『リオ・ドゥルセ』の宿『Hotelito Perdido』でのダラダラ(でも充実した)毎日;『朝ヨガ』『泳ぎ』『読書』『客全員で晩飯;言葉が英語とスペイン語が入り乱れる』『カヤック』『マングローブ』『ネットから離れた生活は意外に気楽』 

Category: グァテマラguatemala(2017)  02/20 /2017 (Mon)

今日は2017年2月20日(月)現在チキムラ(グアテマラ)Chiquimula,Guatemala

 今はチキムラにいます  天気は晴れ 気温<+35℃〜+15℃>
 ここは砂漠っぽい乾燥した地域で 朝晩の気温差が激しいです

このチキムラ町の写真は後ほど載せるとして 
ここ3日間の抜けているリオ・ドゥルセ(Rio Dulce)の写真を載せます 

今月2月16日夕方〜19日朝までの写真です(昨日の続きです)

「そのジャングル? リトリート? の中で一体何をするの?」
という質問などありそうなので それについて書きます

ここには こんなデッキがあるので(ボートはここに着く)
1


ここで泳ぐなり まったりするなり 本を読むなり です
水は暖かいので 冷たい!!ということはないです
(ワニもピラニアも何もいません・・・)
2


まるで池のような雰囲気の水辺には
時々 この真っ白なサギが来たり・・・
3


マングローブの林があったり・・・
4


その湖畔には 小動物がいます
カニ とか カタツムリ とか・・・とにかく湿気は多いです
5


花も咲いていて 午前中には この真っ白な蓮の花が咲いてます
6


この白い花(名前知らず)・・・確か・・ボルネオでも見たと思うから・・
南国には多い花なんでしょうか・・
7


ボートのデッキの横には ハンモックもあるので 
ここでそよ風に吹かれながらの 昼寝もいいでしょう〜
8


もう少し動きたい人向きには
レンタルの『カヤック』があるので この周りの散策もいいと思います

僕も借りようかな?と思ったけど 
このカヤック めっちゃ重くて一人ではここから外せない・・・
で・・・やめましたぁ〜
9


その代わり 『ヨガ小屋』があったので
10


その中に入り・・・静かな景色を眺め・・・
11


『朝ヨガ』をやってましたぁ〜〜^^
12


あとは・・・リビングルームで ここのワンコの『ラスタ』Rasta と
遊んでいたり・・・
本を読んだり・・・旅情報を調べたり(ネットがないので本からね)
13


夜になると・・・
ここの宿泊者全員(もちろん自由参加だけど)一緒に晩飯です
メニューは一つしかないので選択はありません

ある晩は
「オランダ人・カナダ人・イギリス人・チリ人・イタリア人・アメリカ人・メキシコ人」
など・・・ミックスの食事です
当然 言葉も入り乱れ・・・でも英語が70%スペイン語が30%かな・・
(ここでスペイン語と英語の練習になりましたぁ〜)
(僕は結構ノリノリで喋っちゃったかも〜〜(^◇^;)・・・)

たった一人参加の僕は(他は皆カップルだった・・・)
ボランティア・スタッフともよく話をしてました
14


ある晩の食事は このコロッケとサラダなど
ホームメイドパンで 美味しかったです
(食事は一律70ケツァールで約US$10ドルです)
15


朝飯は多少の選択があり これは
パンケーキ・たまご・フルーツサラダです
(35ケツァールで約US$5ドル;コーヒーは10ケツァール)
16


ここでは 自分で飯屋を探さなくてもいいし たまにはいいですね  
一人だと毎回毎回「何食うか・・」と迷っちゃうし

かつ ここはエコなシステムで 
ソーラーパワーの小さな手作りランプとかあってオシャレです
17


夜・・・星空が本当に綺麗で よく眺めてました
月も出てくると こんな感じでロマンチックな夜となります
18


この宿の最後の夜・・・
たまたま ここのボランティアスタッフ最後の日だったので
宿のオーナーのポーランド人も一緒に写真を撮ることに〜〜

服装は偶然・・・黒だったので〜『Team Black』
(女性に囲まれて嬉しそうな僕ですが
 みなさんの顔出し許可を取ってなかったので目に隠しを入れました)
19


さて・・・19日の朝7時にボートが来るというので待機
今回の僕の荷物全部です 
結構軽くて楽です〜〜^^
20


ボート(ランチャ)に乗って走っていると・・・
たくさんのペリカンたちが 見送ってくれましたぁ〜〜^^(^_−)−☆
21


 
お気に入りでしたら下記のにほんブログ村の『クリック』を~ (*^o^*)よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)



Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback