『セーリング(ヨット)記事&写真』その②;『出港準備』『ジョージア海峡を渡りバンクーバー島の島々に』『べた凪の中での魚釣り・カニ仕掛』『夕暮れのヨット船上&至福のひととき』 

Category: セーリング(ヨット)sailing  06/12 /2016 (Sun)

2016年6月12日(日)

 <セーリング記事&写真5月29日〜6月4日>

 先週 セーリングから帰ってきた日にバンクーバーより

『セーリング記事&写真』その① を載せましたが

 今日は『セーリング記事&写真』その② です

 その続きがまだ全然載せてないので これから徐々に載せます  
  
5月29日(日)午後・・・我々のヨットに荷物などを積み込み乗り込む
1


このヨットはレンタルで この会社『Cooper』より借りる
2


そのヨットの中に 約1週間分の食料・飲物・自分たちの服など積み込む
3


4


準備を終わって 一息ついたところで 夕方

 今回のメンバー4人で『出発前の乾杯』
5


この日29日・・・荷物積み込みと準備のみで出発はしない

 よって港の『グランビルアイランド』の『ヨットの中』で寝ることになる

  その夜 バンクーバー内に住む友人を呼び 5人で前夜祭
6


翌日30日・・・いよいよ出発

 どこに行くかというと この地図の『ジョージア海峡』を渡る
                 Strait of Georgia 
7


このヨットのキャプテンY・S氏からの『ブリーフィング』(今後の説明)

 どこをどのようにセーリングするのか 皆 およそ頭に入れる
8


最近のヨットの中には もちろんこのような計器類がある

 安全に航行するには必要なことだ
9


いよいよ『グランビルアイランド』 午前11時半出発

 快晴の中・・・皆 気分良く出る
10


帆を張っている真上には 眩しい太陽が輝いている
11


セーリング途中に発見  白頭鷲が海の上の岩に休んでいる

 なんとも素晴らしい景色
12


空は真っ青・・・海も蒼い・・・風はさほど吹かず『凪』

 とっても穏やかだ
13


海の中・底は 我々には見えない

 だがその深度が重要 ヨットにはそれなりの深さが必要だ

  GARMINに寄る 緯度・軽度・進路・深度・速度などが分かる

座礁などを防ぐには必携  常にこの計器を見る
14


べた凪になってきたところで・・・

 今晩の『晩飯・ツマミ』を確保することに〜

キャプテンY・Sが 魚を釣り上げる(彼は釣り師でもある)
  *釣りのライセンスは もちろん取得済み(彼と僕の2人分)
15


今晩のツマミはなんとか確保できた〜^^
16


しばらく そのままセーリング(紅一点のRが操作)
17


ずっと『べた凪』のままだ   美しい眺め
18


夕暮れ時 釣った魚の頭を餌に『カニ籠を仕掛ける』
19


小さなカニ(蟹)が1匹
(生きている時には1杯ではなく1匹と数えるらしいです)

 でも ちょっと小ぶりなので 海にリリース
20


夕闇も迫ってきた9時頃・・・

 夕日が沈む  美しい眺め  なんの音もしない
21


先ほど釣った魚は キャプテンがさばき スープ用などに
22


刺身はこれ
23


夜遅くまで ヨットの上での宴(うたげ)は続くのでした
24


  『至福のひととき』です〜〜^^  


*『セーリング(ヨット)記事&写真』その③に続く
  
   是非 またご覧くださいね〜〜^^

お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^*)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback