FC2ブログ

『オーロラ紀行その④』(9月10日の記事)『Lady Everyn Falls Campgroundキャンプ場からいよいよイエローナイフに走る』『途中バイソンの群れに遭遇』『でっかいバイソン』『平地の閑散とした風景』『イエローナイフのAirbnb(3泊)着』NWT&AB,Canada 

Category: カナダnorthwest territories18年  09/23 /2018 (Sun)

今日は2018年9月23日(日) NWT&AB,Canada(今日の記事内容)
     天気;小雨(バンフの天気です) 気温<最高+9℃ 最低+1℃>

今日のバンフの天気は『本曇り』・・でも少し晴れて来た
朝の気温も1℃と低く(例年はもっと低いかな?)肌寒いです

今日のブログは『オーロラ紀行その④』を載せます
(過去の9月10日の事です;今日の時事ネタではありません)
記事はLady Everyn Campground から Yellowknife までの道のり記事

走行距離は366km 約4時間半〜5時間半(休憩時間次第)
下記写真は 前回の最後の写真と同じです こんな行程で走ります
22


この日・・・比較的いい天気で 青空が綺麗
でも相変わらず・・・この道路 ほとんど他の車とすれ違わない
1


走ってからまもなく・・・
『マッケンジー川(Mackenzie River)』に来る
広い静かな川・・・北国の川・・・という感じがある
『Deh Cho Bridge』という名のユニークな橋を渡る
2


キャンプ場から約1時間ほどで『Fort Providence』という町の入口に来る
ここでガソリンを入れる(町はここから5kmくらいあるので行かず)

北の町では「いつもガソリンを入れる」のが癖になる 
町から町の距離が長く かつガソリンもあるのかどうか分からないからです
値段が高いからなどと迷ったら死活問題になるのが目に見えてるからです
3


ガソリンを入れ 再び走る・・・
道路脇にサインがあった
4


よくよく見ると・・・これ・・・
『バイソン注意』のサイン  今住んでるバンフ近辺では見かけない
5


・・・と しばし走っていたら・・・
「おおお〜〜バイソンの群れが道路脇にいるぅ〜〜」
即 路肩に車を止め・・・写真を撮る
6


その中の1頭・・・
「ええ〜? ガ・・ガン(眼)付けてるぅ〜〜?」😰「ヤバイ」
こちらを睨んでいるように・・・見える・・・😣
7


「一匹オオカミ」・・じゃなく・・・
『一頭バイソン』が動き出した・・・それも『巨大!!』な奴😵
「ヤバイ」・・・(・_・;
8


道路を渡ろうとしている・・・
こんなのにぶつかったら マジで車は大破・・・
人間もバイソンも死ぬ
9


ゆっくりした歩調で歩いている・・・
僕の車のすぐ真後ろを ゆっくりと・・・
「車に体当たりはないだろうなぁ〜」と願うのみ・・・(-。-;)
10


時々見かける こんな説明看板によると・・
この種類は『マッケンジーバイソンMackenzie Bison』と言い
北米では1番大きなLand Animal とある

視力はよくないらしいので 人間が気を付けなくてはならない とある
11


写真をしっかり撮った後・・・再び単調な道を走る・・走る・・・
寂しげな風景が 延々と広がるばかり〜
12


・・・と・・・やっと 午後3時半ごろ・・・着いたぁ〜
『YELLOWKNIFE』イエローナイフ に
13


この家がこれから3泊する予定の民泊「Airbnb」(エアービアンビー)
(結果4泊することになったけど4泊目は友人の借り場所の絨毯の上)
14


なかなかに綺麗な部屋でした〜〜
15


我が車・・マツダ・ピックアップ92年車は 外の駐車場で休んでます・・
なにせ2000キロ弱(1950km)走って来ましたからぁ〜
16


さて〜〜今夜から『オーロラ鑑賞』が始まります〜

*今後のブログは「オーロラ」&「イエローナイフ町様子」などですね
 『オーロラ紀行その⑤』に続く〜〜😅



にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村(⇦ここをクリック、お願いします *^-^* ありがとう〜)


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback