Category: ペルーperu(2007年)の記事List (Entry順)

| | OLD ≫

『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その3

Category: ペルーperu(2007年)  11/01 /2011 (Tue)


今日10月31日(月)(カナダ西部は まだまだ10月です)

  この時期 まだバンフにいることは 珍しい・・というか 久々の我・・・

   『ハロウィーン』の日なので その写真を載せたいんだけど

     まだ 始まっていない(今は午後3時過ぎ)・・・


夕方から夜にかけて 子供たちとかが仮装して現れるんで

  たぶん・・・後ほど写真を撮りに行きます〜〜〜

     よって・・・明日あたりの ブログ・アップということになるでしょうね〜


      * * * * * * * * * * *


  そこで 今日は 昨日の続きを 終らしちゃいましょう〜〜

    いよいよ!!

『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その3

    の 『コンドル発見なるか〜〜?』 です!![#IMAGE|S6#]


(* 文章も昨日からの続きになります〜)


  さぁ〜〜途中の村の『ジャンケ』(Yanque)を出る

   朝日が やっと 出始めて来た頃・・・





  こんなジグザグの道を通って

    山奥にどんどんと入っていく・・・





  コルカ渓谷というだけあって

   渓谷っぽくなってきたぞぉ〜〜〜[#IMAGE|S43#]


 それにしても この辺り・・・『棚田』が多い・・・

  「ここはネパールの山奥!!」と言われても 「そうなんだぁ〜」と思ってしまう
  
     そんな風景は やはり山岳地帯の景色





  そして ほぼ予定通り 8時ちょっと過ぎには

   目的地の『コルカ渓谷』の入口に着いた





  ここから この渓谷沿いに歩く・・・

   北米のグランドキャニオンとは 規模は違うが・・・


    ここの渓谷は 趣が違う『渓谷』という『いい感じ』だ





  ここは 展望台の『クルス・デル・コンドル』(Cruz del Condr)





  こんな上の方で観るのだ

   ここの谷までの標高差が1番深いところは 3400m と言っていた

    ・・・が・・・この辺りは 1400m らしい





  3メートルもの巨大コンドルを 一目みたいと思う人は やはり多い

    みな 朝 早く来て 「今か今か・・」と待っている

     見学者の人数も増えてくる・・・[#IMAGE|S5#]


    『そのとき!!!』


  


  青空の中に・・・

   『黒い・・・点が・・・』

  「おお〜〜〜もしかして〜!?」[#IMAGE|S5#]





  『来た〜〜〜』!! [#IMAGE|S49#]


   これが コンドルかぁ〜

    まだ 3メートルという 実感は湧かない・・・距離が遠い





  少しずつ 近づいてくる・・・

   興奮してくる!![#IMAGE|S53#]

   
 2007年2月には マチュピチュの『ワイナピチュの頂上』で

   『エル・コンドル・パッサ』(コンドルは飛んで行く)を

     オカリナで吹いたが そんな余裕はない・・・[#IMAGE|S37#]





  そのとき・・・

   野うさぎが・・・

   「あ・・あいつ・・さらわれちゃうぞぉ〜」[#IMAGE|S7#]


  でも コンドルだって この時間は 朝飯時間・・・

     やられてもしょうがないのか・・・[#IMAGE|S2#]





  来た来た〜〜〜 別のコンドルも

   といって そう何匹も来るわけじゃない・・・

    
     この日 3匹くらいは観た


  「もう少し 近づいてくれないかなぁ〜」と思っていたところ!!





 「ひゃ〜〜〜来た〜〜〜」

   カメラが 間に合わない・・・

    メッチャ 間近に!! 『超接近!!』


  写真・・・ボケてしまった・・・


  でも 『3メートルコンドル』の姿は しっかり目に焼き付けた!!


    ほんとに 『デカイ』!!!


     かつ 『カッコイイ』!!


  帰途は『満足まんぞく〜』で 

   車中で眠りながら帰りましたぁ〜〜


 『コルカ渓谷』の『3mコンドル』本物だった〜〜〜!!という思いを抱きながら・・・[#IMAGE|S43#]


(*注;これも自然動物のことなんで 必ず観られるとは限りませんのであしからず)







*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その2

Category: ペルーperu(2007年)  10/31 /2011 (Mon)


今日10月30日(日)のバンフ・・・曇りです

  小雨が午後になって ほんの少しだけ降ったかなぁ〜(感じないくらいだけど)

   小雨ということは 気温はマイナスじゃない・・・っつうことですね〜

     午後の1番気温が高かったのが +7〜8℃ と出てました(ネットで)


   比較的 まだ 暖かいのかなぁ〜〜〜


   * * * * * * * * * * *



  では〜 今日は 昨日の続き〜 です


 『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その2





  『チバイ』(Chivay ;標高3633m)という村で 

    この日は泊まることになったのだが


  着いたその昼飯に この『肉の塊』を・・・





  見た目・・・もう・・・ただの塊になってしまって

     原型を留めていない・・・


  その『原型』を・・・「見たい〜?」[#IMAGE|S8#]





  以前にも登場した『クイ』(日本語名:天竺ネズミ 英語名;ギニーピッグ)


    南米アンデス地方では 重要なタンパク源なんです!!

     かつ お祝いとかの時にしか食えない高級肉 [#IMAGE|S5#]


・・・といって 我・・・ま 別に好んで食いませんが・・・

     でも 出されれば『拒否せず!!食います』[#IMAGE|S37#]

       (これ・・・一人旅の原則!![#IMAGE|S6#])





  こんな風に 皿に盛って サラダとかいろいろと出れば

   『ネズミだろうが何だろうが・・・ただの肉』です〜[#IMAGE|S6#] 


 まぁ〜〜やや 骨が多く さして『美味い』!!と叫ぶものではない

 ・・・と個人的には思いますが (アンデスの人たちには申し訳ないけど)[#IMAGE|S42#]


  その昼飯後 近くの温泉に入りに行き 一息[#IMAGE|S43#]
 
   ここは『温泉プール』スタイルで 『Calera温泉』と呼んで現地では有名です





   夜には 宿の近くの(小さな村なんで 何処でも近いけどね〜[#IMAGE|S3#])

    『ペーニャ』(Peña)(フォークローレ音楽などをやっているところ)に行き

      そこで 飯も食う


  田舎だけに ここの『ペーニャ』・・・上手くはない・・・(演奏とかね)

    でも その田舎っぽさが いいのかもね〜


  翌日は 5時起床なので 10時頃に寝始める・・・[#IMAGE|S14#]

    ・・・が!! 隣にある『Disco』ディスコ[#IMAGE|S70#]

   音楽が ズンドンズンドンと・・・夜中の2時半まで ウルサイ!![#IMAGE|S22#]





  それでも 翌日は 5時前に起床!! 寝不足!![#IMAGE|S7#]


   5時半に朝飯 6時出発!!

 何故 こんなに早い出発かと言うと

  『午前9時前後』にしか 『強大3mコンドル』は 現れないのだ!!


   その現場まで行くのに 約2時間以上はかかる!!





  途中 この『Yanque』村;(『ジャンケ』もしくは『ヤンケ』と発音) 

    の村に立ち寄る  村人の女性たちが 歓迎の踊りを披露!!

     (他にも『Maca』村(マカ)にもね)




 
  このとき まだ 朝の6時20分  「みな・・ハヤッ!!」


   もちろん お土産なども しっかり売ることは忘れない〜[#IMAGE|S9#]





  この頃になると 空も少しずつ 明るくなり

   雲の様子も 美しい〜〜[#IMAGE|S16#]


  我は お土産系には 見向きもせず・・・(ゴメンね〜)


    美しい朝の写真を 撮っていた〜〜





  だって!! 

   この『朝の光』と『明け方の空』と『地面』





   こんな風景 滅多に見られるもんじゃない!!


    カメラと 頭の中に しっかり焼き付けておかなきゃ〜〜〜!!


  この2枚の写真は 『我がお気に入り写真殿堂入り』[#IMAGE|S49#]しました〜!![#IMAGE|S38#] 



  そして!! いよいよ 『3mコンドル』を見学に〜〜!!

     果たして 見ることが出来たのか・・・

    (もちろん自然のことなので観れなかった人もいる)



 続きは 『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その3 で〜〜

   「引っ張るねぇ〜〜〜」[#IMAGE|S13#]

    「すんまへん・・・載せたい写真が多いんで・・・」[#IMAGE|S6#]

      「次回は コンドル登場です」




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村






Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その1

Category: ペルーperu(2007年)  10/30 /2011 (Sun)


今日10月29日(土)

  バンフです〜 雪ではないけど 風がやや強く寒いです〜

   明後日は『ハロウィーン』のせいか バンフ町中は意外に人が多いです


      * * * * * * * * * * 


今日は『旅ネタ』でいきます

 (*これからの記事は 過去に書いてると思ったけど(一部は書いてるけど)

    その記事&写真が見付からず 再度 詳しく書きます)


 ペルーのアレキーパ郊外に『コルカ渓谷』というところがあって
        (スペイン語で『Cañon del Colca』)


   そこの売物は『3mもの大きなコンドル』を観ることが出来る

     というもの・・・

やはり その『巨大な鳥を観たい』衝動に駆られ 行くことにした〜



  2007年4月29日朝8時に アレキーパの町を出発!!(車です)





  アレキーパの標高は『2335m』 

   そこから さらに登って 1番高い所は『4900m』もあるらしい・・・[#IMAGE|S5#]





  「ここらへんは 55キロのスピードに落とせ!!」

   「なにせ ビクーニャの生息地だからね!!」と警告看板


     その『ビクーニャ』(Vicuña)というのは 





  こんなかわいい動物だ [#IMAGE|S16#]

   彼らは『アルパカ・リャーマ・グアナコ』と親戚でもある

    よって 姿&形は似ている〜

   
  もちろん 上記の写真は ここで撮ったもの!!





  そして 標高4000mは 軽く超えると〜





  今度は 『リャーマ&アルパカ』(Llama & Alpaca)君たちが・・・


  


  「ちょいと 道路渡るんで お待ちおくれやすぅ〜〜〜」と・・・ 


  おお〜〜〜ちゃんと 左右確認して渡ってるやん!!

     かわいいだけじゃなく 賢い!!





  「もう・・僕ら渡り切って この辺で 食事してっから・・・

     君ら・・・行ってもようござんすよぉ〜」 と・・・





  なんとも 『牧歌的な風景』を観ながら [#IMAGE|S43#]

    さらに走ると・・・





  こんな標高の高いところに

   「んんん・・・? お土産屋さん〜?」





  それも 『露天』・・・!?


   いやいや・・・なんとも商魂逞しい!!

    僕は チョイと見て・・・風景だけ写真に収めて来ました〜[#IMAGE|S6#]





  そして 『チバイ』(Chivay;標高3633m)という村に

 アレキーパを出て 4時間後の 昼12時着き自由時間 今日はここで宿泊です


   昼飯を食い 宿に入り休憩して 午後3時に『Calera温泉』に行き

    明日に備え 夜は 早めに寝る・・・[#IMAGE|S14#]


*次回・・『コルカ渓谷』(Colca Canyon)への『3mコンドル見学』その2 に続く



 *これは『コルカ・キャニオン』ツアー
  (アレキーパの宿 朝8時出発 翌日午後4時帰宅)

  1泊2日の行程です この時はミニバスに10人乗り合わせ

  往復ミニバス代 ガイド 宿付き で一人US$23ドル
              (2007年4〜5月の時点で)



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村






Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

今年2010年の出始めの旅はペルーから

Category: ペルーperu(2007年)  01/06 /2010 (Wed)

  *日本での記事がないので ちょっとペルーに〜〜*


今年度の出始めの旅は 『南米』


カナダのバンフの隣町カルガリー空港から 

     トロント経由にて ペルーの首都リマに飛ぶ


        <リマ=クスコ間のフライトから アンデス山脈を望む>


リマでたぶん 3〜4日休憩して そこから ワラス(Huaraz)に行くかな〜


そこは アンデスの山々に囲まれた町 (ここはお初)


ただ・・・時期は雨季で 山々は見えないかも・・・

  よってシーズンオフで 観光客も少なく その分 楽かなと思ってる


    なにせ 混んでいるのが嫌い・・・


 様子を見て しばし町(村かな)で 暮らす感覚でいいかなぁ〜って思っている


   そこからは クスコ(Cuzco)方面に〜〜〜
    (そこへの交通手段はまだ未定・・・)

 
        <クスコ郊外の景色 この辺りですでに標高3600mはある>


   標高約3400mの町クスコには 前回(3年前2月) 3週間滞在した

その3週間の間に町中を歩き回り 自分の中ではもう地元民感覚・・^^;


 アンデスの そしてインカの中心町クスコは 意外に広い


        <インカの里クスコの町並み>


  ここで 友人夫妻と待ち合わせして 

しばし 僕の『貧乏旅&無計画旅』(現地で決める)を味わってもらう^ー^


  いろいろとあるだろうが さぁ〜どうなることか・・・ ^ー^;


        <アンデスの朝>


 ま・・ 何とかなるけど  高山病になると大変かなぁ〜〜と ひとつ心配です


   なにせ この後・・ もっと高い所(標高3800以上)のティティカカ湖に行くし〜

    そしてボリビアじゃ〜 4800m〜5200mまで 行っちゃいます〜〜〜 ^ー^;


僕は その後  お初の『パタゴニア』です

  ここ 期待ですね〜〜 

  ウシュアイア(Ushuaia)アルゼンチン まで南下予定〜〜〜

   この地は 南米の最南端の町ですね〜〜寒いのでダウンジャケットも要ります〜〜^^





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

馬に乗って『インカの遺跡巡り』(クスコ周辺)

Category: ペルーperu(2007年)  10/12 /2009 (Mon)

今日は ペルー記事・・・

  馬に乗って『インカの遺跡巡り』 です〜〜^^


       <こんなところを ゆっくりと〜>


インカの里『クスコ』の郊外まで 車で送ってくれ

   そこから こんな景色のところを

      『ゆっくり』と歩いて遺跡を巡ります〜〜〜


       <この少年が馬童>


彼が 「馬童」・・・はい いわゆる 馬乗りの世話役係りですね〜


       <サクサイワマンの遺跡>


クスコ郊外にある 有名な『サクサイワマン』〜


       <広々したアンデスの真っただ中・・・>


   こんな アンデスの 雄大な景色・・・

     そんな中・・・ ほんとに 『のんびり』と 馬に乗って・・・

なんとも 贅沢な時間ですね〜〜


       <巨石群の数々・・・デカイ!!>


巨大なインカの遺跡群・・・

  こんなのを どうやって? 何故? 造ったの・・・? と


        <半端な数ではない巨石群・・・>


この地を訪れれば 誰でも考えてしまう・・・

            いろんな学説・説明など ・・・


でも ・・・

旅行本の中の説明のことは考えず ただただ・・眺めている方がいいと思います  


         『インカの人々のことを思い描いて・・・』






 [#PARTS|USER|16288#](インカの里クスコ この周りにインカ遺跡がいっぱいです)

PS;この馬に乗って『遺跡巡り』は 2007年2月時点 20ソーレス(約6ドル60セントほど)






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クスコの中心『アルマス広場』(ペルー)

Category: ペルーperu(2007年)  08/23 /2009 (Sun)

このところ・・・バンクーバー&バンフ記事が多くなっていたので

  ちょっと 飛びます〜〜〜 ペルーに〜〜

  (・・・といっても 僕自身はまだバンフなんだけどね〜〜〜)


ペルー記事は いっぱい書いているので もう書くことがないのかなぁ〜と思ったけど

  そうだ!! あった〜〜!!

2007年2月 クスコに3週間いて 毎日の如くブラブラしていた場所が・・・


          <クスコの中心 アルマス広場>


 クスコの中心に デ〜〜ンとある 『アルマス広場』

  この周りには 宿・レストラン・お土産や・インカ遺跡 などなどがある・・・


          <赤煉瓦の屋根がいい〜〜>


 当然 観光客も集まり なかなかに賑やかな広場だ

  物売りなども来るが 最近は 「ツーリスト・ポリス」が常時見張っていて

   
 我ら 観光客と分かる人に近づき物売りを始めると

   「ピピピッ〜〜〜〜〜」と笛を鳴らし 「そこから離れろ〜」と警告する


ちょっと 可哀想かなぁ〜と思ってしまうほどだ・・・

  それが物売りじゃなく ペルー人の友人だったりしても 誤解を招きそうだ・・・


          <アルマス広場から宿への路地裏道>


 僕の宿泊していた安宿は この広場のすぐ近くで

   上記の写真の路地を入ったところ


アルマス広場の周りは 多少夜更けでも賑やかなので安全なのだ
    

          <夜のアルマス広場>


  こんな夜の時間にフラフラと 歩いていても大丈夫〜〜


標高3400mはあるという「クスコ」で

   それも 「高地にはアルコールはダメ」 と言われても

                 <クスコのビール「クスケーニャ」>


  このクスコのビール「クスケーニャ」を「飯時」に飲むのは当たり前!!

「ひゃ〜〜美味い!」 「やっぱ 3400mで飲むビールは効く〜」などと言いながら


「これは はやく酔っぱらって 経済的やん!!」

     などと思っている僕には高山病とは縁がない^^;



 
  この記事の時期は 2007年2月 クスコには3週間いました〜



[#PARTS|USER|13615#](標高3400mはあるというクスコの町 インカの里です)





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




 


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

これぞ!オアシス『ワカチナ』(ペルー)Huacachina,Peru

Category: ペルーperu(2007年)  05/15 /2009 (Fri)

       <朝7時 風邪もなく 湖が対称に映って綺麗>


    ここ『ワカチナ』(Huacachina)の記事は以前にも書いたが

写真を載せていないのが まだ多数あって ここで掲載します〜


       <この左上の砂丘を登ると延々と続く砂漠が・・・>


 この『ワカチナ』には たったの2泊しかしなかったけど

  もう少し ゆっくりとしていたい所だ


かと言って 格別 やることはあまりない・・・

  砂丘に登って 「サンド・ボード」か 「バギーで砂漠を走る」 ってのはあるけど


  いずれも 僕の趣味ではない・・・


朝・・・7時頃に起きて このオアシスの湖の周りを散歩する・・・

 とても小さな湖なので 一周しても 大して時間はかからない・・・


       <ここには『リゾート・ホテル』がある(あまり多くはないが)>


だから・・・余計に「ゆっくり」とまわる・・・

  ・・・でないと時間を持て余してしまう・・・


ここの宿は いつもの安宿というわけではないが 凄く豪華というわけでもない


  でも 少し『リゾート気分』を味わえる・・・^^


一人旅に疲れたら こういったところで 「ゆっくり」するのはいい〜


  朝飯も宿でとり 朝食後のコーヒーの味もまた格別だ・・・


昼には「砂丘のテッペン」に登って 延々と続く砂丘を眺める・・・


       <夕方6時 砂丘・湖・空全体が紫色に染まる>


夕暮れ時になると

 砂漠・オアシス全体が 何故か紫色に染まり

   なんともいえない不思議な景色・・・

「どうして こんな色になるのだろう・・・」


   今度 ペルーを訪れたとき またここに立ち寄ろうかなぁ〜〜〜



地図参照;南米ペルー、リマとナスカの間のイカ郊外に位置HUACACHINA
[#PARTS|USER|8059#](この左上のーをクリックすると南米地図が現れます) 




        2007年5月7〜8日泊 ワカチナ Huacachina で




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

何気ない田舎の風景(ペルーのオリャンタイタンボ村で)

Category: ペルーperu(2007年)  05/13 /2009 (Wed)

       <なにげなく 壁に描かれたインカの絵>


旅に行くと いつも・・ 観光客が行かないような田舎を好んで歩く

  人が集まっている観光地も 賑やかで たまにはいいが

       味がない・・・ 飽きてくる・・・


地元民が生活してる ・・・ 子供たちが遊んでいる ・・・という

      そういうところ・・・


       <市場の裏通り 生活感があふれてる>


  そんな風景に魅力を感じる

生活感がにじみ出ている場所・・・


       <地元民市場>


 だから 市場などにもよく行く

  別に何を買おうという訳ではないのだけれど・・・


宿に台所があったら きっと野菜など買ってしまうだろう・・・

   「疑似住人」に憧れているのかも知れない・・・



たとえ その土地の滞在が短くても 

     地元民感覚を少し味わいたいのかも知れない


       <この古い家はお土産屋>


 何故かって・・・? 

   何故なんだろう・・・ 

もう・・・普通の観光めぐり旅には 飽きてしまったのかもた知れないね・・・


 自分の中で 「旅の楽しさ」が変わってきたんだろうね・・・



       この旅写真は2007年の南米旅のものです


 



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クスコ郊外の『一風景』(ペルー)

Category: ペルーperu(2007年)  05/06 /2009 (Wed)

カナダ・バンフに戻って まだ時差ボケ中・・・

  昨日から ダラダラと寝てるのに・・・なんか 頭が活動しない・・状態

   ダラダラと寝ちゃうからいけないのか! とは思うが

さして緊急を要するほどの「やること」もないし・・・ ま いいか〜


          *  *  *  *  *  *

ペルー・ネタでいきます〜

       リャーマを飼っているおじさん


  ペルーのクスコ郊外の 小さな村・・・

そこの通り沿いに 観光バスが時々止まります

  すると このリャーマたちが 活躍です〜


       小さな村


  リャーマを引いてるおばちゃんたちが寄って来て

写真を撮らせ 「お金をください〜」となるのです


さしたる 現金収入がない 小さな村では 

     こういう方法しか無いのかもしれません


       アンデスの山で


 こんなアンデスの山の中の道沿い

自分で作った 決して上手とは言えない

 でも 素朴で どことなくかわいい人形を 売っている


   それも たったの「この4つだけ」・・・  


ペルー ボリビアなどの アンデス山脈の小さな村

   気候条件も 環境条件も 土地も痩せ 厳しい!! 

物資豊かで何でも手に入る裕福な私たちの暮らしとは ほど遠い


 こういった村々を訪ねると 自分の暮らしを振り返り 

     いつも反省しきり・・・

もっと もっと 謙虚に そして物のありがたさを噛み締めて生きなきゃなぁ〜と思う


     
       写真撮影日時は 2007年2月 クスコ郊外で




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

美味しいサボテンの果物『トゥナ』(ペルー)

Category: ペルーperu(2007年)  05/01 /2009 (Fri)

初めて この トゥナ という果物を食べたのは

  もう・・・大昔の 1975年 ・・・ ペルーのクスコだった・・・


「ええ〜!? このトゲがいっぱい付いているのに どうして食うの?」 と思ったら

   インディへナのおばちゃんが 器用にナイフで中身だけ取り出してくれた


      <左前に山積みになっている 緑オレンジ色のもの>


 中身の 見た目は「キウィ」のようで 味も「キウィ」のよう〜 ^^


   どんな風に この実はなっているの〜? と いうと・・・


      <サボテンの先端の 丸いのがトゥナ>


   こんな風です〜〜

田舎に行けば 何処にでも見られるサボテン風景・・・

  ちょいと 穫って食っちゃう〜〜? と いつも思うのだけど・・トゲが痛い ー_ー;


     <メルカード(市場)で いつでも売っている>


ま  無理しなくても メルカード(市場)で 安く売っているし 〜〜


  道端でも おばちゃんが 

ちゃんと そのトゥナを剥いてくれて売ってたりもする


      <見かけは悪くとも 美味しく 安い果物>


メルカード(市場)には

 他にも 「バナナ」 「オレンジ」 「マンゴ」 「アボガド」 などいろいろある

  これらは 旅中の 「ビタミンCの栄養補給」にピッタシだ!!


 旅をしていると どうしても「炭水化物系」が多くなる

  生野菜のサラダなどは なかなかにありつけないことが多い

だから  新鮮で美味しい果物から それを補うのだ〜〜


          <サボテンと その花>

ちなみに このサボテンからは あの美味しい『トゥナ』は穫れません・・・(たぶん?)

   あの「平べったい形のサボテン」から実が出るようです〜〜

この「細長いサボテン」は 綺麗な花の鑑賞用・・・かな・・・^ー^



        2007年1〜5月の南米旅で〜





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クスコでの安宿『スエシア・ウノ』Suecia 1(ペルー)

Category: ペルーperu(2007年)  03/12 /2009 (Thu)

クスコには 過去に 2回訪れた

       1975年 と 2007年

1975年の時は それほど長く居たわけでもなく

  記憶も遠く・・・ クスコの町の思い出は おぼろげ だった



2007年の時 今度はゆっくりしよう〜〜と思い

 宿を 『落ち着く & お気に入り & 安い & 便利』 というワガママ条件で探した



   ( 宿の中庭  入口は常に鍵がかかって おばちゃんが開けてくれる )


  といっても ある程度 目星は付けていて クスコの町中を探して歩いた

    ここ 『スエシア・ウノ』(Suecia 1) はアルマス広場のすぐ近くにあって



   ( アルマス広場には この道を通って ほんの20m )



町の中心である 「アルマス広場」に近い!! いいぞ〜〜!^^

一泊の料金は 30ソーレス (約10ドル) 僕的にはやや高いが・・・



   ( 僕の借りた部屋の内部  すっかり我が部屋と化している )


  でも この宿の部屋を見た途端 気に入った

  かつ 窓も多く 明るく 落ち着く感じなのだ



   ( その窓からの景色は クスコ独特の赤煉瓦の屋根が見える )


  そんなクスコに

   『2月2日〜2月21日』 の 3週間  どっぷりハマってしまった・・・


   
2007年2月2日〜21日 クスコにて



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

32年間の比較第3弾(クスコ・アルマス広場)

Category: ペルーperu(2007年)  01/30 /2009 (Fri)

32年の月日の違いを検証する第3弾です〜(・・って、ちょっとオーバーか・・^^)


 ここは ペルーのインカの里 クスコ

  世界遺産でもあり  有名なマチュピチュに行く時の基点ともなる町


       その クスコのアルマス広場



   1975年2月のアルマス広場



   2007年2月のアルマス広場


  この32年の歴史の違い

教会自体は 大して変わっていないような気がする


 が  1975年の時の 広場の前にあった垣根の木々がなくなっている


  道路がやや綺麗になっているような気がするが

街灯が同じように見えるのだが これは同じなんだろうか・・・


  もし そのまま当時の街灯だったら なんか素敵!と思ってしまった・・・


        * * * * * 


  昔 1975年 このクスコには リマからオンボロバスにて 3日かかった・・・

   途中 アンデス山中で土砂崩れに遭遇 

   しかたなく バスの乗客全員 そのバスの中で一夜明かした


僕は食べ物を全く持っていなくて 腹ペコのまま 

              このクスコに辿り着いた・・・


    そんな 思い出写真の 1枚です・・・




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

32年間の比較(マチュピチュ編)1975年と2007年

Category: ペルーperu(2007年)  01/27 /2009 (Tue)

32年間の比較・・・? ん? なんやねん・・・?

   ・・・ って思いますよね・・・

単純に 32年前との比較写真ですよ〜〜 ^ー^



これは 1975年2月のマチュピチュ



これは 2007年2月のマチュピチュ


            どうですか??

1975年の画像の悪さはともかく・・・

  一見 変わってないような・・・


実際のところは あまり分からないけど 

  マチュピチュの遺跡自体は 大事に保護されているような気がする


でも やはり ここも目に見えない破壊があるようで
 
 以前から 入場制限をしよう という案がある


実際 後方の山「ワイナピチュ」には一日の登山が400人までとしていた


ペルーの 「一大ドル箱 & 世界遺産」

   大切にしていきたいものだ !!




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
  
 


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

クスコ郊外の村『チンチェーロ』の野菜市場

Category: ペルーperu(2007年)  09/19 /2008 (Fri)

三回 続けて  チンチェーロ です

   地元民の インディオの人たちが 買物をする 野菜 果物など

          その市場 ( メルカード ) です



  上から見ると こんな感じ ・・・

   昨日の お土産専門の市場とは 違う場所です 

     ここでも  観光客用に お土産類も置いているけど

でも   野菜・果物などが主体で 売ってます



  インディオの人々は 昔ながらの 帽子に スカート

    ここでは ずっと この服装です ・・・

昔 1975年に来たときと  変わっていません

  そんなところが 好きです  ^0^



果物は  マンゴ  オレンジ  バナナ  アボカド  トゥナ(サボテンの実) など売ってます

    トゥナ(サボテンの実)は 僕の好きな果物のひとつです
    ( 2番目の写真の真ん中に写っているトゲがある のです )

     味は・・・ ちょっと キウイ のようかな・・・


     2007年 2月 チンチェーロで





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

クスコ郊外の村『チンチェーロ』のお土産市場

Category: ペルーperu(2007年)  09/18 /2008 (Thu)

昨日に引き続き  チンチェーロ村です

  ここの日曜市場 ・・・  野菜なども売ってるけど 観光客も来るんで

   お土産市場でも あるんです



 この おばちゃん (おばあちゃんかも・・・) は 編み物中

   紐を編んでます   この紐はもちろん 手編み

    写真のように ひとつひとつ 手と足を使って 編みます



  こんな 意外に大きな お土産市場 

   おばちゃんは  この緑の芝生に 一人で座って黙々と編んでました

こういう おばちゃんを見ると  つい 買ってあげたくなってしまうんですよね〜




  でも  このように いっぱいの売り手と品物 ・・・

    目移りして  どれがいいか 迷います ・・・

結局のところ・・・

    何も買わなかったりして・・・ね


  クスコから 地元バスで 1時間くらいの 標高3800mのところ・・・

   気に入って 2回くらい 行きました




   2007年 2月4日 & 2月11日



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

クスコ郊外の村『チンチェーロ』

Category: ペルーperu(2007年)  09/17 /2008 (Wed)

クスコから ローカル・バスに乗って

  チンチェーロ村  (chinchero) に行った

   ここは 毎日曜日 メルカード (市場) が 開かれる



  ぼくは  いつもの如く  人がいない所を歩くのが好き

   市場も 見たが・・  はずれの通りに 足を踏み入れた


    たぶん  自分のところで飼っているリャーマなんだろう

    民族衣装を着た人が  その横で 話し込んでいた

   あの 「アンデスの帽子」が かわいい



  この小さな 教会らしくない教会に 人々が集まって

   なにか あるらしい・・・

でも  部外者で 地元民じゃない僕は 遠巻きに見てるしかない

  アンデスの山々の人々は ある時から  敬虔なるカソリックになったのだ

   貧しいが故に  宗教の力は 絶大だ!

    このことは いつも 僕に 戸惑いを起こさせる ・・・


 

    ここは  標高3800m の大地

    決して 肥沃ではない土地で  この高地で     

        生活していくのは 大変だ

やはり  宗教に 頼るしかないのだろうか・・・


   南米の国々を旅してて  いつも そう思う ・・・

        もう インカの教えはない・・・・・



           2007年 2月4日 チンチェーロ村で




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

首都リマ(ペルー)の海岸

Category: ペルーperu(2007年)  08/30 /2008 (Sat)

ペルーっていうと

  どうしても あの 有名な マチュピチュ

   の ことしか 思いつかない人も多いと思う  
          ( マチュピチュ記事は このブログに載せてるんでそちらを参考に )



 
   ペルーの 首都 リマに  ビーチがあるんです

きっと  多くの観光客は 行ったこともないかも知れませんね・・・

  ここに 写っているのは 「 ゴミ箱 」

VIDRIOS  ( ガラス物 )

METAL  ( 金属物 )

PLASTICOS  ( プラスティック物 )

ORGANICOS  ( 有機物 )

  ・・・ と 色もかわいく 区別されて 置いてあります



   ここは ラルコ・マル  というところから見た海岸

     リマ市内の 「 ミラフローレス地区 」 です ・・・

ここには  オシャレな レストラン・お店も 並んでいて 一見の価値あり〜



  ここの ビーチで 泳いでも  もちろん  いいのだけれど

    泳いでいる人は あまり 見かけませんでしたね〜


     砂浜に こんな 大きな国旗が あって・・・

  一瞬 あっ カナダ国旗 と見間違えてしまいました (笑)



   もちろん  ペルー国旗 ですけどね〜 ^0^

    リマで 時間が余ったら  この辺りを 散歩しみるのいいですよ〜 
                    ( この辺りは治安もいいです )


              2007年 1月末 リマで




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

ペルーのかわいい子供たち 再び〜(クスコ&オリャンタイタンボ)

Category: ペルーperu(2007年)  08/27 /2008 (Wed)



  昨年 訪れた ペルーの記事も ずいぶん 増えてきたけど

   まだまだ  載せ足らない写真が ある・・・


この子 ・・・  「 オリャンタイタンボ村 」  で 昼飯? を 食べていたところ ・・・

      思わず シャッターを切りました


なんとも 目が かわいいです〜〜〜  ^0^



  その横で 同じ物を 食べていた この子 ・・・

    一緒のテーブルだったんで  きっと  姉妹だと 思う


  テーブルの上には 「 水入り風船 」 がいっぱい〜〜!!

  そう〜 2月は お祭りの季節  それも 「 水掛祭り 」

     きっと あとで  誰かに この風船 投げるのかな〜〜 ^ー^

  このお祭り  1ヶ月も やるんです〜〜〜

   このお祭り中 僕も水を かけられそうになったけど  

                   それも 楽しいこと・・・



    クスコの  僕の宿泊先の安宿の前で

     「 裸足で 歩いている子供 」 

いくら 2月の 夏とはいえ  裸足は 絶対に きつい!!

    チョコレートらしき物を 手に   「 左ほほに擦り傷 」 をつけた この子

           思わず シャッターを 切っていました 



ダメなんです・・・  この手の子供に ・・・  

   なにか 惹かれて 撮っちゃうんです 〜〜〜 ^^ー^^



     2007年 2月 オリャンタイタンボ & クスコ で



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

ペルー『ワカチナ』の砂の芸術

Category: ペルーperu(2007年)  06/23 /2008 (Mon)

    ペルーの ワカチナ・オアシスの 砂漠

     砂の芸術 と呼ばずになんと呼ぼう・・・



   砂  砂  砂  ・ ・ ・

      風  風  風  ・ ・ ・ 

   たったの  これだけ  ・・・   

    その 作品は 芸術だ    

  そして   たった ひとつしかない ・・・




      人の足跡だって  アートにしてしまう砂 ・・・



    こんな ただの砂の斜面だって  

                見とれてしまうほどだ ・・・


  僕は  太陽が沈むまでの   夕暮れ時を ・・・

              ただただ  ずっと  眺めていた  ・・・


    すると  ・・・



      紫色に染まった  砂漠が・・・あらわれてきた

           ・ ・ ・ ・ ・ 

     太陽が沈んだ途端  寒くなってきたけど

         上着の襟を立て  そのまま じっと 眺めていた・・・

     うつりゆく ときの流れを ・・・



      * 2007年5月 ワカチナで *



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

砂漠のオアシス『ワカチナ』(ペルー)Huacachina,Peru

Category: ペルーperu(2007年)  06/22 /2008 (Sun)

南米ぺルーを 旅してたとき

  ぺルーに オアシス があるよ って聞いて

      え〜〜〜オアシス・・・?  と半信半疑のまま 行った



   ここが その オアシス ワカチナ

    ペルーの首都リマから 南に イカという町がある

      去年2007年8月に 大地震があったところだ

       ( 実はその3ヶ月前に ここを訪れた・・・ )


その イカから すぐの近郊の町?村? が  ワカチナ



   本当に 周りが 砂漠で  真ん中に 湖が・・・

      これぞ オアシス と絵に描いたような景色


   「 へ〜〜〜 ペルーに こんなところが・・・ 」と驚き!!


  ここには 2泊して 早々 周りの砂の山に登った〜!!


       すごい!!!



    ほんとに 周りは ぜんぶ 砂漠だった・・・



     * 2007年5月 のことです *




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (6) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫