

   タンザニア人の アルベルトに 助けてもらわなかったら  どうなっていたのか・・・

             わ か ら な い   ・ ・ ・ 


       2002年 12月20日〜23日 タンザニアのムベヤで





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

アフリカの赤道直下!!(ナニュキ/ケニア)Nanyuki,Kenya

Category: ケニアkenya(02年)  07/26 /2008 (Sat)

アフリカの 真ん中あたりに  赤道が ある !! ・・・  はず・・・ と思っていた ・・・

  でも ・・・  どこなの ・・・ ?

   よくは 知らなかった ・・・



  ケニア に 旅したとき

  その  アフリカの赤道直下 に行った


   Kenya Nanyuki ケニア ナニュキ  Alto. 6389 ft (約2100m)


 なんとも  発音しにくい ・・・ ナニュキ ??  舌を噛みそうな ・・・

  ここで  写真撮影は  やっぱり 記念として 撮らなきゃなんない !!

 
   やや  雨模様の すぐれない天気・・・  

    でも  太陽は  きっと  真上にある!! と信じて〜〜〜

     ( 春分・秋分の 昼にしか 真上に来ないんだけどさ〜〜 笑) 


    * 2002年 12月11日 ケニアで *



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村





Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

『エジプト考古学博物館』の厳重チェック『ツタンカーメン』は特に!

Category: エジプトegypt(02年)  07/14 /2008 (Mon)

   エジプトといえば  ピラミッド!!

        もう一つ !!  「 ツタンカーメン 」  も〜〜〜

   だから ・・・  そこを見学するのには

            厳重チェック なんです



こんな 空港並みの 厳重チェック

     荷物はもちろん  身体もチェックされます

       ここ エジプトは テロ集団に 昔から狙われています !!

今までも いろんな事件がありました・・・



    こんな 黄金の棺 があったり




    ツタンカーメン などもあるんだから

           しょうがいないかな〜〜〜


   今は  もっと 厳重になっているかも 知れません・・・

    世界的に 政情不安 経済不安 治安悪化 ・・・となっているし・・・

     昔の方が 旅は しやすかったような気がします ・・・




   * 2002年 11月9日 カイロで *






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫