『エメラルドレイク』Emerald Lakeに『花盛り写真』を撮りに行く;その2 

Category: カナダcanadaバンフ15年  06/17 /2015 (Wed)

今日は2015年6月17日(水)  バンフ(カナダ)

今日17日は朝から雨です・・・
 (午後に少し止んだけど 夕方にまた降ってきました)

 久々の朝から雨かな? かつ小雨ながら昼になっても降り続いています

『恵みの雨』・・・必要ですね

さて・・・今日は雨だしネタもなさそうなのもあり

 昨日の続きでいきます

『エメラルドレイク』Emerald Lakeに『花盛り写真』を撮りに行く;その2

湖の周りは ほんとに『花畑』で各所にいろんな花々が咲いてました

 その中でも多かったのが これ

『Bunchberry』バンチベリー(ゴゼンタチバナ)
1


各所に咲いてました 

 白の4枚の花  目立ちます!!〜
2


この花『False Solomon's Seal』(ユキザサ)も多かったです
3


ちょっと変わり種の

『Striped Coralroot』葉緑素を持たない死物寄生植物

本によると
「死物に寄生し菌類と共生して栄養を取るという特殊な環境で生きる」

  らしい・・・ 「へぇ〜〜〜」 
4


『Common Pink Wintergreen』イチヤクソウ

 たぶん この名前で合ってると思う・・・^^;
5


これ・・今回初めての対面だったぁ〜〜!!^^

『Selfheal』ウツボグサ

 なかなかに面白い形と色をしている
6


これも小さいが 数多く見られた

『Blue-eyed Grass』庭石菖(ニワゼキショウ)
7


枯れてしまっているのが多かったが・・・

『Yellow Dryad』チョウノスケソウ
8


昨日も載せたが 

この『Yellow Lady's Slipper』アツモリソウ

 至る所で見つけ かつここのは大きい;2cm以上だった
9


小さく可愛い

『Twinflower』リンネソウ
10


エメラルドレイクのロッジが建ち並ぶ 反対の方からの眺め
11


これから咲き始めるところの(蕾が多かったので)

『White Camas』リシリソウ
12


いま 道路沿いでよく見られる

『Indian Paintbrush』インディアン・ペイントブラシ

 湖の眺めとの・・・コラボ ^^
13


大きな葉っぱが目立っているが・・・
14


実はこの下を覗くと・・・

『Clasping-leaved Twisted Stalk』オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭)
15


秋には この花が赤い実になる
16


*エメラルドレイクには 本当に数多くの花々・植物が生息してます

  ここの『花畑』はやはり素晴らしいです〜!!^^

  
気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

このところの絵葉書写真(風景)ときれいな花々に癒されています。
一度も目にしたことのないお花ばかりで、とても興味深いです。
いずれも鮮明なので、植物図鑑を見ているようです。

それから、カリフラワーを生で食してみたいと思っていますが、なかなか手に入りません。どんな食感でお味なのか楽しみです。

Posted at 09:22:24 2015/06/18 by たまニャン

Comment

>たまニャンさん、
ありがとうございます^^
高山に咲く花々は、とっても小さいので、この写真だと実感として大きさが分かりにくいとは思います。
でも、小さいからこそ、一層、愛おしい感じがしますね〜^^

この花々の写真は、地面に這いつくばって撮っています〜〜笑^^

カリフラワー、・・・日本ではあまり売ってませんね。でも、他の国々では、普通に流通していて、みな、よく食べてます。
やっぱり、生ですね。食感はカリカリですが、味自体はそんなにありません、よって、味が濃いものと合わせると旨いです!!^^

Posted at 10:30:59 2015/06/18 by 旅人ゆき

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback