『メーホンソン⇨チェンマイ』間の道路の様子;トヨタのミニバン助手席からの写真;上り下りのグネグネ道が9割;道路は舗装されてる

Category: タイthailand(2015~2016年)  03/04 /2016 (Fri)

2016年3月4日(金)  <チェンマイ> 
            
 昨日 メーホンソンからチェンマイに戻りました

  たったの3泊でしたが 穴場コースも案内してもらいそれなりに充実

チェンマイからも バスに乗っちゃえば6時間弱で着くので 

 また行けばいいかなぁ〜とは思ってます〜^^

メーホンソンからのミニバスは 助手席を選んだので そこからの写真です
 (席は予約制なので事前に席は確保できます;当日でも買えますけどね)

では・・・ストーリー立てて・・(いつもですが)の記事で〜〜^^

 昨々晩(2日夜)は まったり&ゆったりの一人飯 優雅な感じでね〜〜笑
1


そして 翌朝の7時過ぎです  ジョンカム池(チョンカム)からの風景

 曇っているのか 山焼きのせいなのか よく分からないが 雲が多い
2


9時過ぎ Friend House を出る

 ここの2階の部屋は ゆっくり出来た ジョンカム池に近いのもいい
3


宿からゆっくりと歩いても 20分もかからない所にバスターミナルがある
4


こんな立派な建物で 新しい
5


でも・・・なかに入ると・・・閑散

 え・・・誰もいないの・・? と不安になるくらい

  でも のんびりしてて 忙しいバスターミナルより好きだ〜^^
6


『PREMPRACHA』と言う会社のバス

 全部 トヨタのミニバンだ   やはり『世界のトヨタ』か・・
7


僕は 1番前の席 すなわち助手席を予約してあったので そこに座る

 本当は 少し後ろの方が安全のためにもいいような気がしたが・・・

  いい席がなかったのだ・・・
8


メーホンソンからパイまでの道のりは

 カーブカーブの連続 そして上り下りの連続でもある

  だが 昔と違って 今は綺麗に舗装されているので時間は短縮
9


遠くの山々が見え 北タイを感じる〜〜^^
10


ピンク色の花々が木々に咲いていた

 走っている最中なので はっきりとは分からないが 桜?・・・
11


前方をバイクが走っている

 両サイドに籠を付け 背中にも籠

  これから 何かの物資を仕入れに行くところなのだろうか・・
12


途中の休憩場所では タイの田舎の風景が見られて 

 この『まったり感』が とてもいい
13


この若い女性は・・民族衣装なのかな? 綺麗な服でした〜^^
14


途中で検問  英語表記もあるチェックポイントだ

 ここでは 陸軍がチェック  

荷物も検査するが 違法入国者のチェックが重要なようだ

 外国の旅行者には ほとんどチェックはないが 

  稀にあるので パスポート持参は常に必要です
15


約3時間ほどで 途中の中継点のパイの町に着いた
 
 10年前(2006年3月)に来たことがあるが 今では『超人気』で人がすごい

  ちらっと見たが ここも中国人観光客でごった返していて 僕は通過

ここでは もう・・のんびり出来ないので滞在はしたくない・・・
16


パイから 再び走る  あと3時間ほどでチェンマイだ

 道路にあるサインを撮った

  チェンマイまで 128キロとある(メーホンソン=チェンマイ間は約240キロ)
17


パイから再び 山道 そして急斜面も多い

 道路は上下とうねり 道もジグザグ そして高度も上げる
18


僕のカシオ・プロトレックの時計によると『1375m』を指していた
   (この数字は正確ではないけど大まかには合ってる) 
19


そして 高度を上げれば 木々の様子も変わる

 この辺りでは 針葉樹もある
20


昔ながらのバスも走っていた

 窓もドアも開けっ放しで走っている
21
(*昔のバスはこの様なもの;いやもっとボロだったと思う・・^^;)

約6時間弱かかって チェンマイの街中に入る
 (以前はパイまで4時間 メーホンソンまで8時間掛かった)

 急に車とバイクの数が増える

「ああ 都会に来たんだ」と思わざるを得ない
22

*道路は舗装されているが 道がグネグネなので 頭が揺れ眠るのが難しいくらいです


メモ;
各地の標高のこと; <メーホンソン=チェンマイ間距離 約240km>

 メーホンソン 標高約240m
 パイ     標高約550m
 チェンマイ  標高約310m

 (*メーホンソンの奥のミャンマー国境  標高約150m)
     
 (途中の峠では 1400m近くまで登った;
     測定は自分の山用の時計なので正確ではないです〜)  
 

気が向いたら『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback