コウモリの大群(シェムリアップ/カンボジア)

Category: カンボジアcambodia(99年)  01/07 /2009 (Wed)

カンボジアの シェムリアップ(アンコール・ワットの町)に
  
   しばし 長居して 昼間 やることがないんで ブラブラと


  そのとき  空に何かの大群が・・・ 




  その数・・・何百・・・何千・・・いや・・・何万羽・・・

     
   かつ  サイズが デカイ!!


   一体 なんなの ・・・ ???



よ〜〜〜く 見ると  なんと コウモリの大群


 「 え? コウモリって 夕方とか夜とかの行動じゃないの? 」

  「 なんで この真っ昼間に・・・ 」 (このとき 午後2時頃・・・)

半信半疑だったので  写真をアップにして また撮った





  や  やっぱり コウモリの形だ!! (ニガ笑・・・)

 近くにいた カンボジア人のオヤジに聞くと・・・

  「 ああ そうだよ〜〜コウモリさ 」

   「 なんでこんなにいるのか オラにもわかんねぇ〜〜 」 と言う・・・
 

     とにかく 異常な大発生? 大群だったのです


この大空を グルグルと 1時間ほども 何回も回って 何処かに去って行きました



       
1999年12月 シェムリアップにて
     ( 写真は スキャナーです ・・・ よって落書き文字あり〜 ^^)





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

『カンボジアの子供たち』&『アンコールワット・ハーフマラソン』

Category: カンボジアcambodia(99年)  12/18 /2008 (Thu)



  この子供たちに出会ったのは もう 昔・・・1999年12月のこと

     9年前になってしまったなぁ〜〜〜

それまで カンボジアについて あまり知らなかったけど

 
  首都 「プノンペン」 と 

    アンコールワットの町 「チェムリアップ」 と 

     綺麗なビーチがある 「シアヌーク・ビル」 を訪れた


最初の写真は 「シアヌーク・ビル」のビーチ沿いで遊んでいた子供たち




  この子は 日本人パッカーでは有名なゲストハウス「タケオ」の娘

    なかなかに おしゃまな娘だった・・・この時 たぶん 12歳?

・・・ということは 今はもう 21歳!! おどろき!! ^0^

   今度 再び訪れて 大きくなった姿 見たいね〜〜^^




  今じゃすっかり有名な 「アンコールワット・ハーフマラソン」で

   ちょうど この時期 このハーフ・マラソンの最中だった!


そこでの カンボジアの子供たちが 走る前の写真です

   日本のスポンサーだったんで(今でも?) 日本の国旗を持っていました


僕も あの「有森裕子」さんと 一緒に写真 撮っちゃいました〜〜 *^o^*





     1999年12月 カンボジアの旅にて
     (この時の写真はフィルム写真だったんでスキャナーしました)





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

『アキラ地雷博物館』(シェムリアップ/カンボジア)

Category: カンボジアcambodia(99年)  10/06 /2008 (Mon)

カンボジアは アンコールワットで 有名だけど

 長年 悲惨な歴史があり 地雷&不発弾問題 (ここをクリック)はまだ深刻なことです


   その中で 自費で 地雷撤去を行っている カンボジア人がいることを

      アンコールワットの町 シェムリアップで 知りました

        そして  訪ねたのです

          アキラ地雷博物館  (ここをクリック)です



カンボジア人が 地雷の信管(地雷の炸薬を点火・爆発させる装置)の撤去作業です

   とても 危険で 誰もが やりたくない仕事を コツコツとやっているそうです


    撤去したものは 地雷だけではなく  他の武器もいっぱいです



    こんな格好で すみません・・・

      きっと こんな姿で 戦闘していたんだと思います

  ここのは すべて 弾薬などは 取り除いて 飾ってあるだけです


  
   これも  にこやかな顔しててすみません・・・(とても悲惨なことなのに・・・)

     これ ロケット砲だと思うけど とっても怖い武器です

今でも いろんな国々で 戦争をしています

    まったく 馬鹿げたことです !! 人間が人間を殺し合うなんて!!


たとえ 戦争が終わったこのカンボジアでさえ  後遺症は延々と続くのです!


    アキラ地雷博物館・・・シェムリアップに行くまで知らなかったけど

      ここを 訪ねて 考えさせられました

  ( 入場は 無料です  でも この活動金ボックスがあるんで 是非ここに〜 )

       
        1999年 12月 シェムリアップにて





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

『アンコールワット』のそよ風(カンボジア)

Category: カンボジアcambodia(99年)  09/29 /2008 (Mon)



    あまりに 有名な 世界遺産 「アンコールワット」

 この地を訪れたのは 1999年12月 ・・・

   長く続いた内戦の後遺症もあり  

     首都プノンペンでは 夜中に拳銃の発砲の音も耳にした・・・


そのプノンペンから トンレサップ湖を 高速ボートに乗り 4時間あまり

     アンコールワットの町 シェムリアップに着いた



  そこで この バイタク と呼ばれている代物

     すなわち バイクの後ろに乗って いろんな所に連れて行ってもらうのだ

この バイタクが 安く 機動力もあり ここでは役に立つ

     運転は カンボジア人の チュー  (後ろは僕です・・・カンボジア人ではありません)

これに乗り 広大な アンコールワット遺跡を回るのです


   この時の 肌を撫でる風が なんとも気持ちいいのです



  これも 有名な アンコール・トム 巨大な石の顔です  何体もあります




  アンコールワット遺跡を食ってしまうという タ・プローム

  木が遺跡を支えているのか 遺跡が木を支えているのか・・・

   でも この木  成長が早くて もうこの段階では 切ることは出来ないそうです

切ってしまったら 遺跡は崩れてしまうし・・・・・





 でも これなんか 食っているというより

  巨大な木の足が この遺跡に股がっている としか思えない!!


なんとも  凄い アンコールワット遺跡群です


          1999年12月 アンコールワットで






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP