『ソード・タイ』Therd Thai と言う北タイの町(村)に初めて訪れた;メーサロンに近く中国系タイ人が多い;田舎の町でいい感じです

Category: タイthailand(2015~2016年)  02/18 /2016 (Thu)

2016年2月18日(木)  チェンライからソードタイに

 北タイの町(村かな?)の『ソード・タイ』Therd Thai と言う所に来た

  ここはメーサロンに近い中国系タイ人が多く住む

実は ここは初めての地 北タイの多く地には訪れたが ここは『初』

 メーチャンからメーサロン方向の道に入り 途中から別れる
   (道路サインの下に書いてある町だ)
1


初めての町・村は なんとなく興奮する
 (友人Sさんの車で連れてきてもらった)
2


過去になんども来ているという Sさんの定宿に泊まることに〜

 ここは朝市が有名らしく この地に宿泊しないと朝市が見れない
3


宿は この町には数件しかないらしく ここがその中でもいいらしい

 部屋はシンプルだが 綺麗ではある(WiFiも問題なし)
4


午後3時前の暑い時間に着いたが 時間があまっているので

 ここで有名な麻薬王の博物館に行く

 『クン・サー オールドキャンプ』と書いてある
5


このクン・サーというのは『麻薬王』

 ゴールデントライアングルと言われた麻薬地帯に君臨した人物

  今では その名残がここに残されて博物館になっているということです

で・・・その麻薬王の素顔は・・・

この左手の人物・・・(右手は僕ですが・・・^^;笑)

 一見・・・温厚そうな顔つき  でもここ『シャン地区』に君臨していたのです
6


『シャン地区』は広大なる地です 

 ミャンマー・ラオス・タイにまたがっています
7


このような軍隊も持ち(写真はほんの一部の軍隊です)

 ここで麻薬を一手にさばいていたのでしょう・・・
8


麻薬は『オピウム』  そうです『ケシの花』からの麻薬です

 この写真は そのケシの花の中でのものです
(そんなに遠い昔の話ではありません;1993年のことらしいです)
9


そのあと・・・初めての地をゆっくりと 一人で赴くままに歩いた・・・
 
 町中は昔のタイの田舎の雰囲気プンプンで なんか懐かしい

  学校帰りの子供達は 集団になって帰ったり
10


小型トラックに荷台に乗って帰ったりしている
11


12


埃をたてて走り去っていく様は

 ミャンマーとかラオスの田舎とも同じだ
13


このリヤカーバイク・・・親子で乗っている様子がなんか微笑ましい
14


この町の小高い場所にお寺があった

 ガーカム寺という名の寺・・・

  なかなかに立派なギンギンに光っているお寺だ
15


そのお寺の境内からの眺め・・・ソード・タイが一望できる

 しばし ボォーと見てたら 奥美濃(岐阜県)の田舎に似てると思った

  山間の町・村が 酷使している
16


子供の坊主が2人遊んでいた

 オレンジの袈裟がやけに目立つ
17


太陽の陽射しが柔らかくなると同時に・・・

 陽が傾き 暗くなる前に降りることにした
18


階段で降りる途中・・・「んん? これって桜?」と・・・
19


似てるけど違うかもしれない(木々に関して詳しくないので)
20


夕暮れが近づきつつある中・・・

 窓も扉もない床屋さんで 男の子の髪を おばちゃんが刈っている姿を見た・・

  この様子も なんとなく微笑ましく好感が持てる
21


夕方・・・6時過ぎ  飯屋が閉まらない前に

 中国系の飯屋に行く  
22


店内・・誰もいない・・・
23


でも ちゃんと美味しい中華系の飯が出てきた

 ビアラオ2本を飲んで まったりの食事だった
  (友人夫妻と我の3人です)
24


ご飯・・・美味しかったですね〜〜^^

 田舎の町・・・初めての所為もあるけど なんかいい感じです^^


  *今朝・・・有名な朝市です その様子は後ほど載せます
  
 
気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback