Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)の記事List (Entry順)

| | OLD ≫

『旅人ゆき』のミャワディー(ミャンマー国境)の町中様子YOU TUBE & 写真

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  03/14 /2014 (Fri)

3月14日(金)(2014年) 

 すっかり暑くなってきたチェンマイからですが

今週初めにミャンマー国境の町『ミャワディー』に

  行った時に撮ったビデオを載せます

『旅人ゆきシリーズ』のYou Tubeの第99弾目です
  (よくもこんなに作ったもんだ・・と我ながら感心)

『旅人ゆき』のミャワディー(ミャンマー側の国境の町)の町中様子
                Myawaddy, Myanmar





説明;
2014年3月11日、タイ側の町『メーソート』から
 ミャンマー側の町『ミャワディー』に行った。
1日入国だったので、たったの4時間の滞在だったが
 タイとは大きく違った生活・習慣・食物などに改めて驚いた。
町中の喧噪も凄い。


その時の写真を以下に少し載せます

1_201403141054280b1.jpg


ミャンマー側から見た国境のイミグレ建物の屋根

『THE REPUBLIC OF THE UNION OF MYANMAR』と書いてある

 英語の上の丸いっこい文字は ミャンマー文字

2_2014031410543063b.jpg


国境近辺の様子

 人々が溢れている

3_20140314105433a0d.jpg


国境から真っすぐに伸びる道路を少し行くとこんな感じ〜  

 反対側は国境の検問の為の渋滞(ミャンマーは右側通行)

4_20140314105434298.jpg


少し行っただけで 舗装もされていない道にでる

 まだまだ未開発感が漂う・・・今後大きく変化しそうだ

5_20140314105454bed.jpg


このようなボロトラックも健在

6_201403141054550f2.jpg


サイクル・リキシャも健在

 こういった物が徐々になくなる日も近いかも・・・

7_20140314105457e71.jpg


町中の市場近辺

 どこの装飾も 漫画風で面白い

8_20140314105458918.jpg


人と荷物は積めるだけ積むというのが常識のようだ

9_20140314105500771.jpg


いい車も走っているが タイから来たのも多い

 観光客もタイ人がとても多かった
(学生ツアーでミニバス17台くらい連ねて走っていたのを見た)


ホントにこれから1年ごとに大きく変わって行くだろうミャンマーです

 そのことがいいことなのかどうかは別として

  もう止められません・・・





気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャワディー(ミャンマー国境の町)をサイクル・リキシャで回る&昼飯・ミャンマービール&ビザ情報

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  03/13 /2014 (Thu)

昨日のブログの続きです(2014年3月12日のブログ)

 (今日は3月13日でチェンマイからの記事です)

  * * * * * * * *

ミャンマー側の国境の町『ミャワディー』Myawaddy

 実はここの町には初めて入ったので 少し探索〜

サイクル・リキシャに案内され『シュミワン・パゴダ』に来て
(このパゴダの名前は発音上 書き方が人に寄って違うかも知れません)
(パゴダ;PAGODA;ミャンマー様式の仏塔)
 
1


「おお ここはミャンマーだ」と久々に感じる

  お寺の外観が タイとは大きく違う

2


こんな案内板を見ても・・・

 さっぱり分からん・・・ミャンマーの『かわいい丸文字』だ^^;

このパゴダの後・・・次のパゴダに〜

3


これ!!『クロコダイル・パゴダ』と言うそうだ

  確かにワニ!! 

ミャンマーという国は

 お寺にしろ仏陀にしろ 常に漫画の絵のようでおもしろい

4


ここのパゴダには 他に何があるかというと・・・

 仏陀の一生のストーリーがズラリと描かれていた
  (リアルに作られた人形と共に・・・)

  このストーリーは なかなかによく出来ている

5


それから また田舎の道をヨイショと漕ぎ続ける

6


すれ違いの人力車も 同じ様に地元民が乗っている

 ここでは1番安い乗物のようだ〜
 (我々のはやや高く取られているが・・・観光客価格)

田舎の風景がのんびりしていて これはこれでいい眺め〜

7


着いた所が ここ

 大きな背の高い仏陀

逆光だったが 

 このことが『後光が射している』様に見える

8


どんな顔をしているのかと・・・拝まさせて戴くと・・

 このような気品ある顔

9


ここのすぐ下には このような優しい顔も〜


本当にミャンマーでの仏陀の顔はいろいろでとても興味深い

 仏教に興味がない人には全く面白くないかも知れないけどね

10


その後・・・大通りに戻り 市場に向かう

 ピックアップ・トラックもこのような輸送手段のひとつ

車の屋根も上手く作って 人も物も乗っている!!

  感心してしまうし 警察も何も言わない!^^

11


12


市場に着く・・・

 タイの市場と似てはいるが 買物中の少女の顔には『タナカ』が!!

  ミャンマーでは 女性・子供などが顔にタナカを塗る

(*タナカ;主に女性・子供達が顔に塗る白い粉;
  虫除け・ファッション・日焼け防止とも言われている)

13


その『タナカの木』が売っている

この一見 材木のような木を石を使って擦り

 粉状にして水を混ぜ(多分 水?)それを顔に塗るのだ 

14


市場は まだまだ舗装されている訳ではなく

 赤土っぽい道 雨で濡れれば滑りそう・・・

15


花を運んでいる少女も こうして頭に乗せて運ぶ

 このあたりはとてもインド的

  インドに近い習慣も多い(揚げ物も多いし)

16


ザ〜〜と大雑把に町中を一周して 約2時間・・・

『1時間案内で100バーツ』ということだったので 

本当は1時間案内でよかったのだが
 
 奴らは金が欲しいので 2時間わざと案内したようだ

金を払い段階で やはり奴ら『200バーツ要求&もっと要求』

 
100バーツで突っぱねる事も出来るが ま実際よくやってくれたので

 100バーツずつ(2人いたので)渡してバイバイ〜(計200バーツ;約600円)

まぁ・・・予想された事態ではあったがこれもしょうがない

 こんな事で気分を害してもつまらない・・・^^

17


その後・・・お腹も空き喉も乾いたので

 ここのホテル『River View 』にて休憩(国境のすぐ側の橋の横)

(ここの宿は2人で700バーツ(1人なら350バーツ)
  WiFi付き、トイレシャワー付き、朝飯付きと言っていた)

18


もちろん これ!!『Myanmar Beer』ミャンマー・ビール

 10年ぶりのミャンマービールだ
(僕は2004年3月〜4月にミャンマーに行った事がある)
 (このブログのミャンマー編に詳しく載っている)

19
<豪華焼き飯>

20
<豪華酢豚風野菜炒め>

飯も豪華版で この2品

 味は意外に良し!!^^

でもやはりタイよりは高く・・・

 ビール・スプライト・料理2品で320バーツ(約900円)
(ミャンマーのチャットではなくタイのバーツでも払える)

*1バーツ(タイの貨幣で約3円)=28〜29チャット(ミャンマー貨幣)らしい

 1 USD (ドル)= 967 MMK(チャット) 2014年3月11日現在

21


22


暑かったんで 満足げな顔の我!!

 そして美味しい料理

約4時間 ミャンマーのミャワディーで過ごし 

 再びタイのメーソートに戻った

23


24


そこで ミャンマーのイミグレで貰った名刺の所を訪ねてみた

25


『Vega Trading co.,Ltd』Vega Travel

 ここのオフィスはここ タイの国境のすぐ側のポストオフィスの右横

ここで訪ねた結果;

 3日で取得ビザは 3000バーツ(仕事日3日:実際は5日?)  
5日で取得ビザは 2500バーツ(仕事日5日:実際は7日?)

バンコクで取ればもっと安い(それは分かっている)

 が そこまでの費用&宿代などを考えたら同じくらいか・・・

でもメーソートで3日〜7日は待つ事になる

 多分・・パスポートはバンコクに郵送するのだと思う

  それ故 この日数が掛かるのだろう〜


*実際 僕はまだ試してないので何とも言えないが

 メーソートで待つ事が気にならなければこれもいい

 なにせ 陸路でここからヤンゴンまで行けるのだから〜
  (約500キロ 2日掛かるらしいが〜)


*ミャンマーは今 大きく変わりつつある

 その前に少しでも早く行けば面白い旅になるかも知れない

  ただ・・・それなりの旅苦労はあるだろうが〜〜ね^^




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーのお寺は『昼寝場所?休憩所?』&『お坊さんの道端説法』

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  07/27 /2012 (Fri)

今日26日のバンフは 安定した「涼しい夏気温』・・・[#IMAGE|S37#]

  個人的には!! もっと『暑い夏』が欲しいんだけど〜〜〜

    だって・・・最近・・「涼しい過ぎ〜〜〜!!」[#IMAGE|S7#]


     * * * * * * * * * *


このところ 『バンフ・ネタ』が続いているので ちょいと『旅ネタ』で〜〜[#IMAGE|S6#]

  
本日のお題は ミャンマーのお寺は『昼寝場所?休憩所?』&『お坊さんの道端説法』

  ということで〜〜〜国は『ミャンマー(旧名;ビルマ)』です


           <ミャンマーの内陸部の『バガン』の仏塔群>


  ミャンマー(ミャンマー連邦共和国)は とにかく『仏塔&お寺』が多い

   国民の90%は 仏教徒ということらしいが それにしても多い




           <上記の写真2枚とも インレー湖の中のお寺>


  この写真のお寺は ミャンマーの内陸に大きな『インレー湖』があるのだが

   なんと!! そのインレー湖の中に建っているお寺なのだ!![#IMAGE|S5#]





  そのお寺内部では こうしてくつろいでいる人々が多い

   夏になると ここは暑い・・・お寺の中は格好の休憩&日除け場所なのだ!![#IMAGE|S37#]
  




  ここなども 人々でごった返している・・・

   その中で休憩どころか・・・真剣に寝てる人も多い!!

    それも あの重い鐘の真下・・・ちょっと怖い・・・[#IMAGE|S8#]





  完全に『爆睡状態の子供たち』[#IMAGE|S14#]・・・[#IMAGE|S5#]

   ここは 『お寺の中』なのだ!! 日本だったら怒鳴られているだろぅ〜〜[#IMAGE|S7#]


  でも ここミャンマーでは そんなことはない!! 実におおらかな心!!

     そんなところが 好きだぁ〜〜〜!![#IMAGE|S43#]


           <太陽が当たっているタイル床は 本当に熱い!!>


  真夏に こんな人がいてお参りしてたら それは暑い!!

    そして疲れるのは 当然だろう〜[#IMAGE|S45#]

   
 優しきお寺は そんな人々が休憩しようが寝ようがお構いなし!! 素敵だ!![#IMAGE|S49#]
    






  時に 道端で こんな説法を!![#IMAGE|S5#]

   「へぇ〜〜〜道端説法かぁ〜〜」

    「日本でも江戸時代あたりにゃ〜こんな光景を見られたかなぁ〜?」


  僕は無宗教で 特別な宗教に傾いている訳ではないが

    こんな『のんびり風景』を目の当たりにすると・・・

     「あぁ〜〜仏教っていいのかもねぇ〜」と思う[#IMAGE|S43#]

 他宗教のような『厳格でガチガチ』&『規則規則でうるさい』のは かなわん![#IMAGE|S8#]

 (日本の大半の仏教もうるさい感じで好感は持てない!!というか住職がアカンのか〜?)


           <ミャンマー内陸のバガン ここには10日間滞在>


  僕がこのミャンマーのお寺にお邪魔したとき

    地元民と一緒に 当然!!『休憩&ゴロ寝』させて戴きました〜[#IMAGE|S37#]


  旅をしていると・・『昼寝&ゴロ寝&うたた寝&ハンモック寝』することが多いが・・・[#IMAGE|S37#]

       そんな中・・・今 あらためて思う・・・


 もしかしたら?・・・ミャンマーの旅で 一番気に入ったことかも知れない・・って![#IMAGE|S38#]



 *皆さ〜ん もし 夏の暑いミャンマー(ビルマ)を旅するチャンスがあったら

   お寺の中に入って ヒンヤリとしたタイル床に 直にべったりと座り

    涼(りょう)をとってください〜

  
  これこそ!! ほんとの『極楽』かも知れません〜〜〜[#IMAGE|S6#][#IMAGE|S16#]

      
 *他の我のミャンマーの仏陀記事&写真は以下; 

     ブッダの顔・・百面相?(ミャンマーの仏陀)




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーのヤンゴンにある『東京ゲストハウス』(Tokyo Guest House)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  06/09 /2012 (Sat)

今日6月8日のバンフも午前中は まぁまぁ〜の天気だったけど

  午後から・・・来ましたぁ〜〜 雨が・・今(午後6時頃)はもう本降り・・・

    「なんか・・・ここも『梅雨』だなぁ〜」と思う日々・・・

    * * * * * * * * * * *

 で・・・本日・・『旅ネタ』です

 ミャンマーのヤンゴンにある『東京ゲストハウス』(Tokyo Guest House)


 実は ここの写真があまり撮ってなかったようで・・・

  (気持の中では もっと写真を撮っていた気がしてたんだけど・・・)[#IMAGE|S39#]





  ミャンマーの旧首都ヤンゴンの街中の

    ど真ん中に この『スーレーパゴダ』が鎮座しております

     このパゴダ(仏塔)は 街中でも目印になり便利[#IMAGE|S49#]


 その『スーレーパゴダ』の中心通りを『東方向』に歩き(10分弱?)








  右手に回ると・・・

   こんなビル・・・ハイ薄汚れた感じの(感じじゃなくホントに汚れてるかぁ〜)2階

    1階の通り沿いには こんな看板もある
 
一応・・住所は ここ
   200 Bo aung kyaw street,Botataung township Yangon Myanmar

     (グーグルマップで検索すれば 即座にこの場所が出ます)





  部屋の内部(リビング)は こんな風で 

   ビルの外観とはかけ離れ 綺麗である〜!![#IMAGE|S37#]


 この宿も 朝飯付きなんで(当時はインスタント・ラーメン&バナナだったかなぁ?) 

        (現在は 違う朝飯・・・らしいです〜)

   その点 朝飯代がうき助かる〜〜[#IMAGE|S49#]





  この写真は 晩飯を食いに行ったときの物で 朝飯ではありませんので

    あしからず〜〜〜





  この時の従業員と 部屋内で写真撮影〜

   全員男で まったくの色気なし・・・でしたぁ〜〜[#IMAGE|S3#]





  彼は この時のマネージャー? だったのかなぁ〜?





  ま・・・色気なしの『東京ゲストハウス』の従業員でしたが

      彼らとは『水掛け祭り』で 大騒ぎ〜〜

  一緒に 水を掛けまくり 毎日遊んでましたね〜〜[#IMAGE|S37#]


 ここの宿は 現在もあるようです

   当時(2004年4月)は部屋代(シングル;冷房付き)で US$10.-

     でも今は たぶん・・・US$12.- だそうです〜  

      そして 今でも 『人気宿』のようです〜[#IMAGE|S49#]


*追記;2012年末現在・・・

    タイのチェンマイにて情報を拾うと(旅人情報)・・・

     最近のミャンマー民主化により 経済発展も凄く 宿不足で

      宿代は急激に高騰しているようです・・・(倍以上の値段らしいです)

       その旨 心づもりしてください




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (4) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマー・ヤンゴンの有名安宿『White House』Myanmar

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  05/19 /2012 (Sat)

今日は『旅ネタ』です〜

 ミャンマーの旧首都『ヤンゴン』(現在の首都はネピドー)に

  有名な安宿『White House』がある


          <ヤンゴンの街並み>



この宿・・・何が有名かと言うと・・・

   宿が綺麗とかいうのではない〜〜[#IMAGE|S3#]


  ここの朝飯が凄いのだぁ〜〜

   ここの宿料金の中には『朝飯が付いている』


          <ボケてます・・これが食堂>



 最上階に『バフェ・スタイル』(ブッフェ・スタイル)の朝飯

     が毎朝用意してある これ・・・食べ放題なのだ[#IMAGE|S5#]


          <ここにあるのは何でも食べ放題 時間もたっぷりあります>



 時間も確か・・・午前11時くらいまで食っていてもいいのだ[#IMAGE|S49#]

  だから ケチっている旅人は ここで『朝昼兼用の飯』

 たらふくダラダラと食い 晩飯まで持たせる・・・すると昼飯代が浮くという技〜[#IMAGE|S37#]


 ま・・かくいう我も この宿に滞在中では 朝起きるのが遅いせいもあり

  旅仲間と 何げないことを喋りながら おばちゃんに追い出されるまで食っている[#IMAGE|S3#]

   という・・・なんとも『ケチ&節約』を実行〜〜[#IMAGE|S37#]


 こんな『朝バフェ付き宿』(無料)なんて 世界中探したってそうはない〜[#IMAGE|S49#]   


          <蚊帳は必須!!^ー^>



 だが・・・ドミの部屋は こんな風で

  ここは 暑く蚊も多い〜〜[#IMAGE|S8#]


          <扇風機・・・たまに動かなかったかなぁ〜?>



 こんな扇風機が ちょろっとあるだけで この広い部屋では効果なし・・

  シングル部屋も 牢獄のような窓なし部屋もあって

   タダの朝飯が豪華絢爛の割に「部屋がなぁ〜〜〜・・・」となる・・・[#IMAGE|S8#]


          <宿のスタッフは親切>



 ヤンゴンの中心地から(スーレーパゴダ;Sule Pagoda)も近いので立地はいい

  この写真は入口から入った『受付近辺』


 高い建物で エレベーターなんで当然なく 階段を上らなければならない

  重いバックパック荷物を持っている旅人は しんどい!![#IMAGE|S6#]





 屋上から観た景色も悪くはない〜〜

  (この写真は あまりよくないが〜〜)[#IMAGE|S37#]


 こんな『White House』・・・

(*#69/71 Konzaidan Rd.  Mahabaradola Rd.から南へ入る;スーレーパゴダから西方向) 


  宿の部屋は今ひとつだが・・豪華な朝飯を食べて見るか〜の迷いどこ〜〜[#IMAGE|S6#]

   まぁ〜〜向学の為に 1度は泊まってみてもいいかもね〜〜

    夜には『美味しい中国街の屋台群』にも近いしね〜〜


 ヤンゴンでは『Tokyo Guest House』にも泊まったけど そこの写真が見付からない・・・  
 
    (*住所;200 Bo Aung Kyaw St. スーレーパゴダの東方向)


      見付かったら そこも紹介したいと思います〜〜


 *ここの写真などは 2004年3〜4月のものだけど 現在もまだこの宿は健在のようです〜[#IMAGE|S49#] 




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ヤンゴンの露天&美味しい『ミミレー・アイスクリーム屋』(ミャンマー)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  05/10 /2012 (Thu)

ミャンマーに旅したのは やや昔(2004年)ではあるが

 懐かしさと共に そこでの写真を整理したら 

  まだまだ載せていない写真が出てきた


そこで 今日はそれを〜〜〜!!


 ヤンゴンの露天&美味しい『ミミレー・アイスクリーム屋』(ミャンマー)





 
 ヤンゴンの町中を歩いていると

  そこは『ややインドっぽい』雰囲気・・・

   そのインドっぽさも この露天が多いのも一役買っている





 このおばちゃんも いろいろと売っているが

  この揚げ物系は サモサ系だ〜(サモサもある;長い揚げ物の左横にある)



   

 道端の物売り屋さん

  このおじさんは 『豆』を売っている『豆売屋』さん

   古新聞を三角に丸めて その中に豆を入れる 値段も安い





 これは 露天ではないが 雑貨屋というか

  子供たち用の『駄菓子屋』かなぁ〜〜
   (ただしこれは田舎でヤンゴンでは撮っていない)
   




 おもしろいのは『これ!!』

  なんだと思いますか〜? (写真に説明を書いちゃったけど)


   なんと『冷水売り屋』(冷たい水をコップで売る)[#IMAGE|S5#]


 写真をよく見て欲しい〜

  上部に  『氷の塊』そこに暖かい水(常温;ここヤンゴンは暑い!)を注ぐ

  中間部に 『ネットを伝わって冷たい水が・・・』

  下部に  『コップ』で冷水を受ける

      それを『売る』のです〜〜〜 [#IMAGE|S37#] (手動冷水機なり〜〜[#IMAGE|S37#]) 

   もちろん 僕は買ってないですよ〜〜 この水・・・ちょっとねぇ〜[#IMAGE|S2#]
 




 夜になると

  こんな屋台も出てきて いろんな物を売ってますね〜


          <フォンデューみたいに真ん中に油の入れ物がある>


 夜には こんな屋台?みたいなものも

  ここでは この『串刺しの揚げ物』を売ってます

   これ・・・肉類だと思うけど 油がたぶん悪いと思うんで 我は食わず・・・


  揚げ物の油は悪いもんだと 当たるからねぇ〜〜〜[#IMAGE|S8#] ヤバイよ〜


 


 これは『露天』じゃなく『店』なんだけど

  ヤンゴンでは有名な『アイスクリーム&プリン屋』なんですね〜

     ミミレー・アイスクリーム(Mimilay Icecream)

     (場所は 有名な安宿の『White House』に近い)


   ヤンゴンは暑いんで(この時・・3月〜4月の真夏)

    アイスクリームが美味い!!(我・・普段はあまり食わないのに〜)


          <これ・・ボケ写真です・・・食うのに焦ってたんで・・[#IMAGE|S42#]>


 この日 豪華に『プリン&アイスクリーム』の両方を食った!!

  共に美味い!! アイスクリームは 種類も豊富!!(約20種類ほどある)

    かつ安い!! (このひとつが 多分50円くらい〜?だったかなぁ)


 *ミャンマーも なかなかにおもしろい食いもんがありますね〜〜〜[#IMAGE|S38#]






気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーの『ニャウンウー市場』(Nyaung U,Bagan,Myanmar)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  05/03 /2012 (Thu)

今日2日もバンフの天気が今ひとつなんで(写真には不向き・・・)

 『旅記事&写真』です〜


   * * * * * * * * *



今まで書き&写真を載せた『我がブログ』を見直してみたりすると

 「あの記事と写真は確か・・・載せてたよな〜?」と勝手に思っていても[#IMAGE|S23#]

   実は 載せてなかったりすることも しばしば・・・[#IMAGE|S8#]


今までの『我が記事数』は全部で『2158』もあるので自分でもチェックは大変

 今後・・・記事&写真などが重複していても ご了承いただきたい[#IMAGE|S40#]


    * * * * * * * * *



 今日は最近『注目度ナンバーワン』の『ミャンマー(旧ビルマ)』

  アウン・サン・スー・チーさん 随分とご苦労されたけど

   ここで もう一踏ん張り頑張って欲しい と応援する小生・・・


 ミャンマーでの旅で訪ねた『市場』写真&記事です





 ここは ミャンマーの中では有名地の『バガン』の基点の町

  『ニャウンウー』(Nyaung U)の市場です


 「ニャウンウー・・? 何処やねん・・?」 って話ですが

  バガンという大地に『仏塔が2000以上』も立ち並ぶところを観に来る町です



   一応 その仏塔というのが分からない人のため ここの写真を載せます〜[#IMAGE|S6#]


 そこの町での『市場』

  いろんな国々に行き 町&村などを訪れる時 必ず市場に行く





 市場に行けば その国のその町の生活が少しでも分かり

  隠されたものではなく 本当の生の住人の姿を観ることができる





 かといって 所詮 我は通りすがりの旅人・・・


  その国の人々のすべてを知る事が出来るなどと

   傲慢な意識は持っていはいない


 ほんの少しでも知ろうとすることこそ 大事だと思うし

  『通りすがりだけの旅』では その町の人々に失礼だと思う





 そして 少しでも話ができれば それに超したことはない

  この若きお姉さん ロンジーを売っていた

   「ロンジーって何?」とお思いの方・・・





 この床屋のおじさんが着けているスカートのような物です

ロンジー;ロンジーはミャンマーの伝統的な巻きスカートです。
     男性も女性も着用しています。
     これにサンダルを履いていれば、ほとんどどこへでも行け正装ともなります。


 話が逸れたが・・・この『ロンジー売りお姉さん』とも話をした〜

  とっても 朗らかで陽気なお姉さんで 写真撮影も気軽に応じてくれた[#IMAGE|S49#]





 こんな大きな壷とかも売っていて

  どうやって運ぶの〜? と思っちゃうくらい・・・[#IMAGE|S3#]





 市場の横には こんな『自転車の横のリヤカー』みたいな・・・

  これ・・・『サイカー』と呼ぶんです

   たぶん・・・サイドカーの速読み?英語読みだと思います(我が想像です)





 女性たちは こんな頭に乗せて運びます〜

  他国にもこういう運び方は多いですね〜(インド、バリ、などなど・・・)





 このおじさん・・・

  『あんまん』だったか『肉まん』だったか・・・[#IMAGE|S23#]売ってました


          <顔にはタナカを塗ってます;ミャンマー人はよくやっています>


 それ買ってきて食いましたよ〜〜

  うんうん 美味かった〜〜〜[#IMAGE|S3#]


 *2004年3〜4月の旅話でした〜(カテゴリ:ミャンマー編をご覧下さい)タナカ記事&写真もあります



 *スー・チーさんが政権をとったら また旅してみたい国・・・

    いや・・・その前でもいいかなぁ〜〜今でも〜〜[#IMAGE|S6#]



[#PARTS|USER|62626#](ヤンゴン、ネピドーのやや上にあります;と言ってもバスで時間かかけどね)




気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ブッダの顔・・百面相?(ミャンマーの仏陀)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  07/05 /2009 (Sun)

ミャンマー(ビルマ)は 敬虔なる「仏教国」

  だから お坊さんも多いが お寺も多い

   当然!! その中には 仏陀の像が・・・



日本では だいたい 同じような顔の仏陀なのだが・・・




ここでは やや まんがチックだ




誰が 一体 作るのだろう

  いや この顔を描くのだろう・・・




この仏陀の目は 明らかに 漫画の目? ^^;




ちょっと 怒っている?




端正な顔立ちです




青いアイシャドウが塗ってある 仏陀・・・キレイ・・・^^




あ・・・ すみません・・・^ー^; 

  これは 仏陀ではありません・・・

  仏陀の足下にも 及ばない・・・私です・・・ 



でも ・・・ 僕は こんな仏陀の顔  好きです ^^ 

      なんか好感が持て親しみを持てます





[#PARTS|USER|11555#](早くアウンサンスーチーさん、解放されて欲しいです)







*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマー・バガンの安宿『Golden Village』

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  06/27 /2009 (Sat)

ミャンマーの『バガン』という 

  仏塔が2000個以上も だだっ広い野原に建っているところに旅した時 


 とても気に入った宿を見つけて・・・


       <バガンの安宿「Golden Village」>


  その名前は『Golden Village』

当時 朝飯付きで 1泊US$4.-ドル 部屋も綺麗でなんとバルコニーも付いている


 そのバルコニーには 花もあり 椅子もある


       <バルコニーも付いていて $4ドル(朝飯付き)>


 毎日 早朝5時過ぎに起き  近くの仏塔までチャリで飛ばし

   地平線から出る 『日の出』 を拝んだ

    それも 10日間以上も・・・

朝の空気は気持よく  日の出が出る前のヒンヤリとした風が気持よかった


      <部屋も意外に綺麗>


  部屋も広く 一人で使うには勿体ないくらい・・・


夕暮れ時も 仏塔に登り 『日の入り』を見て

   薄暗い中 チャリで宿に戻る


それから 町灯りはほとんどない薄暗い中  

   歩いて近くの飯屋に晩飯を食いにいった・・・


      そんな 単純な毎日


      <郊外にはこのような仏塔が2000以上も>


  でも そんな「バガン」の町(村かな)が好きで 

     すっかり落ち着いた気分になってしまった

これは・・・敬虔なる仏教国のせいなのだろうか・・・


  それにしては 現在の「軍事政権」が解せない・・・


写真は 2004年4月のバガンのものです



*『旅人ゆき』が泊まった「安宿&部屋」(ここをクリック)*


           の『YouTube』を作りました


    おヒマな方 是非 ご覧ください〜〜〜 よろしく〜〜(*^-^*)

『旅人ゆき』が泊まった「安宿&部屋」という題名で、「YouTube」を作ってみました。
全部の旅先の宿はもちろん載せられないんで、ほんの一部ですが・・・。

 




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『タナカ』という木・・その粉を顔に塗ります(ミャンマー人の顔)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  06/24 /2009 (Wed)

今日は ミャンマー記事です

    * * * * *

 もし ミャンマー(ビルマ)に旅するようなことがあって

  その地に踏み入れた途端 まず気づくのが 

   「女性&子供たち」の顔の白い粉・・・ んんん? なに? と・・・


       <市場の女性 焼き饅頭のような物を売っていた>


  顔にいたずら描き・・・? 

  そう 思うでしょうね〜〜〜きっと・・・


       <これが タナカの木>

実は

こんな木(約5cmほどの丸太で20〜50cmの長さ)を売っていて

   それを 石で擦って白い粉状にするのです〜

  
       <こんな感じで売ってます>


こんなようにして 普通に何処にでも売っています

この効用は

  『美容』 『肌の保護』 『日焼け防止』 『肌を冷やす』 『ファッション』

          などということです


       <寺院の横の通り沿いの店屋>


 最初 違和感を感じ

   なんか・・見慣れなかったけど

    そのうちに慣れてきました〜


       <宿のおばさんと子供たち>


  宿の人たちも もちろんその『タナカ』を塗っているので

じゃ〜〜〜俺も・・・と・・・


        <僕も顔に塗ってみた>


市場で携帯用の石けんのような固形のタナカを買ってきて

   顔に塗ってみました〜〜〜^ー^;


顔がヒンヤリして 気持いい〜〜!! これで俺もミャンマー人だ〜〜*^0^*

(実は 男性はあまり塗らないんですけどね〜〜^^;)



この写真&旅は 2004年3〜4月の時のものです〜



 [#PARTS|USER|11077#](ミャンマーにはタイ・バンコクからのフライトです、陸路で内部までは入れません)






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

蓮糸織り(ミャンマー・インレー湖);蓮の糸ですよ!!

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  06/15 /2009 (Mon)

  **ミャンマー記事です**

ミャンマー(旧ビルマ)の 『インレー湖』を訪れてとても驚いたことがあった・・・

  この時 初めて目にして 思わず

    『え〜!? 信じられない・・・』 と叫んだ


       <おばちゃんが目の前でポキンと!>


  この おばちゃんが 蓮の茎をポキンと折って
  
    その粘り気のある糸を出している


       <板にペタリと・・・>


  その糸を 板っきれに 無造作に付ける

   そうすると 普通の糸のようになる


       <蓮の糸はこんなに伸びる>


  この作業を延々と続けると・・・

     1本の糸になるのです・・・

折った蓮の茎の数も半端じゃない!!


  その後 この蓮糸を織るわけです!! すると 布になる・・・

       <機織りの若い女性>


    そして 『蓮糸織りの布の完成』 となる

な・・・なんとも 気の長い話・・・


文献によると(ネットから);

蓮根や蓮の茎を折ると、その切り口から無数の糸が出てくる。 蓮の茎には維管束があって、その導管の壁が螺旋上の繊維になっている。 ・・・(中略)・・・
ビルマのインレー湖に自生する蓮から作っています。1ヤードの布地を作るのに蓮の茎が11000本必要です。インレー湖に自生する蓮は約半年でとり尽くしてしまいます。したがって蓮の布の生産は6ヶ月間しかできないということになります。 すべて手作業でやっていることでもあり数量に限りがある非常に希少価値の高い製品です。


この文献にも書いてあるが如く とんでもない作業なのです!!

  それを 今なおやっている!!ということにも驚きました!!

ただただ・・・ 凄い!!としか 言いようがありませんでした・・・


 ちなみにこの布で作ったスカーフなど売っていました

   値段は確か・・US$20〜30ドルくらいだったような気がします

    もちろん この国でも僕にも高いです! 


でもこの手間を考えたら・・・手間賃など出ません・・・


 
    2004年3月末 ミャンマー(ビルマ)のインレー湖にて



[#PARTS|USER|10620#](インレー湖はヤンゴンの北に位置します 全体を見るには左上「ー」をクリック



 


*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマー美人(Myanmar)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  05/03 /2009 (Sun)

少し お色気系で〜〜〜 ^ー^

 前回のミャンマー記事の ミャンマー美少女 に引き続き  ミャンマー美人 記事を


      インレー湖で


  このお二人 インレー湖の 真ん中にある レストランで働いていました

顔に塗ったタナカ(ミャンマー人が顔に日焼け防止・ファッションなどで塗るもの)も

  なかなかに かわいい感じです


      インレー湖で機織り娘


同じく インレー湖で 機織りをしていた女性です

   今でも 手織りで丹念に織っています


      ヤンゴンの通り市場で


  ヤンゴンの町を歩いていると 通り沿いで「揚げ物を売っていました」

右下のは お母さんと思われます〜〜聞きませんでしたが・・・^^


      ヤンゴンの水掛祭りで


  このトラックの中の着飾った女性たち

ヤンゴンの『水掛祭り』で踊りを踊る女性たちです〜〜

  これから 出演前ですね〜〜

ちょっと 手を振ったら〜〜


      なかなかに陽気な美人軍団


  みんな 愛想がいいし なかなかに美人!!

陽気な感じで とっても「軍事政権下」の下とは思えなかった〜〜


      インレー湖市場で


 再び インレー湖の市場で見つけた 愛嬌美人です

この人 何を売っていたのか忘れちゃったけど 

 たぶん 食べ物かなんか 売っていたかなぁ〜〜・・・

何も買わなくも この愛嬌です〜 (ん?なんか買えよ!って・・・)


ミャンマーの国は 去年(2008年)のサイクロン被害の影響がまだ残っていて大変!!

 それでも 人々は 逞しく生きていると思います・・・


でも 軍事政権の中なので自由が利かないようにも思いました

  なんとか ならないのでしょうか・・・ 



 2004年3〜4月 ミャンマーにて





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマー美少女(Myanmar)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  04/25 /2009 (Sat)

以前に書いた 『ミャンマー美少女』のリニューアルです

  前回の記事&写真の掲載が やや不足気味だったので・・・
  (この時は エキサイト・ブログの掲載許容量が少なかった・・・)


     ヤンゴンでのブティックの店員
 

ミャンマーの旧首都ヤンゴンで・・・
         「ステキなブティック」が あった・・・


中をのぞくと・・・
          3人の 素敵な 笑顔・・・・・


まったくの『冷やかしだけ』の僕は

   商品をお義理に見渡し・・・目はしっかり この女性たちに・・・

 『少女』から『女性』に・・・頃の歳なのか・・・


  少し躊躇いながら(半分図々しくも・・・)「写真を撮っていい?」と聞いた


恥ずかしがって・・ 躊躇って・・ すぐに返事はない・・でも顔は笑顔〜 ^^


でも・・・恥じらいを見せる笑顔の3人を撮らせてもらった・・・

  『とっても素朴で素敵な笑顔でした〜〜!!』 ^ー^


 
       インレー湖の湖上レストランで


ここは 『インレー湖』の中にある『湖上レストラン』

  そこに また こんな素敵な笑顔の少女が・・・


インレー湖は ヤンゴンより北の方のあり 

   我々に似た中国系の顔の子も多い


     インレー湖の少女たち


  彼女の友達と 写真撮影をお願いした^^

顔にはミャンマー独特の『タナカ』を塗っている

 (『タナカ』というのは ミャンマー人が顔に塗っている白い粉)
 (日焼け止め 肌の乾燥防ぎ ファッション などの効用があるという)

   この2人も 実に笑顔がいい!!

  2人ともこの湖上レストランで働いていた


       ヤンゴンのお寺の中で


 ヤンゴンのパゴダ(お寺)を訪れた時

  お母さんと一緒に来ていた

そのお母さんに 「あなたの娘の写真を撮っていいですか?」と聞くと

 「私の娘は美人でしょう〜〜撮っていいわよ〜」という返事 ^^


  そのお母さんも 娘と似ていて やはり美人系〜


     バガンのパゴダ(仏塔)にて


  2000以上の仏塔が立ち並ぶ バガン を見学してた時

   ヤンゴンの大学生たちが やはり見学に来ていた

みな 元気がいい!!  話も英語で通じる!!

  写真撮影も 即座にOK!!


そこには インド系 アジア系 の ミャンマー美少女の笑顔があった ・・・


   何処に行ってもミャンマー人の笑顔が印象的でした ^ー^


 * ミャンマー美人(ここをクリック)ブログはここ!!


2004年3月末〜4月末 ミャンマーにて




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ヤンゴン(旧ミャンマー首都)の水掛祭り

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  04/22 /2009 (Wed)

     <ヤンゴン中心のスーレーパゴタで>


   アジアの国々では 水掛祭り が一大行事だ

      時期も「4月の一番暑いとき!!」に行われる〜〜


僕は 3月23日〜4月18日の間 ミャンマーを訪れた

  もちろん 水掛祭りのことは知っていて それも目的のひとつだった


     <警護の警察官も水でビッショリ 無礼講だ>


   水掛祭りの期間は この年 4月12日〜16日だったので

前半は 『インレー湖』 『バガン』 など訪れ ゆったりとしていた〜 ^ー^


 ちょっと早めに ヤンゴン入り!! 

   というのは各交通機関が 祭りのためほとんでストップするのだ
   
    (皆 祭り期間中 仕事はしたくない・・・らしい)


     <人も車も何もかも水びたし〜>


  ミャンマーの『水掛祭りは派手』

   という噂を聞いていたので期待が高まった


        確かに凄い!! 

いつも軍事政権政府の管理下に置かれていて不満も溜まっているのか・・・


     <小型トラックの荷台いっぱいの若者たち>


   カメラが濡れないように注意をして 写真を撮っていた

目の前を 『若者満載』の小型トラック !!

   チャンスと思い シャッターを切る!!   ・・・と・・・


  「お〜い !! お前もこの車に乗って来い!!」 と手招き〜!!

       少し 迷った・・・ カメラも濡れるし・・・ ー_ー;


だが・・・決断は早かった 

   即座に持参のビニール袋にカメラを入れ バッグに押し込む

そして 彼らの待つトラック荷台に 足を向けていた〜〜〜


     <メイン舞台の前は水ホースの嵐>


   そして・・・

この 『水ホースいっぱいの中』に突入して行った〜〜〜


     <水ホースの中を通過中のトラック>


  もう・・・ あとは 夢中・・・ ^0^;


ミャンマーの若者たちと 目一杯 楽しんだ!!


  もちろん 身も心も服もバッグも  『嬉しいびしょ濡れ〜〜』だった ^ー^



       2004年4月 ヤンゴンで



 


*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

インレー湖の人々の『湖上生活』

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  07/19 /2008 (Sat)

以前の記事にも 少し書いたが

  やや 書き足らないのと 写真もあまり 載せてなかったので ・・・



  ここは ミャンマーの国 ・・・  最近は サイクロンで大変だった国


   その中の 中西部に この 「 インレー湖 」 がある

 この写真のように 家から家に訪ねていくのに

   こうして 小舟を 器用に操り 行くのだ

なにせ・・・



  ほんとに 冗談なく  こんなに 家々が離れ 

    かつ 水に覆われていては  こうするしか ないのだろう




  隣の家だったら  そう〜〜 近いから

  こんな 橋が架かってたり することも ・・・

   これなら 小舟は要らない 


家を建てるとき  どうするの? と素朴な疑問・・・



 その時でも こうして 小舟を使って

   家を建てていく ・・・ これって ・・ 結構 大変〜


そんな インレー湖での人々  ・・・

  生活も 素朴だったけど  人々も 素朴だった・・・


 いまでも きっと  同じように 暮らしているんだろうな〜


      * 2004年 3月4月の ミャンマー旅で * 





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーの『シャン料理』をバガンで食う

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  10/27 /2006 (Fri)

        ミャンマーの料理・・・っていっても・・・  なに・・・?



    この料理  「 シャン料理 」 と言って

         「 バガン 」 の 町 「 ニャウンウー 」 にいた時に食べた・・・

     きっと   「 シャン州 」 で食べられてる 代表的料理なんだろう・・・( 推測・・ )


   ミャンマーは 南の 首都ヤンゴンは  とてもインド的で インド料理系も 多い気がした

     でも・・・ 北に行くと いろんな民族の人々が暮らし それによって料理も違うようだ・・・
                      ( 多民族国家です )

         だから・・・  この料理は ほんの一部の地域の 料理なんだろう・・・


   「おかず」 っぽいのが いっぱい付いていて  これで1000チャットくらい 
                                   ( 当時の価格で 1ドル40セントくらい )

            味は ・・・  う~~~ん   まぁまぁ でしょうか・・・

     あまり  知られてないこの国・・・  もう少し探索の必要がありそうです・・・

                 ( * 2004年3~4月の ミャンマー旅で・・・ * )






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (6) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマー(ビルマ)の田園風景・・・

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  08/28 /2006 (Mon)

 ミャンマー ( 旧ビルマ ) は 

  今もって  田舎臭さを残している いい所がある・・・

   いや・・・    実際    田舎なんだけど  ・・・

     昔の 良き 日本の田舎・・・みたいな・・・





   米が 主食なのも  やはり  アジア・・・





   農民揃っての   田植え風景・・・

    麦藁帽子も  なかなか  いい~~~





  日が・・・   もうすぐ  山に沈む・・・

     柔らかな 日差しが  田園に  反射し・・・

      そ し て ・ ・ ・ 

   今日の  一日が  もうすぐ 終わる・・・・・



  首都ヤンゴンから   北に上がった  中東部の インレー湖の町

         「 ニ ャ ウ ン シ ュ エ 」


     ( *2004年3月4月 ミャンマー旅で・・・* )






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーのゆったりお寺

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  08/21 /2006 (Mon)

 ミャンマーには  2年前の 2004年 3月・4月と  約1ヶ月 旅しました~~

     そこで~!!

  なにが   一番   気に入ったか・・・

『ミ ャ ン マ ー の お 寺 で  昼 寝 し て も   怒 ら れ な い』 

        ・・・って・・・ ことだったんです~~~





  こんな 風に  涅槃仏陀 と一緒に ミャンマー人も うたた寝感覚・・・

   疲れたら お寺に入って 休憩しても 昼寝しても ダラダラしててもいいんです

    もちろん お祈りしてても いいですよ~ ( こら・・当たり前か・・)


 これが  日本の国のお寺みたいだったら 

  「 こら こんな所で 昼寝なんか するな! 出て行け! 」

     ・・・って 即 言われそうですよね・・・  >_<





  お寺の前には・・・こんな 仏陀も・・・・・

  「 ハイハイ  仏陀のご用命は こちらですよ~~~
                         
             どうぞ  中に お入りください~~~ 」

   ・・・と  愛想がいい  仏陀が  手をかざして 案内してるんです

    まるで  「 仏陀レストランは こちら~~~ 」 みたいだけど・・・


  でも・・・     こ の 感 じ     い い     ! ! ! 





 ミャンマーの4月は  暑い!!!

   この お寺がいっぱいの 「 シュエダゴン・パゴダ 」 ( ヤンゴンにある )

     ここの コンクリート  メチャ暑~~!!  フライパンだ!!
            ( オレの 手足顔も 黒焦げになってる~~~ )

    ・・・  っていうんで  写真を撮ってもらう時・・・

   「 早く 撮ってくれ~~!!  足が地面に付けられない~~ 」

        ・・・ と  叫びつつ  苦笑いしてるとこです~~~ 暑かった~


・・・  と・・・ 今日は こんな記事 書こうと  晩飯を作りながら・・・考えてた・・・

    それも・・・

この間の3月に インドのコルカタで買ってきた CD『インド・ポップ音楽・2005年』を聞きながら・・・

    軽く  踊りも踊りながら 晩飯を 作ってしまった・・・ハハハ・・・

     ミャンマーとは 関係なかったですね~~~ ま いいか~

        


*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村





Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

ミャンマーのかわいい子供たち~

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  08/20 /2006 (Sun)

 いろんな 国々を 旅してて

   子供の写真を 撮ることが 多いけど・・・

     この ミャンマーの子供たち・・・ 素朴で 笑顔がいい・・・


   こんな  無邪気な 笑顔・・・・・


    この 3人の子供は  兄弟です~~~

左が   末っ子長男の 「 ホタ 」

  真ん中   次女の   「 セノー 」 ( 女の子だよ~ )

    右が    長女の  「 ググ 」


インレー湖の基地の町 「 ニャウンシュエ 」 に 行った時の安宿 「 クイーン・イン 」

 そこで  いつも  僕と一緒に遊んでた 3兄弟・・・

   言葉・・・・・?  うん・・・ あんまり  通じてなかったけど  なんか 遊んでたなぁ~~        

 

    この子供たちは インレー湖で  出会った~

       外で 卓球を やってたんで  それに 参加~!

         子供相手に  真剣に 打ち負かしてしまった~ あ・・・大人気ない・・・><



 2000個以上も 仏塔がある 有名な 「 バガン 」 で・・・

    この2人は 女の子です・・・  坊主頭は 暑さのせい? 不衛生になるから?


 *  顔・鼻などに 白く塗っているのは  「 タナカ 」 です・・・

ミャンマーでは どこでも 目にします・・・ 特に子供・女性に多い~

  日焼け防止  肌をツルツル  ヒンヤリと冷やす  などの効用があるそう・・・


 *  ちなみに・・・  僕も  この ミャンマー滞在中に やってみました~~~

        ヒンヤリとして  気持ち良かったです~ (*^-^*)


       ( * 2004年 3月23日~4月18日 ミャンマー旅 * )







*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

オモシロ仏陀(ミャンマー)

Category: ミャンマーmyanmar(04年&14年)  10/05 /2005 (Wed)

こんな・・・仏陀の顔・・・見たことあります・・・??

この・・・目・・・・・

    なんとも・・・ユーモラスっていうか・・・

 この国 ミャンマーは 敬虔なる仏教国で・・・

     でも・・・仏陀とは 近い存在みたいです・・・

こんな顔してる 仏陀だったら親しみが湧くかも・・・ですね




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫