『インディヘナの少女』と3年後の『感動再会』

Category: グァテマラguatemala(2004年,2007年)  10/02 /2007 (Tue)

この話は 自分の中で 久々に とても 感動したことで

        中米の旅日記でも 書いたことです


その記事と 重複するけど でも 

 今度は写真付きなんで もっとよく分かってもらえると思います



 3年前 グアテマラの チチカステナンゴ という村で 市場があった・・・

     その時に 何気なく 撮った 数枚の インディヘナの少女 の写真 ・・・


 名前も  年齢も  知らない・・・ 

        思い出写真の ひとつ
 だった
・・・


     かわいい 少女 だった ・・・

その かわいさに 

 自分の コンピューターの待ち受け画面にするほどのお気に入り写真だった


今回  ジャルのマイレージで  メキシコまで 飛べることになった・・・


 なんとなく 「 じゃ~ グアテマラを再び訪れ あのインディヘナの少女を探してみようかな・・・ 」

     ・・・  と  漠然と 思った ・・・


     そして・・・


グアテマラに入って 

 以前 写真を撮ったチチカステナンゴ という村に バスに3時間揺られ行った

   今日は 市場の日・・・

すごい 人人人・・・  簡単に探せるかな・・・とも思ったが

     この人々を見て 「 あ・・・ムリか・・・ 」 とも思った

       なにせ  3年前 その少女の 姿も変わっている


半分はあきらめ 半分は期待しながら 市場の中を歩き回った・・・

 目はいつもインディヘナの母子連れ ・・・ 

   それも 子供は 3年後の大きさを予想して・・・


 2時間ほど 探し回った・・・  ムリだ・・・ 人が多過ぎる・・・

  それに「今日という日」にいなければ ダメなんだ・・・

 昨日でも明日でもダメだ・・・ だいいち まだここに来てるのかも分からない


  気持ちは会いたいのに  徐々に「 ああ・・・ ダメか・・・ 」 と気が落ち込んできた


でも  もう一回だけ  

 あの 「3年前の出会った同じ場所」に 行ってみようと足を向けた・・・



  市場の細い道から その教会の前の 石段を見ると・・・

  教会の壁の日陰に インディヘナの女の子が・・・

直感で  「 あ!!! あの子だ!! 」 と叫んでいた !!!

 胸の高鳴りを抑え ゆっくりと近づき 

   3年前の写真を 出しながら 声を掛けた・・・


    もう  間違いはなかった 

 写真を手に 「 これ・・・ 君? 」 と訪ねると ジッと写真を見て うなずいた・・・


  写真を 撮ってもいい? と訪ね 再び カメラを向けた・・・ 

     その手が震えている・・・


その場で 折り紙の鶴を  折り始めた手が震え 汗が出てきてる・・・

  な  なんなんだ・・・  この『感動・感激』は・・・・・


その様子を 違う自分が 冷静に観ている・・・  

    オレは今すごく感動してるんだ・・・と・・・ 

 <感動している自分に感動しているという・・・妙な感じ・・・>
 

 
  とうとう  見つけた  探した  会えた !!!          

   もう・・・  俺の心は  幸せ感で いっぱいだった

この少女の前で 恥ずかしげもなく 「 今 とても ハッピー 」 とスペイン語で話した・・・

   その少女も 写真を片手に 嬉しそうだった・・・


もしかしたら 彼女の初めて写真なのかも知れない・・・


  しばらくして  その子のお母さんも来て 事情を話した ・・・

    お母さんも「あり得ない・・・」と言って びっくりしてた ・・・




 別れ間際に 名前を聞き 年齢も聞いた

    アナ (Ana) という名前で   8歳だった

そして・・・

 その少女は 重い荷物を 頭から担ぎ  

    お母さんと にこやかに去っていった

 

この村からの帰りのバスは ずっと ハッピーな気持ちがいっぱいで 

     3時間のバスの時間がとても短く感じた ・・・


また・・・  何年後か・・ その少女に会いに グアテマラに行きそうな気がしてきた・・・




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村






Comments (10) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

No title

お帰りなさい。(ボクも昨日バルカンから帰ったばかりですが・・・)
住所も名前も分からない状況でよく再会出来ましたね~~!すごい。
また行かないといけませんね!(笑)

Posted at 20:48:00 2007/10/01 by travelster

Comment

No title

>travelsterさん、
ただいま~~~です
バルカンからっていうと、バルカン半島?ですよね~
どうでしたか~?

今回の再会・・・ほんと、よかったです~ 嬉しかったですね~

Posted at 20:56:00 2007/10/01 by tabibito-yuki

Comment

No title

おかえりなさい!
いやぁ、何度きいてもいい話ですねぇ・・・。「その様子を 違う自分が 冷静に観ている」というところが、人生味わってるなぁ・・・って思います。うらやましいです。お母さんが抱っこしているのは赤ちゃん? 妹か、弟ができたのでしょうか? また会えるといいですね。

それにしてもゆきさん、ほんとに良い写真撮りますよね。いただいたうたちゃんの写真も素敵ですよ。

Posted at 22:47:00 2007/10/01 by そとも

Comment

No title

>そともさん、
ハ~イ、ただいま~~~
人生を味わっている・・・?ま、歳っつうことですか・・・ははは
お母さんが抱っこしているのは、そうですね~赤ちゃんです・・・どっちか分かりません・・・
こういうことがあると、ホントにまた会いに行きたくなります・・・キリがないかも・・・

写真、お褒めの言葉ありがとう~~~ま、好きなように撮っているだけなんですけどね~

Posted at 23:07:00 2007/10/01 by tabibito-yuki

Comment

No title

ゆきさん、お帰りなさい ご無沙汰しています(^^)
以前 ゆきさんのブログでこの少女の写真を見た時
民族衣装がとても似合っていて 印象的だったのを覚えています!
それにしても 写真一枚で捜し出せたというのは本当凄い!の一言です!
諦めさえしなければ 願いは叶うのですね 
また ゆきさんのブログから元気を戴きました!
素敵な旅話をありがとうござます。

Posted at 05:01:00 2007/10/03 by Emi

Comment

No title

>Emiさん、
そうです~~~諦めさえしなければ・・・叶うのでしょう~~~
この日は、ホントにハッピーでした~
今年は、南米の旅といい感動の旅が多かったですね~
今の自分が目指していることなんで嬉しいです

Posted at 08:02:00 2007/10/03 by tabibito-yuki

Comment

No title

ゆきさん、凄いですね!
諦めないで探した甲斐がありましたね。
でもアナちゃんは顔が変わっていないですよね。
私もあの時の衣装の鮮やかさが印象的で彼女に似合っていて可愛らしいなぁ~と思っていましたよ。

Posted at 20:26:00 2007/10/03 by いくりん

Comment

No title

>いくりんさん、
ほんとに~~諦めないでよかった~~~
アナちゃん、昔の面影を残していたからよかったよね~~

Posted at 22:09:00 2007/10/03 by tabibito-yuki

Comment

No title

すごーい逢えたんだ~読んでいて絶対逢えることはないと確信してました。。ごめんなさい。
この小さいときの写真、かわいいですね~鮮やかな色・・・・
よく探しましたね~旅人はこうなんですね。

Posted at 14:33:00 2009/05/09 by ぺこぽこ

Comment

No title

>ぺこぽこさん、
ははは〜
この時、同じ安宿に泊まっていた旅仲間たちも、「たった1枚の写真から〜?・・それは難しいでしょう〜・・」と言っていました。

僕も「やっぱ、ムリだろうな・・・」と・・
でも、「絶対に探し出してやる!!」とも思ってましたけどね^ー^

Posted at 18:03:00 2009/05/09 by tabibito-yuki

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback