2015年3月4日『クアラルンプール⇒チェンマイ』エアーアジアにて飛びます

Category: マレーシアmalasia(2014~2015年)  03/04 /2015 (Wed)

今日は2015年3月4日(水)  

 『クアラルンプール⇒チェンマイ』

 今日の昼便(12時45分)のエアーアジアでチェンマイです
  
 
最近 アジアでは このエアーアジアを利用することが多い

 片道切符で買うってのが 勝手に動く旅にはいいのかもね〜

  ま 安いのもあるけどね〜^^


でも 4時間までのフライトが限界っぽい・・・

  なにせサービスらしき事はゼロなので・・・

さて・・・クアラルンプールの前回も泊まった

 『カプセルホテル』Capsule By Container Hotel

   ここで書いてます

日本のカプセルホテルの方が断然いいです〜

 料金も同じくらいなのにね・・・


この2つの荷物・・・

 左が貴重品のMacBook ProとかiPadとか付属品諸々・・

  このバッグの方が重いかも知れないっていうか重い
P3030596.jpg

昔は これらが一切なかったんで楽だったけどね〜

 この『遊び道具』・・・

 ま しょうがないかぁ〜〜今の旅じゃ〜^ー^; 


気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

2015年3月3日『カトマンズ(ネパール)⇒クアラルンプール(マレーシア)』無事着;4日は『クアラルンプール⇒チェンマイ』

Category: マレーシアmalasia(2014~2015年)  03/04 /2015 (Wed)

2015年3月3日(火)の夜  

 カトマンズ⇒クアラルンプール
  (エアーアジアのフライトです)

で・・・無事 クアラルンプールに約9時45分(4時間ちょっと)に着

 30分くらい早い到着でしたぁ〜^^

朝・・・カトマンズを出る前

 ホテルの部屋で記念撮影〜〜^^
1


ネパールでは 予想外にいろんな物をかってしまい

 バッグが 満杯〜〜^^;

その重い荷物(といっても11.5キロだったぁ〜^^)

 を持って空港に〜〜

  早めに出たので 待合所で待つ

(カトマンズの渋滞が凄いので 

  昼でも空港まで約50分くらいも掛かってしまった

 空港までの距離は短いのにね〜〜 皆さんも余裕を持ってね)
2


そして2時半ごろ・・・

 エアーアジア機に乗り込む〜

  ネパール人がいっぱい〜〜(出稼ぎ?かなぁ〜)
3


夜9時45分(現地時間)着

 そして 10時半過ぎには カプセルホテル・チェックイン

  久々の熱いシャワーを浴びてホッとしたぁ〜^^
4


4日は『クアラルンプール⇒チェンマイ』です〜〜
      

気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クアラルンプールの朝:昨夜は出入りが激しくうるさかった『カプセルホテル』;カトマンズに午後2時着かな〜

Category: マレーシアmalasia(2014~2015年)  12/16 /2014 (Tue)

今日は12月16日(火)  

 クアラルンプールの空港内の朝です

昨夜は出入りが多くて・・

 それも例の如く大声で話す中国人・・・OMG!!

  夜中でもまったく人に気にかける事もなく話したり電話したり

彼らには『人に気を使う』という意味の事が

 辞書には載ってないのかな?・・・と思ってしまう・・

  
もちろん中国に旅した時に多くの親切にも合ってるんで

 皆が そうなのではないのは分かるんだけど・・・ーー;


このカプセルホテルは便利な場所でとてもいいけど

 3時間・6時間設定というせいか 出入りの度にうるさいのが難ですね
PC160003.jpg


さて・・・朝8時にチェックアウトして(ホテルに入って12時間後)

 ゆっくりと出来ます〜(時間たっぷり)

  っつうか・・・11時50分発なんで 

   ゆっくりしないと時間が余る・・・^^;

KLIA2空港内でのWiFi もフリーだけど

 facebook しか入らないようなので・・
 (Hotmailも入ったっけ?・・・)

  ブログ更新は このホテル内のネットを使わないといけない


ではでは・・・準備します〜

予定通りなら 現地時間午後2時には『カトマンズ』(ネパール)

 に・・・14年ぶりに足を踏み入れます〜^^
  


気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

チェンマイからクアラルンプールにエアーアジアで飛び:空港内の『カプセルホテル』に泊まる

Category: マレーシアmalasia(2014~2015年)  12/15 /2014 (Mon)

今日は12月15日(月) チェンマイからクアラルンプールに来た

 
朝6時40分頃に宿を出て 空港のエアーアジアに

 エアーアジアは早めのチェックインが必要

  少しでも遅れるとキャンセルになる可能性もある

が・・・7時前に空港に着いてしまい 余裕のチェックイン

 若干 時間を持て余す・・・が その方が慌てるよりはいい〜


チェンマイ=クアラルンプール間のフライトは

 ほぼ予定通りに飛び 予定通りの午後1時に着

マレーシアとタイの時差は1時間なので飛行時間は『約3時間弱』


 イミグレ・荷物受け取り・税関もスムーズに終わり空港内に〜

今回の空港は 今年の5月(だったかな?)にLCC新空港が出来

 『新KLIA2』 としてオープンしている
1

  
よって昨年度(といっても今年の2月)の時の空港と違い

 全てが真新しく デカくなっているので

  着いてから迷わない為に『空港内視察』をしようと思ってた

というのは とにかく『エアーアジア利用者の増加』で

 空港内のカウンターはいつゴチャゴチャとして何が何だか分からない


午後1時着だったので余裕で視察・・・

 だが荷物を持っての視察は大変 ーー;

「ここの空港内にあるホテルに宿泊もあり〜?」と思った

クアラルンプール街中の安宿街チャイナタウンはお馴染みだが

 そこまで行くバス代・地下鉄代・暑い中の歩きの面倒さなど

  を考慮すると・・・多少高くはなるが『我が身体は楽』

ということで・・・

 この『Capsule by Container Hotel』カプセルホテル
2


ここは時間制で3時間(50RG)・6時間(75RG)・12時間(95RG)

 と設定され 自分の入った(好きな)時間からカウントされる


僕は 朝8時までホテルの中に居たいので

 午後8時のチェックイン・・・その時間まで待たなくてはならない

  ただし荷物はチェックイン前2時間前から預かるというシステム
       (大きなロッカーを使用する)
3


 それまではバックパック荷物と手荷物を持っているので

  空港内視察もままならない・・・ーー;

結局 午後6時にバックパック荷物を預け空港内を少し視察し

  今日初めての飯を食った

空港1階にNZ Curry House というのがあり

 何となく美味そうだったので〜

  ま 味はまぁまぁだったが 値段はやはり街中の倍だ・・
4


午後8時 やっとカプセルホテルのチェックイン

 果たして・・・日本のそれとどう違うのか・・・興味深い

今日の宿泊料金12時間分95リンギット(約$30ドル)は

 前払いしてあるので カードキーを受け取り

  透け透けガラスドアの左に『カードキー』

   をかざし〜中に入る〜
5


廊下がちょっと・・・モダン・・

 そしてすぐに『トイレ&シャワー室』もちろん共同
6


再び カードキーをかざし もう一つのドアを開けると

 ズラッと並んだ・・・『カプセル』
 (男女は別部屋で入口から違う所です〜)

日本のとは若干違うが 雰囲気は一緒だ
7


8


部屋の中はいたって シンプルで何もない

 日本のはテレビがあったりするが ここはない

ただ・・・枕とシーツ・布団だけ〜・・・
9


10


共同スペースは このようになっていて

 外からも丸見え〜

  モダンといえばモダンだが・・・プライバシーはなし・・
11


日本の様に共同で食ったり飲んだりする施設は全くなしで

 ここでは 水とかお菓子とかいろいろは持ち込む事になっている


結果;

日本のカプセルの方が 至れり尽くせりではるかにいい!


 ま・・・ここには『WiFi』 はあるので 

  それを利用して暇をつぶすしかないですね

 今・・・ここで記事を書き&写真を載せてます
12



*明日の朝は8時にチェックアウトで(12時間後)

  11時50分のエアーアジアのフライトです

 チェックアウト後 少し長いけど ま しょうがないですね

  今夜は このブログアップ後 寝るだけですね〜^^

*では 次回のアップは・・・ネパールの『カトマンズ』からかなぁ〜




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP