Category: ハイキング&キャンプ Banffの記事List (Entry順)

| | OLD ≫

昨日の続き『ピジョン・マウンテン(Pigeon Mountain)の花畑ハイキング』『広々とした高原景色での弁当は気持いい』『雲の様子が素敵』Banff,AB.,Canada

Category: ハイキング&キャンプ Banff  06/20 /2017 (Tue)

今日は2017年6月20日(火) バンフ Banff, Canada
         天気;晴れ  気温<+21℃〜+4℃>

*昨日のブログで「次回ブログに続く〜〜〜😁」と書いた今日
 その続きです〜〜
『ピジョン・マウンテン』Pigeon Mountain

気持いい高原でおにぎりを食っているとき
1

周りの景色は こんな風
高原に咲く野生の花畑
2


シューティングスター(Shooting Star Wildflower)の花も
ここにはいっぱい咲いている
3


もちろん『勿忘草』(わすれなぐさ)もいっぱい〜
4


5


こんな中でのランチはとても気持いい〜^^
6


空は 青い空も白い雲も素敵になってきた
7


雲が・・・どんどん変化して
雲好きの僕には写真を撮るしかない〜😅
そして見惚れる〜〜^^
8


弁当を食っているところは 
この坂道を登ってきた途中・・・
9


弁当の後・・・
そこからさらに もう少し登る
10


トレールの両サイドは 小さな花々が綺麗
11


『Silky Scorpionweed』もいっぱい咲いてます
12


蝶も飛んでいて花の蜜を吸ってました〜
13


遠くには『カナダ・ハイウェイナンバーワン』道路が見えます
キャンモア(Canmore)の町も見えます〜
14


*この直後・・・
 僕のオリンパスカメラのパンケーキレンズの不具合発生
 よって写真が撮れず・・・でした😭
 (未だに治らず・・・ネット検索したけど多分ダメ・・)

 今後の写真・・・どうするか・・・😰


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『ピジョンマウンテン(Pigeon Mountain)途中までのハイキング』『勿忘草(わすれなぐさ)の花がいっぱい』『熊の足跡・糞』『広々とした高原景色』Banff,AB.

Category: ハイキング&キャンプ Banff  06/19 /2017 (Mon)

今日は2017年6月19日(月) バンフ Banff, Canada
       天気;曇り&少し晴れ 気温<+18℃〜+9℃>

昨晩 急に『ピジョンマウンテンの花々』Pigeon Mountain
・・を見に行かないか・・と誘われた〜

そこで今日(19日)に行くことに〜(5人で)
朝8時半ごろ出発〜 9時ちょっと過ぎに駐車場 ここから発
1

閑散とした駐車場・・・レイクルイーズ近辺の忙しさと大違い
このトレールを入る
2


すぐに この分かれ道にトレールのサインがある
ここを左手に行く
3


この電線沿いにしばし歩く
道自体は あまり面白くない道・・・
4


途中から 花々もある
オダマキ(Columbine)の花
5


ホテイラン(Venus Slipper)もまだ咲いていた
この花は比較的早めのシーズンに咲く花なのです
6


クレマチス(Clematis)もまだ咲いている
この花もシーズン早めに咲きます
7


トレールに足跡が・・・もう時期的には何日か前だけど
「これって・・・やっぱり熊?・・・」の足跡
(上部は自転車のタイヤの跡だと思う)
8


そしてこれはフレッシュな糞・・・
これは間違いなく『熊の糞』
ハエがたかっていたので 結構近い時間・・
急に皆・・警戒態勢に入る〜😅
9


約2時間ほど歩くと・・・この曲がり角
というか・・・登山道のサイン・・・
10


いや・・・
『動物たちの地域に入るので彼らを尊重しろ』のサイン
この道は12月1日〜6月15日までは閉鎖
11


やや急登の道を10分ほど歩くと・・
木々の間から この開けた青空が〜〜
12


なかなかに素敵な高原景色〜〜^^
13


腹も減って来たので ここで弁当
昨晩・・・ソーセージがなく・・・
今日は『おにぎり・卵焼き』のみ〜〜😅 
14


  *次回ブログに続く〜〜〜😁


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『今日2017年6月4日のペイトレイク(Peyto Lake)状況』『雪&氷は解けて来てました』『まだ蒼色の湖は健在です』『トレールは雪でいっぱい』Banff,AB.,Canada

Category: ハイキング&キャンプ Banff  06/04 /2017 (Sun)

今日は2017年6月4日(日) バンフ Banff, Canada
            バンフ気温 <+20℃〜+7℃>

今日は今季初の『ペイトレイク視察』Peyto Lake
2017年6月4日の『ペイトレイクの氷の解け状況』です

まず『ペイトレイクの駐車場』は半分は雪に覆われてます

1

その駐車場からのトレールは 開いてるけど・・・
雪もあり氷もありと 時々滑る・・・でも登れます
2


短いトレールの先には・・・
解けたばかりの湖・・・ペイトレイク(Peyto Lake)
3


今日の天気予報は小雨・・・だったけど・・・
ここに来た時には 少し青空も太陽も〜〜^^

風もなく・・・雪山も映っていて綺麗
湖の蒼さも まだ『蒼い』  
少しすると乳白色になってしまいます
4


5


この左から氷河解けの水と土砂と泥が混じってしまうので・・
白く濁ってくるのです
6


今日は日曜日で それなりの観光客です
7


この展望台から 地元民がよく知っている見晴台に行こうと・・
歩き始めた・・・が・・・雪が深い・・・
8


ここまで来た・・・が・・・足が雪に埋まる・・・
「ズボッズボッ』と足を取られてしまい・・・
9


結果;ここから引き返した(靴の中は雪だらけ)
ま もう少し待たないと この雪も解けないね・・・
10


また元の一般観光用の展望台に来たら・・・
少し風が出て来て 湖に雪山が映ってない・・・
ほんとに一瞬のことで 景色が違う
11


帰りは バス道を歩いて来た
観光の大型・中型バス専用の駐車場は まだこんなに雪
12


でも その観光バス用登り道は 
そこそこ乾いて雪もなくなりつつありましたね
13



お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『カナナスキス・ビレッジからの黄葉』『高台からの眺めがいい』『秋のちょっと寂しさく切なく甘酸っぱく』Kananaskis Country,Alberta Provincial Park,Canada 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  10/01 /2016 (Sat)

今日は2016年10月1日(土)  バンフ  <+12℃〜+1℃>
 
 朝から雨・・小雨です(午後のは止む)・・久々ですかね・・・

9月は 全般に雨が少なかったような気がする

 それ故 9月は『テニス・ハイキング(山歩き)・ヨガ』と充実

  特にテニスは テニス仲間もでき ハイキング日以外毎日やった・・・

その9月も終わり・・・いよいよ10月・・・ここは寒くなりつつある

 今年もあと3ヶ月か・・などと言わず・・(言ってしまったが・・😅)   

  充実した日々を送りたいものです(自分に言い聞かせてま〜す)

今日は朝から小雨(午後少し晴れ)なので・・テニスはできません

 こんな日は コーヒー豆を挽き 遅めのコーヒーを飲みながら

  雨音を聴き・・・好きな音楽を聴き・・・

   本でも読みましょうかね〜

毎日『なにがしか』の運動をしていたので・・・身体休めも兼ね〜😅 

  『休憩日』!! (ま いつも休憩日ではあるのだけどね)

本日のネタは・・・天気もなんだし・・・この前の写真を載せます

バンフから約1時間内外で『カナナスキス・カントリー』Kananaskis Country    

 という『アルバータ州立公園』です

そこでは『2002年6月』に『G8サミット』があった場所
 
 この時の日本の首相は「小泉純一郎」
1


そこは 大自然の中にホテルが立ち並ぶ『Kananaskis Village』と呼ぶ

   静かな場所で環境よし
2


秋の黄葉も今が見頃
 
 ホテルの周りの木々が 黄色く染まります
3


ホテルがある中心部には 小さな池があり

 そこからの眺めも なかなかにいい
4


上記写真の反対側から眺めると このような景色
5


そのホテルが立ち並ぶ その庭は・・・

 午後の光を浴びて 木々が輝いている
6


そのシルエットも 美しい
7


ここの『カナナスキス・ビレッジ』と呼ぶ場所は 

 少し高台になっていて  その周りを散歩できる

  ほんの少し歩くと この眺め
8


9


秋のこの時期・・・黄葉が綺麗なとき・・・
10


最盛期の黄葉見学時期からは 少し遅く・・・落葉も🍂も多い  

  自分の影絵を撮ってみた
11


それでも その周りの山々は まだまだ黄葉が綺麗
12


この日のような晩秋のとき・・・

 人も少なくなり  このベンチには誰もいない

  ちょっと寂しげだけど・・・そんな様子も好き
13


真っ青な空には・・・

 真っ白な サラッとした秋雲・・・
14


秋は『ちょっと寂しく切なく甘酸っぱく』 

  その感覚が好きです ❤️



お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

秋の黄葉の『ウェッジポンド』;黄葉と山が池に上下対称に映る姿が美しい;秋に毎年来るけどやっぱり素敵な眺め

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/30 /2016 (Fri)

今日は2016年9月30日(金)  バンフ   まぁまぁの晴れ

 今日も悪くない天気です  それなりに秋の感じです

今日のネタは この前行った『ウェッジポンド』Wedge Pond

 カナナスキス・カントリーにあるんだけど・・・

  結構気に入っていて 毎年秋になると よく行きます
1


2


この日(月曜日の9月26日)・・・天気もよくなり綺麗

 池の周りの黄葉も「少し遅かったか?」とは思ったけど でも見られる
3


葉っぱが落ちちゃたところもあるけど・・・

 なかなかに綺麗です
4


黄葉が集中しているとこもある
5


木の上の方に ほんの少しだけ残っているとこもある
6


この時・・・不思議な?・・・丸い雲が!!

 UFOかぁ〜〜〜^^
7


少し高台から 眺めていたので 下に降りる

 下記写真の人間は 僕本人ですが ・・・(自分で撮れないので)

  この写真はMさんに撮ってくれたのを貰いました
8


そして 高台からの眺めの反対側からが 圧巻

 ここからビデオを撮ろうと思ったけど・・・忘れました・・・😅

  パノラマ写真も撮ってないので・・・左から順番に見てください

左;
9


真ん中;
10


右;
11


どうです?・・・素晴らしいでしょう〜〜?

 ここは何度来ても 素晴らしい景色を見せてくれます
    (ただ・・・晴れ間と無風が欲しい)

帰り際・・・木々の間からの写真  

  これもお気に入りの角度の写真
12


そして・・・真昼間だけど・・・

 まるで『夜の月明かり』のような写真 です
13


 ウェッジポンドは いつも素敵です〜〜^^


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

秋の黄葉ターミガンサーク(Ptarmigan Cirque)<その②>;ここカナダも『高齢者山歩き集団』が多い;標高2000m以上の場所にラーチ(Larch;カラマツ)の木々が多い;天気がいいと心もスッキリ 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/27 /2016 (Tue)

今日は2016年9月27日(火)  バンフ   晴れのち小雨&曇り&晴れ・・

 今日のブログは・・・昨日の続き・・です

秋の黄葉ターミガンサーク(Ptarmigan Cirque)<その②>

 ここのハイキングは 最初 少し登るが 基本軽めの登山

  この日 天気の良さのせいか 月曜日にもかかわらず ハイカーが多い
1


多分(予想です)・・大都会カルガリーからのハイカーのような気がする

 それも 結構なお歳の方々(リタイヤー組)が多い

  早い話・・『ジジババの世代の人たち』ばっかりの集団

日本の『高齢者山歩き集団』と同じ状況 😅 

 ここカナダも高齢者が 増えつつあるということですね
2


ま・・・こんな綺麗な景色を眺めながらの・・・

 適度な運動の・・・ハイキング

  健康維持のためにも いいことでしょうね〜〜^^
3


4


意外に多い『ラーチ(Larch;カラマツ)』の木々

 ここも『蒼空』&『黄葉』のコラボレーションがなかなかいい
5


6


その蒼空と黄葉と山の中で・・・我の記念写真(を撮ってもらう)

 思いっきり背伸びをしたくなる心境だ
7


再び・・・下山の道・・・

 軽いハイキングなので 気楽に景色を眺めながら ゆっくりと下る
8


9


遠くの山々の方まで ラーチ(Larch;カラマツ)がある

 このカラマツの木は 標高が高い場所に生えるようだ

  何処でも 標高2000m以上の場所が多い
10


11


登山口でもある 国道40号線まで下山

 ここの標高は 2206m(Highwood Pass)
12


13


ここからの『雪山』

 雪がおもしろく付いていて 『針山』みたい
14


駐車場に着くと・・・

 平日月曜日にもかかわらず・・・車の数が多い

  オートバイ組もいる
15


ターミガンサークのハイキングは このような感じで歩きましたぁ〜

 ・・・の 大まかなトレール跡です〜^^
16


*天気がいいと やはりとても気持がいいですね

  心の中も スッキリします〜


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

秋の黄葉ターミガンサーク(Ptarmigan Cirque)<その①>;花畑の春との比較;意外に多いラーチ(Larch;カラマツ)の木々 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/26 /2016 (Mon)

今日は2016年9月26日(月)  バンフ   晴れ のち 快晴^^

 月曜日の天気予報は 徐々に晴れ〜〜

  ということで・・・『秋の季節にはお初の場所』にハイキング

カナナスキスの『ターミガンサーク』Ptarmigan Cirque

 ここは通常!!『高山の可愛い花見処』・・・です

  今年も7月に『ハイキング&花見』しましたぁ〜^^

でも!! ここの秋の黄葉時期は初めてです!! ^^;

 朝11時に 登山口の駐車場  平日なのに意外に車が多い
1


このサインの『Ptarmigan Cirque Trails』に沿って登る
2


このサインの道から入る

 どこに行っても 熊くんたちには注意です・・・
3


春&夏には『花畑』の場所は・・・今はこうなっている・・・
4


春(7月)には・・・こんなに花が咲き誇っている(今年の写真)

 こんなに差があります  ま・・当然なんでしょうけどね
5


その秋の花畑・・・ビッグホーンシープの群れが

 秋の草を食ってました
6


天気予報通り・・・徐々に晴れ間が!!

 やっと蒼空が見え・・・太陽が顔を出してきた
7


それとともに・・・

 向こうの山の『カラマツの黄葉』が 鮮やかに見えてきた
8


ズームで観てみると・・・

 こんなにカラマツ(Larch)の黄葉がある
9_20160927103038170.jpg


春&夏には 花畑のところで

 今は茶色のところで『ハイキング・ポーズ』
10


花畑時期には・・・こんなに花があるんだけどね〜(比較写真です)
11


そして・・・

 広々とした景色が見える・・・この絶景場所

  全般的には・・・『秋色&茶色』
12


春&夏の比較写真は こんな風です
13


14


この反対側の風景は こんな風で 春も夏も秋も そんなに変わりません〜
15


久々の晴れ間の 暖かな日・・・

 ここでこのメンバーで ランチです〜〜〜(筆者・右端)
16


ちっちゃなリス君・・・物欲しそうな顔をしてたけど・・・

 ごめん・・・あげられないんだ・・・

  厳しい冬がくる前に 準備中のリス君でした・・
17



*明日・・・この続きです〜〜^^


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『サドル・マウンテン』(Saddle Mountain)へのハイキング<その②>;サドルマウンテンの途中で弁当&周りの景色に見とれる;雪道の岩場登山のため頂上は諦める

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/25 /2016 (Sun)

今日は2016年9月25日(日) 晴れ

 バンフの朝の気温が+5℃なんだけど 体感気温が+2℃というので・・

  昼テニスをやるかどうか迷いつつも 結果;2時間やっちゃいました


さて・・・今日は その話ではなく・・・

昨日の続きの・・

『サドル・マウンテン』Saddle Mountainハイキング<その②>

『最高の天気&景色』の中で 今季1番のハイキング・ポーズをやった後

 この素晴らしき景色の中にどっぷりと浸りながら 爽快に歩き登る
1


すぐに サドルバック・パス(Saddleback Pass)に着く

 ここからは『分かれ道』になっていて 

右手方向(写真は正面の山)は フェアービュー(Fairview Mtn.)
真っ直ぐ(写真は左手)は パラダイスバレー(Paradise Valley)
左手(写真は後ろ側)は サドル・マウンテン(Saddle Mtn. or...Saddle Peak)
2


ここから左手に向かうのだが(進行方向から見て)

 雪道でトレールがはっきり分からない・・・
3


適当に勘で歩いていたら 少し間違った方向に行ってしまい

 でも こんなすごい景色に遭遇

デーンと大きなMt.Temple 3543m が左手に見え

 右にはHaddo Peak 3070m が見えている
4


そして ここからは

 左手にHaddo Peak 3070m
 右手はMt.Aberdeen 3152m が見える
5


間近に見えるので この巨大さに圧倒される!!

 Mt.Aberdeen の右手方向には氷河があり 黄葉も綺麗
6


さて・・・
 この日の目的の山『Saddle Mtn.』(もしくはSaddle Peak) 2436m

 の頂上までは 目の前のすぐそばで近い・・・
7


・・・が・・・

 ゴロゴロの岩場に 雪が予想外に積もっていて
 
  少し登ってみたが 確かに歩きにくい

同伴者の一人が こういった登山道には慣れておらず ちょっと無理っぽい

 ここで怪我も困るので 途中まで登って そこで弁当にすることにした
8


ま・・・山は逃げないので 次回に登ることにする

 ここは 風が吹きっさらしの場所 風が吹くと寒い

  ダウンジャケットをしっかり着込み おにぎり弁当

おにぎりも冷え切っている・・・

 だが この周りの雄大なる眺めがオカズという贅沢
9


この景色・眺めに圧倒されつつ 飯を食うのも また良し〜😅
10


5年前の2011年に登った『Fairview Mtn.』2744m

 ・・も 目の前にデーンと見え ラーチ(唐松)の黄葉も綺麗
11


登ってきた方向も 蒼空が広がり とっても綺麗
12


ここまで登ってきた標高差は これ『約575m』
13


そして 現在の標高は これ『約2333m』
14


風も強く吹いたりと 寒くなってきたので

 早々に下山・・・

  再び 雪道を下りる
15


どこが 本来のトレール(登山道)なのか 

 雪に埋もれ 全く分からない
16


そして・・・やっと本道を見つけ・・・下山

 この日は 『紅葉が綺麗で素敵なハイキング』でしたぁ〜
17



*この日のハイキング時間は 往復約5時間(休憩も入れ)
 
 短時間で これだけの素晴らしい景色を観ることが出来 ラッキーでした


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『サドル・マウンテン』(Saddle Mountain)へのハイキング<その①>;レイクルイーズの左手を登る;『雪道&雪山&黄葉&蒼空』の素晴らしき景色;今季1番の思いっきりの『我がハイキング・ポーズ』 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/24 /2016 (Sat)

今日は2016年9月24日(土) 

  レイクルイーズ  <晴れ>  <+9℃〜±0℃>

今週は もう黄葉は遅いかな?・・と思いつつも・・・

レイクルイーズ左横の『サドル・マウンテン』Saddle Mountainに行くことに

 天気予報は シャワーもあるかも?だったが 朝から天気快方気味^^

レイクルイーズの駐車場に着いた時(午前9時半)には こんな蒼空が!!

 かつ この時期9月後半だと土曜日でも 流石に駐車場も空き出した〜^^  
1


トイレを済ませ ここから歩く 登る

 すぐにサインがある

  今日は この『Saddleback Pass』方向だ
2


登山口には 相変わらずの・・・

「ここには熊達がいるけんのぉ〜 この枠内に入っちゃ〜いけんよ〜!」

  と注意書きがある  「うんうん 入らんよ〜」
 (いつもの・・どこの方言か分からん・・口調で・・😅)
3


そして すぐに この木の看板

 『Trail To Saddle Mtn.』・・・ここに向かう
4


登り始めは しばし景色もない森林の中を歩くが・・・

 その森林を抜けると・・・こんな開けた眺めが〜〜^^
5


そして この正面の山が今日の目的の山(右手の山)

 結構 雪がついてるなぁ〜・・・大丈夫??
6


標高を上げると

 この黄色のカラマツ林(Larch)が見える 
7


眼下にも このカラマツ林 と 

 向こうには ハイウェイ#1(カナダ国道1号線)が望める
8


高度を上げると 徐々に雪道・・・

 我々(今回は3人)の前を若者の団体が 追い抜き歩いていく

  皆・・・10代の後半の年齢かなぁ〜^^ 若い!元気!!
9


この辺りまで来ると・・・あたりは雪だらけ

 気温も低いが 太陽が当たっているところは暖かい
10


こういった日陰は しっかりと寒い・・
11


そんな中・・皆 歩いている 登っている ^^
 (写真の人は知らない人ですが・・絵になるなぁ〜と思って写真)
12


そして・・・目の前が パッと明るく光ってきた
13


「な・・なんだ この眺めは!!」

  『雪山&黄葉&蒼空』  素晴らしい の一言
14


広々とした景色・眺め・・・

 サドルバック・パスだ(Saddleback Pass)
15


この壮大な広大な・・・すっきり景色の中で

 思いっきり!! 気持ちよく 足を上げてみた〜

  今季1番の『ハイキング・ポーズ』   どうだぁ〜〜😅
16


*今回も写真がやや多いので 明日のブログに続けます

  明日の写真も見てくださいね

   素晴らしい雪山&黄葉ですよ〜^^

*ビデオも撮ったので 後ほどアップしますね〜^^ 


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『ラーチバレー』Larch Valley の黄葉ハイキング<その②>;『センチネル・パス入口までハイク』『雪道で滑りやすい』『黄葉の中でランチ』『アイフル・レイク方面にも少しだけハイキング』 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/20 /2016 (Tue)

今日は2016年9月20日(火)  バンフ  <+7℃〜0℃>
 
  今日火曜日は昨夜からの『小雪・小雨』

僕が起きた時には もう小雨になってたけど・・・

  早朝は『雪』だったらしい〜〜 よって!!『昼でも寒い』😅

でも今日は休憩日なので 雪で寒くてもいいです ゆっくりします
(先週月曜日から昨日月曜日までの8日間中
       『4日』ハイキングだったので・・・)

さて・・・今日は一昨日ブログの続きです(下記参照)
『ラーチバレー』Larch Valleyの黄葉ハイキング<その①>(ここをクリック)

*ラーチバレーの湖まで来て この『雪景色と風の中』・・・ 

  ランチにはちょっと早いしここじゃ寒いし・・・どうするか?
1


本来なら このまま 目の前のセンチネル・パス(Sentinel Pass)

 に登り・・・そこで『ランチ』だが・・・

  そこまでのトレールが凍っていたり 雪だらけ・・・

でも何人かのハイカーは登っていくので行けなくはないのかな?・・・

 少し登ってみて 様子をみようということになった
2


でもトレールは やはり所々凍っているとこもあり 

 雪が解けていても滑る・・・という いい状態ではない

結果;
今回の同行者女性メンバーの意見を尊重し ここまででストップ
 (ここでのハイキングが2回目くらいの人もいたしね〜)

 行きは良くても 帰りが滑って滑落という事態も困るし・・・ね
3


そこで ここからの 素晴らしい『黄葉&雪』景色を堪能し・・・
4


雪道の中での『ハイキング・ポーズ』も滑らないように 決め〜😅

  ま こんなもんで いいっしょ〜〜^^
5


そこから下山・・・

 風も冷たいし・・ 気温はもちろん低いし・・

  昼飯は 黄葉の木々の中が少しでも暖かいかなと 下りながら探す
6


この辺り・・・実に黄葉が綺麗

 特に『太陽が気ままに射す瞬間』 黄色が鮮やかに光る!!
7


その時を狙って シャッターを切る
8


黄葉林が近づいてきた

 この辺りで『ランチタイム』をすることにした

多少 暖かいだろうし この黄葉に囲まれて〜というのが素晴らしい
9


いい場所を見つけた

 そして ちょうど太陽も少し射してきて 少し暖かい

  今回の同行者の皆さんも この景色の中でのランチを堪能
10


僕も いつもの『おにぎりと黄葉』のコラボ写真〜〜😊
11


ランチをしている この場所の周りの眺めは・・・

 こんなに素晴らしい

寒くても・・・この『雪山・黄葉・蒼空』の眺めがあれば我慢できる
12


この辺りで1番高い山『Mt.Temple』3543m もすっかり雪
13
 

ラーチ(唐松)林 を通り抜け 下山・・・

 少し遅れ気味に晴れ間も見せ・・・

  そのときは 黄葉が輝く
14


たぶん・・・今が『黄葉真っ盛り』
15


センチネル・パスまで行かなかった分・・

 時間に余裕があったので アイフル・レイク方面(Eiffel Lake)にも

  少しだけ ハイキングすることにした
16


このハイキングコースは 

 テン・ピークスを左手に見ながらの景色最高のコース

  でも今日はあいにくの天気・・・
17


帰り際には 出発地のモレーン・レイク(Moraine Lake)

 が見えてきた
18


今日の歩いたところ・・・

 この赤い線のところですね

  トータルで 12〜13キロくらいでしょうかね・・
19


この日は日曜日だったこともあるけど 

 ものすごい数のハイカーでした(子供連れファミリーも多かった) 

  500〜1000人くらい??(めっちゃアバウトです😅)

   
お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

カナナスキスの『Barrier Lake』(バリアーレイク)のハイキング;崖っぷちの展望台からの眺めは絶景;黄葉が真っ盛り;頂上から国道1号線が見渡せる

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/19 /2016 (Mon)

今日は2016年9月19日(月)  バンフ  まぁ晴れかな〜

 昨日に続き・・・2日続きの『連チャンハイキング』です
 (流石に2日連続の山歩きは足にきますね・・・いい運動だけどね)

今日はカナナスキス・カントリーの

 『Barrier Lake View Point』バリアーレイク展望台
1


カナナスキス・カントリー(Kananaskis Country)の入口に近い場所に

 『バリアーレイク』(Barrier Lake)がある そこを午前11時出発
2


この写真の 真ん中辺りに 向かって歩く

 今の時期・・・とても黄葉が綺麗
3


湖岸沿いを1キロほど歩いた後・・・

 少しずつ登り始める・・・と こんなサインが見える

  その広い幅の道を登る
4


広くて登りやすい道 比較的 楽なハイキング

 ここはチャリダーもOKで・・・何組もチャリでこのように登っている
5


駐車場から 約1時間40分ほどで この展望台
 (早足ではありません・・)
6


やや曇り空だったけど・・・

 ここだけ太陽が当たっていて光り輝いている
7


この展望台から また登る

 この矢印のところを目指す
8


ここからは 少し急登

 こんな木の根っこだらけの登りにくい所もある
9


約15分ほどを登りきると・・・

 この『Prairie View』に着く
10


ここ 標高1905mとなっている(あくまで時計の高度計の計測です)

 ここまで 約2時間で登ってこられる(早い登りではないです)
11

  
先ほどの展望台が真下に見える

 この手前の岩の向こうは『絶壁』です・・・怖いので近づけません・・😅
12


とりあえず・・・ここで我が『ハイキング・ポーズ』です

 この写真の向こうは絶壁で 近づけません・・・ヤバイっす・・😅
13


そこで昼飯のおにぎりを食い・・・しばし休憩

 そのさらに上の・・サミット(ちょっとオーバーな言い方だけど)に登る
  (約1980mくらいの標高だと思う)

  その上からの眺めが以下の写真

手前に国道1号線が見え 向こうには1A(旧1号線)が見える
14


そして・・・向こうに見える山は・・・

 『ヤムナスカ』Yamnuska の山が!!
  (先週9月14日にハイキングに行った場所) 
15


ここでも 一応・・・『ハイキング・ポーズ』

 向こうは ここでも崖・・・覗くのも怖い・・・

  よって距離をおいて このポーズ  僕がヨロケても安全距離を保つ😅
16


この崖っぷちに長居は無用・・・

 下山することにした

  太陽が出てきて あたたくなり 黄葉も光ってきた
17


ここではラーチ(唐松)の木ではないけど

 この黄色は見事!!
18


Barrier Lake のトルコ石色 と 黄葉の黄色

 なんともいえない コントラスト
19


帰り道・・・

 こんな『淡い優しい景色の小道』があった

  心が癒される 素敵な小道だった・・・😊
20



お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

『ラーチバレー』Larch Valley の黄葉ハイキング<その①>;曇り空&霰(アラレ)が降る;『冬景色』と『秋黄葉』のコントラストは素敵 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/18 /2016 (Sun)

今日は2016年9月18日(木)  バンフ  <+11℃〜+2℃>
 
 今日は『秋の黄葉ハイキング』で 今 帰ってきました

場所はラーチ(唐松)黄葉で有名な『ラーチバレー』Larch Valley

 出発場所が超混み混みの『モレーンレイク』なので早めに出た

早朝8時14分には この駐車場に着く 

 去年ほどではないが もうそこそこの車の数
1


さぁ〜これから出発

 ここはクマさん達が多いので4人以上でないとハイキングできない
2


登り始めは 普通に針葉樹の林・・・

 天気は午後から晴れる予報・・・期待してるが さぁ〜どうなのか?
3


約1時間15分ほどして 見晴らしのいい場所に来る

 が・・・曇り状態のままで気温は低い  寒い
4


ラーチ(唐松)の黄葉は 綺麗に萌えているが・・・

 空が暗い・・・

  『テン・ピークス』の雪山がハッキリとしない・・・
5


時折 パッと陽が射した時

 綺麗な 明るい黄金色に輝く
6


曇っていると ・・・それなりには綺麗だけど・・・

 明るい黄色が・・・くすむ・・・
7


でも パッと陽が射すと・・・

 このように『明るい黄色』が!!
8

 
空からは 雪というか 霰(アラレ)が降ってきて

 全然 あたたくならない・・・手も冷たい・・・

  トレール脇にも雪が少し積もっている
9


でも・・・『雪山と黄葉』の景色は・・・綺麗
10


 素敵なコントラスト
11


今日のハイカーも 予想外の寒さに しっかり冬服装

 そして・・・やっぱり寒そうだ
12


そんな 『冬の景色』と『秋の黄葉』
13


不思議な眺めではある・・・
14


決して嫌いな眺めじゃない・・・

 白黒の世界ではないけど でもそれに近い眺め
15


ラーチバレー・メドー(Larch Valley meadows)

 小さな湖の前で 寒いけど『ハイキングポーズ』
16


そして 登ってきた方向の『テン・ピークス』前で

 今回のメンバーの人たちと集合写真
 (左から筆者、Tさん、Yさん、Mさん)
17


 この写真は 空が暗いので 映えないね・・・

さて・・・今日の弁当 どこで食うか・・・

 通常ならこのまま センチネル・パス(Sentinel Pass)まで行き

  そこでランチなのだが・・寒いし道は雪だし・・どうするか? 

 同行者の人たちの意見も聞くことにして・・・
  (下記写真はセンチネル・パスです)
18


 *次回ブログ(明日か明後日)に続く・・・
      (写真をいっぱい撮っちゃったので😅)


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『Yamnuska』(ヤムナスカ)の軽いハイキングで『キノコを食うリス君発見』;『蒼空』と『白樺』と『黄葉』のコントラストが素敵

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/15 /2016 (Thu)

今日は2016年9月15日(木)  バンフ  <+22℃〜+7℃>
 
 今日は『秋晴れ&暖かな日』です

  午前〜午後にテニスをやったけど 気持いい日和でした

今日のブログは『Yamnuska』(ヤムナスカ)ハイキングの続きです
  
 まず!! 久々の『リス君登場』です〜〜^^
1


この木々の中に動くものを見つけ 「何?」と思ったら

 リス君 ・・なんと!! 口にくわえているものは・・・

『いつもの松ぼっくり』ではなく『キノコ』😅

 「えええ? リス君って・・・キノコも食うのぉ〜?」・・・
2


  「えええ? それって・・松茸?」と一瞬思ったが・・・
3


よく観ると・・・違うようだ

 もし松茸だったら「どこで見つけたのか」問い質したのに 😅

それにしても 一心不乱に食っている  きっと旨いのだろう〜
4


だって・・・こんな顔 見ちゃったし〜〜😅
5


・・・と このリス君の昼飯ばっかり見てると

 先に進まないので・・・登る

  森林地帯を抜け出し・・・青空が見えてくる
6


ヤムナスカ山の頂上も 見えてくる

 黄葉と森林地帯の緑  そして蒼い空
7


この日は 頂上は目指さず・・・黄葉見学目的なので

 見晴らしのいいところで ストップ & おにぎり弁当
8


そこで再び しつこく いつもの奴・・・😅
9


ここからは『ハート型の湖』が見える
10

  
ヤムナスカの黄葉・・・

 ここの素晴らしいところは『黄葉』『白樺』『蒼空』

その『3点セット写真』が これ
11


12


13


こんな赤っぽく色づいているところもあります
14


そして・・・下の方では 木々が密集していて 淡い緑

 このような眺め・・・
15


いろんな『景色・眺め・色』が楽しめるハイキング場所でもありますね

 さて・・・次回は どこの黄葉でしょうか〜〜😊


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『Yamnuska』(ヤムナスカ)の軽いハイキング;今年のヤムナスカ黄葉は?;ここは白樺と青空と下草が綺麗 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/14 /2016 (Wed)

今日は2016年9月14日(水)  バンフ  <+21℃〜ー2℃>
 
 朝は マイナス気温です   よって朝は涼しいです〜〜😅

  でも 昼は暑くなってきて なかなかの秋日和

今週 天気がヨサゲなので 軽いハイキングに行くことに〜

 場所は『Yamnuska』(ヤムナスカ)
1


この秋の時期・・・何処のハイキング場所も このサインがある

 『You are in bear country』

「君たちゃ〜熊の生息場所にいるけんね わかっとるかぁ〜」

・・・というような 意味じゃけん(どこの国の言葉やねん😅)

特に!! 今の時期はベリー(イチゴなどの木の実)のシーズン

 これを食いに『熊くんたち』が喜んで来る
2


ハイキング・トレールの入口にも これ!!

 しつこく「熊くんがいるけんね〜〜」と・・・
3


ハイキング入口から すぐ・・・

 「あれ・・? もう黄葉始まって葉っぱが落ちてる?」
  (*正面の白く写っている山はヤムナスカです)
4


ま・・そこそこ黄葉しているが

 落葉も多い・・・
5


でも・・・登るに連れ・・・

 赤っぽい黄葉から・・・少し緑も・・・
6


ここなどは まだ緑色

 こんなに差があるというのは 

  その場所の気温・風・陽当たりに左右されるのか・・・
7


この白樺の木々・・・それが綺麗
8


青空が綺麗で そのコントラストがいい
9


また 少し登ると・・・

 またまた黄色が増え 徐々に綺麗に
10


なんか・・・綺麗だぞ〜
11


ここなぞは・・・下草が赤色も出て すっごく綺麗
12


13


登山口から約30分弱登ったところに

 自然のビューポイント(展望台)がある

  そこからの景色・眺めです
14


15


同じ場所からだけど・・・少しズームアップしてみると

 このくらいの・・・黄葉状態

  まぁまぁだけど・・・例年の凄いのよりは少し劣るかな?
16


17


ここまで・・・大して歩いてないけど

 とりあえず〜!! 大きさ比較で『ハイキングポーズ』です
18


そのあと・・・もう少し登ります〜〜

  明日載せます  久々のリス君も登場です〜〜^^


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

昨日の続き;久々のハイキングで『Arnica Lake』(アーニカ・レイク)に行く(その2);『黄葉&紅葉』;『アートの世界』の風景;『Vista Lake』(ビスタ・レイク)はすっかり紅葉&黄葉

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/13 /2016 (Tue)

今日は2016年9月13日(火) バンフ <快晴> 

今日のブログネタは 昨日の続きの・・・

 『Arnica Lake』 アーニカ・レイク<その2>です

写真の気に入ったのがまだあるので それを載せますね
 
 これは『アートの世界』だと思う 写真の数々
1


2


3


どうですか? ほぼ同じ場所からアングルを変え

 いろんなように撮ってみました

  完全な自然の『アート』でしょ? 😘

この景色を見ながら ハイキング弁当(おにぎり)を食ったけど

 周りの芝生などには 残雪がいっぱい & 唐松の黄葉
4


5


充分に この景色を堪能した・・・

 ・・・今回のメンバーの記念写真

  こんな最高な条件では なかなか撮れないからね〜
6


7


太陽はいっぱい輝いていて 気持ちいいけど

 ちょっと雲間に入ると いきなりの寒さが来る気温

  最後にこの素晴らしい景色の別れを告げ 下山することにした
8


朝・・・登ってきた途中の『Castle Mountain』の横筋に

 雪がべったりとあったが 今はもう解けてしまっている
 (*比較写真は 昨日ブログの雲海写真を参照のこと)
9


下山は サッサと下りてきて

 朝方には ガス(霧)で視界が悪かった『Vista Lake』
10

  
こんなに綺麗になっていて 快晴に近い
11


湖の緑が美しい  

 これが自然の色なのか・・・と疑ってしまうほど
12


ここの下草&小さな木々は すっかり『黄葉&紅葉』
13


ここは『真っ黄色』
14


そして・・・午後3時40分

 出発時にはガスってて 何も見えなかったが

  今は このように綺麗  

この『赤印』のところをハイキングしてきましたぁ
15


北斜面の山は・・・

 まだまだ雪がべったりと残っていましたね
16

 
 *素晴らしい景色の中のハイキング とてもよかったです


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

久々のハイキングで『Arnica Lake』(アーニカ・レイク)に行く(その1);黄葉&紅葉も綺麗;雪山と上下対称の景色は『アートの世界』;朝の気温は±0℃で寒い

Category: ハイキング&キャンプ Banff  09/12 /2016 (Mon)

今日は2016年9月12日(月) バンフ <晴れ> 

 <+12℃〜+0℃> という予報だが 晴れということで・・・

  久々のハイキングに行った(久々なので軽めのにね〜〜😅)

ここです
1


Vista Lake と書いてあるけど・・・

 『Arnica Lake』5.1km (片道)にハイキングすることにした
2


晴れとは言っても・・・気温は低く・・・(約±0℃)

 朝から この霧・・ガス・・・午前9時40分でも峠は見えない状態
3


ここのハイキング出発点は 峠の上にあるので・・・

 最初の120mは 下山・・・することになる
4


まだガスが出ていて・・・寒い・・・

 朝の気温が0℃ということで ダウンジャケットを着ても寒い

  しばらくすると・・・『Vista Lake』が見えてきた
5

 
この湖岸沿いでは『紅葉』&『黄葉』が始まっていて綺麗
6


ここで 今回のハイキング友人たちの女性たちです(Kさん・Yさん)

 太陽がまだ出ないので 寒そう〜〜です
7


出発して 約40分で この橋に来て そこを渡る
8


約1時間10分後・・・

 太陽がガス(霧)の上から出てきて 明るくなってきた
9


山が綺麗!!

 雪山の半ばのラーチ(唐松)の木が黄葉している
10


この高さまで来ると・・・気温も低く・・・

 周りの木々・草花が まだ凍っている
11


ガス(霧・雲)の さらに上まで登ってくると

 そこには『真っ青な空』

  『雲海』が綺麗に見え 遠くの『Castle Mountain』も凄い!!
12


目的のアーニカ湖に近づいてくると

 そこは昨夜の雪が トレールにまだいっぱい!!
13


周りの木々も 雪だらけ
14


そして・・・登り始めて(下りもあったけど)約2時間20分後・・

 「来たぁ〜〜〜」 久々の・・・

『Arnica Lake』 アーニカ・レイク
15


湖は静かで・・・風もなく

 『上下対称の絵』が 『アートの世界』でとっても美しい
16


ここで 久々の『ハイキング・ポーズ』

 ここのアーニカ湖でやるのも めっちゃ久々です〜
17


*今回は景色が綺麗で 写真をいっぱい撮ったので・・・

 その続き写真を後日(明日かな)に載せたいと思います

 また ご覧くださいね〜〜 よろしくです〜!!
  
 
お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『Chephren Lake』(ケフレン湖ともチェフレン湖とも)へのハイキングです;登山途中で「熊が出たぁ〜」ということで急遽下山

Category: ハイキング&キャンプ Banff  08/13 /2016 (Sat)

今日は2016年8月13日(土)  晴れ ハイキングです

  今日はハイキングの日です

場所は3年前に歩いた『Chephren Lake』(ケフレン・チェフレンとも言う)

 この日のメンバーは4人です

朝8時半集合・・・今日はいい天気  晴れです

 こんな日は車を走らせていても 気持がいい
1


途中の『Herbert Lake』ハーバート・レイク

 朝のうちは風もなく 上下対称に映っている
2


出発点の『Waterfowl Lake』水鳥湖

 ここも綺麗に湖に映っている ^^  朝は風がなく いいね
3


本日のハイキング場所 ここ『Chephren Lake』

 片道たったの3.5km 標高差80mと とても簡単ハイキング
4


歩く前に この『真っ赤な美味しいそうなラズベリー』を発見

 秋に多い『ベリー類』は 『熊たちの大好物』(⬅️注意)

  ま・・まさか これが後ほど影響してくるとは・・知る由もない
5


さて・・・簡単なハイキングな分 ゆっくりと行こうということになった
       (仕事などでお疲れの人もいたしね〜^^)

 ここは苔が多く湿地帯も多い 

  湿度が高く それゆえキノコが多い

途中で多くの 変わったキノコ発見  

 この黄色の塊・・・変な形だけど・・多分キノコ
6


めっちゃでっかいキノコもあり

 ここでは生育がいいらしい〜〜^^

  これまるで 椎茸のような表面 でも食べないよ〜😅
7


このパンケーキのようなキノコもデカかった〜

 僕の靴と比べても この大きさ
8


今日のメンバーの女性のひとりSさんと比べても このようです
9


蝶もいた・・・いや・・・蛾かもしれない・・・

 昆虫学者じゃないので よく分からん〜〜😅
  (僕自身はどっちでも構わんけどね〜〜)
10


途中の草原・・・なんかいいなぁ〜 この風景・眺め・・・

 ここにテント張りたいなぁ〜希望 熊さえ来なきゃ・・・

  なんて言ってた・・・
11


・・・そう言ってたら・・・

  途中で追い抜いて行った15人ほどの団体・・

 すぐに引き返して来て・・・「く・・熊が出たぁ〜」と!!

   「な・・・なに!?」 「熊?・・・」・・・

熊も 動物園とか車の安全な中からなら 構わん!!

 だが・・・間近に見るもんじゃない それも柵もなしで・・

  それを聞いた後・・・熊撃退スプレー & 笛

これを前面に出し 笛をピーピー吹きながら歩く
12


そしてすぐに 目的地の『Chephren Lake』に着く

 この時も めっちゃ熊を警戒〜〜
13


とりあえず・・・湖を撮影^^;

 綺麗だなぁ〜〜 この景色で昼飯食いたいなぁ〜〜
14


本当は ここでまったりと昼飯予定だったけど・・

 熊が間近に出た・・なんて聞いた後 飯などゆっくり食ってられないし・・

  で・・・今日のメンバーの集合写真のみで・・退散
15

 
俺も・・・とりあえず。。。ここでもいつも奴

 ハイキング・ポーズ のみ・・・
16


熊くんが出没ということで・・・大きく予定変更

 ま・・これもしょうがない  今ここで皆、無事なんだから〜😅

下山道・・・俺は笛をピーピー鳴らしながら・・・

 女子連は 声を大声を出しながら・・・

それでも このコケ類の眺めを 時に見ながら・・・
17


18


結果・・・ 何事もなく下山・・・

 こういうハイキングも ここではあるでしょう〜〜^^

で・・・昼飯は 登山口のキャンプ場の横の・・・川・・・

 ここで ゆっくり・まったりと飯を食いましたぁ〜
19


いつものおにぎり弁当だけど・・・

 いつ どこで 食っても旨いよね〜〜^^
20


*ハイキングから帰ってきて・・・

 ジントニックを飲みながら書いて 少し酔っ払ってきましたぁ〜^^


お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

天気不安定の中の晴れ日に『レイクアグネス』(Lake Agnes)に行く;『朝霧のレイクルイーズ』がめっちゃ綺麗;リス君と戯れる

Category: ハイキング&キャンプ Banff  08/07 /2016 (Sun)

今日は2016年8月7日(日)  ほぼ晴れ  バンフ(カナダ)
 
 朝9時・・なんとなく空がハッキリしない・・・

  曇りなのか 雨が来るのか・・と思って外に出ると霧?・・

さて・・今日はハイキングの日・・どうするか?と思ったが・・出発  

 天気が良い方に行きたいと思ったが どこが良いのか迷う

日曜日の『レイクルイーズは超混み』なのは分かっていたが

 とりあえず 行ってみることにした

  駐車場は ギリでセーフ  なんとか駐車できた

でも10分遅れたら 空きを待つしかない状態の混み方

 空は霧だが・・なんとなく明るくなってきて 多分晴れる
1


レイクルイーズ(Lake Louise)朝霧でこんなにガスっていたが・・

 数分で・・どんどんと変化
2


おおお!! 山も湖面も見え始めた

 これ・・・めっちゃ綺麗かも〜〜^^
3


あまりに綺麗な『霧のレイクルイーズ』なので 写真を撮りまくり〜😅

 デイジーの花々と 霧のレイクルイーズ
4


観光客も この朝の急激な変化には喜んだだろう〜〜
5


最近の『天気の急変&突然の雷雨』などで 今ひとつ天気が読めないので

 いつでも引き返せるように 近場の『レイクアグネス』(Lake Agnes)

  を目指して登る   ここは 比較的簡単ハイキング

途中・・・雲海が見える・・・珍しい〜〜(午前11時半頃)
6


ゆっくりと歩いたので 約1時間半ほど掛かって

 『レイクアグネス』(Lake Agnes)に到着
7


天気は良く 日曜日でもあるし 人が半端なく多い

 ここの『Tea House』は 超満員
8


もちろん こんな超混み混みの所でランチなどしたくないので

 湖の反対側まで歩く
9


少し歩くだけで 静かだし 景色も抜群にいい
10


途中には 花々もまだいっぱい咲いている

 『Four-parted Gentian』(リンドウ)だと思う
11


この大好きな花『Spotted Saxfrage』(ユキノシタ)もいっぱい
12

 
そして 天気の急変もなく・・・(最近多いので)

 『レイクアグネス』(Lake Agnes)の反対側に着  綺麗だ
13


横に広がる山々も 素晴らしい

 ここはいつ来ても素敵な景色を見せてくれる〜^^
14


今日は 軽いハイキングにしたので(メンバーの関係もあるが)

 標高差は時計の計測で『383m』(正確ではないですよ)
15


腹も減ったので ここで弁当

 毎回写真を載せてる『おにぎり弁当』だ

  それを食おうとすると・・・リス君・・・接近
16


顔が『にこやか』だ・・・機嫌を俺にとってる???😅
17


そして・・・おにぎりの入った器の側に来て・・・

 「ねぇねぇ これちょうだいよ〜〜〜」とせがむ
18


野生動物に食物とかあげるのは禁止だ
(その癖がついて自分で探さなくなり後ほど死んでしまうので・・・)

 だから・・・「ごめん・・あげられない・・😢」というと・・

「なんでもいいからさぁ〜」としつこくせがむ・・・

  リス君は好きなんだけど・・・でもごめんね・・・
19


そうだ・・・リス君と遊んでいて・・・忘れるとこだったぁ〜と・・・

 これこれ 我が『ハイキングポーズ』

  今日は なかなかにいい天気の中のハイキングでしたぁ〜^^
20




お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『ハーリン・ピーク』Ha Ling Peak への登山;8月1日祭日で超混みの登山;頂上からの眺めは絶景;キャンモア町が全面に見える 

Category: ハイキング&キャンプ Banff  08/01 /2016 (Mon)

今日は2016年8月1日(月)  晴れ  バンフ(カナダ)

 今週の天気予報は『今日1日だけ雨マークがない』

  その絶好の日を生かさないわけにはいかない

・・と そんな大袈裟なことではないけど(笑)・・・

朝6時前に起床  7時に車でバンフの隣町キャンモアに行く

 隣町キャンモア(Canmore)に聳える山『Ha Ling Peak』に登ることに
1


早朝7時50分過ぎ・・・ 登山口の横の駐車場は日陰だ

 車が2台止まっていただけ
  (帰りには満車&道路にも駐車していた)
2


3


駐車場から道路をはさんで反対側に渡り

 そこにある橋を渡る
4


その橋を渡ってすぐに 電線・電信柱がある 目印だ

 その脇の道を通る
5


そこには こんな石の塔と・・・
6


『HA LING MINERS PEAK TRAIL』プレートがある
7


そこからすぐに登り始める(午前8時8分すぎ)

 木の根っこが多くある 登りにくい登山道
8


木々の中を歩く・・・ブッシュの中で可憐に咲いている花々もある

 『急斜面の登り』で 登山者のほとんどがキツイ 

  道沿いの花々に目をやる余裕もない・・・でも・・・

紫色の『リンドウ』が数多く咲いている ^^
9


標高約400mを越えると・・・

 遠くの山々の景色が素晴らしく清々しい〜^
10


木々も少なくなり低くなってくると

 日陰の登山道に陽が当たり始め 

  一見 日の出のようだが とっくに日の出は過ぎている
11


そして真っ青な空の中に突入!!^^

 木々が低くなり 太陽がガンガンと当たる 

  でも出発が早かったので まだ気温が低く(多分10℃くらい?)

 手が冷たいし 身体もそんなに暑くはなっていない
12


ここからは 完全なガレ場・・・

 斜面はずっと!・・相変わらず急だ
13


もう頂上も近い
14


もう少しだ 心臓もバクバクいっているが・・・

 『You Can Do It』
15


登ってきた後ろを振り向くと・・

 今まで登ってきた登山道がよくわかる
16


もうほとんど頂上 ^^

 朝8時8分に登り始めて 頂上に10時着
17


頂上でいつもの『ハイキング・ポーズ』は

 右側が絶壁で『危険&怖い』のでやめた 😅
18


ここで高度・気圧・標高差など測れる時計で『測定』
 
 もちろん 絶対の正確性はない(おおよその測定)

『標高』2428m
 (書物には2408mと書いてあるのもある)
19


駐車場からここまでの『標高差』790m
 (書物には741mとか700mとかいろいろある)
20


頂上からの眺めは こんな風 ^^
21


22


23


『怖〜〜〜い崖下』を覗きながら・・・カメラを向ける

 眼下には『キャンモアの町並み&国道1号線』が見える
24


眼下に見える左手の湖からの眺めは このように見える
  (下山してから撮ったものです)
25


そんな景色を堪能し眺める・・・天気は最高  風もない

 登山には 最高の条件だ

  その中で いつもの『おにぎり弁当』今日はキューリ付き😊
26


目の前の『リス君』が絶壁に 余裕で座ってる
 (ついついリス君を撮ってしまう俺)

 「こいつ・・・怖くないのかなぁ〜〜😅」
27


昼飯を食いながら(と言っても10時過ぎに食ってるけど)

 今回のメンバー3人で集合写真
 (女性たちはタフなお2人さんです;僕はひ弱です〜😅😊)
28


同じピーク(頂上)では ビーチの装い(?)の元気印の女性も!!
29


下山は 10時44分に頂上を発ち 登山口に11時57分着

 結局 登山時間;1時間52分
    下山時間;1時間13分


    頂上での昼飯&写真時間;44分
30


結構な ハイペースでした・・・

 僕自身はスローペースなんですが・・・
   
   女性2人に引っ張られましたね 😅



お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)

  


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『Elbow Lake』&『Rae Glacier』エルボウ湖&レイ氷河へのハイキング;ここの氷河も後退していた

Category: ハイキング&キャンプ Banff  07/30 /2016 (Sat)

今日は2016年7月30日(土) <バンフ> <+20℃〜+9℃> 

 朝は快晴!! これはいい天気で暑くなるぞぉ〜の晴れ具合

で・・・朝8時半に出発  カナナスキス方面に〜 

 ここ『エルボウ湖』&『レイ氷河』Elbow Lake & Rae Glacier
1


片道 約4キロ(往復8キロ)のハイキング

 ここは 途中の湖までは馬乗りもOKのようで 

  この時にも 乗馬で優雅(?)に行く人も〜
2


僕たちは(3人) もちろん歩きです〜〜

 朝日が暑く感じてきた(この時点でも気温は20度以下)
3


トレールを午前10時に出発

 エルボウ湖に10時半着  30分でこの湖に着く
4


綺麗な湖で この横にはキャンプ場がありキャンプする人も多い

 簡単ハイキングで この美観の場所にテントを張れるので

  家族連れも多く テント組も多い
  (焚き火もでき薪もいっぱい置いてあった^^)

ここは意外に穴場のキャンプ場かもしれない
5


そこからさらに進む・・・登る

 3年前の洪水の爪痕が・・・まだ残っていて このようになっている
6


右側の方に道(トレール)があったが 

 そこは 洪水が運んだ土砂・石が破壊したようだ・・・
7


そこでこのケルン(石積みの印)を目指し歩く
8


少しずつ・・・レイ氷河(Rae Glacier)が見えてくる
9


フッと登ってきた後ろを振り向くと・・・この眺め・・^^
10


とっても ちっちゃな・・リス君がお出迎え〜〜^^

 高山に住む動物たちは 花々のみならず 小さい  でもタフ
11


ガレ場を 急ではないが登る

 木々は一本も生えてはいない
12


出発して 約2時間後・・・ここ『レイ氷河』に

 ちょっと前までは もっと大きかったようだけど 今はこれ
13


この氷河湖の赤ちゃんも・・ちょっと前までは凍っていたらしい
14


なんか・・・茶色の汚い塊っぽいけど・・

 ここはレッキとした氷河の端っこ!!

  ここまでたったの2時間で来られる
15


色は・・・ほんとに汚くなってしまって泥色だけど

    『氷河』です
16


時計の高度計で『2371m』(誤差はあります;正確ではありません)
17


標高差はこれ『408m』(これに正確ではないです)
18


じゃここで・・・いつもの・・・

 『ハイキング・ポーズ』を〜〜^^
19


腹も減ってきて 弁当

 これもいつもの・・メニュー変わらずの『おにぎり弁当』
20


昼飯を食い終わった後から・・・

 パラリと雨が・・・大降りじゃないけど 少し来た
21


そこで撤収して下山〜〜

 帰り際・・・高山の花々が綺麗に咲いていました
22


『ウィンターグリーン』Wintergreenも団体で咲いていました
23


帰り道の道路沿いでは・・・

 『グリズリーベア』も見かけましたぁ〜
24



お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫