実家の中での『レトロ・年代物』をあたらめて発見

Category: 日本japan14年春  04/05 /2014 (Sat)

4月5日 岐阜市 今日はいい天気だけど寒いです

  朝の最低気温が+3℃となっていて 部屋の中は+10℃以下

今は日本の実家にいますが

 ここではあまりネタがないので それを探すのに苦労(笑)


昨日 旅友の「しのぶ」が来た時に

 我が家を見て「タイムスリップしたみたい〜」のような事を言ってた

  
そっかぁ〜 ここの家の中はレトロなんだなぁ〜〜と改めて思った

 僕は1970年代に海外に移ってしまったため・・
 
その後の自分の部屋とかはそのままで 

 いわゆる『40年前の光景そのもの』という訳なんだろう


最近は度々日本を訪れ 実家に滞在しているのに

 自分では見慣れてしまっていて気づかなかった『レトロ模様』

今日は そんな模様を載せてみようと思う

1


このミシンは 以前のブログにも載せたが

 随分と年代物の『ミシン』

  それも『TOYOTA』トヨタの文字入り

車ではなく『豊田織機』と言われていた時代のものなんだろう〜

 まだまだ現役で動きます〜〜 全て手動だけどね〜^^

2


机と椅子

 双方とも 相当使い込んでいて 椅子はボロボロ

  新しいのを買ったら?という声も聞こえてきそうだが

今はここに住んでいる訳でもないので その必要性がなく そのままだ

 机も椅子も・・恐らく50年は経っているのだろうか・・・

  中学時代に使っていたような記憶なんで・・・(苦笑)

3


押し入れの中に眠っていた『蛍光灯』デスクランプ

 この机の上にあり この光りで勉強をしていたと思う・・・

  よって これも 50年物かなぁ〜〜

もちろん 今でもちゃんと電気は付きます

4


昔の写真が入っている アルバム
  (写真はセピア色)

 今では こういったアルバムも使わないでしょうね

5


僕が学生時代の・・・たぶん・・・20歳頃?だと思うけど

 こんな油絵を描いていた

6


なんとなく気取って『画家気分』に浸っていたんだと思う

 この2点は 何かの写真を見て描いたと思う

  このころは やっぱり海外に憧れがあったんだろうね〜

7


これも結構古い箪笥(たんす)

 これは 恐らく50年以上かもしれない

  それでもまだ健在 なんと凄い事か!!

8


このケース2つ・・・

 すぐに分かる人もいるだろうけど

9


麻雀(マージャン)

 これは 確か・・・象牙を使っていると思う

  色が変色している点棒は 象牙だろう〜

10


これは少し新しいと思う

 僕の父親は 酒は一切飲めなかったが

  タバコと麻雀は趣味で 昔は家族麻雀とかよくやっていた

このマージャン牌は 思い出の品でもあります
  (父親は64歳で随分前に他界しました)


この実家の中には まだまだ年代物が潜んでいるような気がする・・

 自分自身が気づいてない事もあるとは思う・・・

  目を昔に戻せば・・・その数々の品を見付ける事が出来ると思う


『断捨離』で一気に処分もあるのだが・・・

 こういった歴史を物語っている物は なかなかに捨てられない


そうは言っても・・・いつかは消えてしまう物なんだろうなぁ・・と

  寂しい気が フッと頭をよぎった・・・

*今日4月5日・6日は『道三まつり』らしいので

  後ほど そのお祭りを見に行ってみます 



気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback